Hatena::Groupamimono

ラプンツェルは天竺をめざす このページをアンテナに追加 RSSフィード

09/05/12(火)箱の底に

[] 『ナチュラルスタイルの服と小物』 はてなブックマーク -  『ナチュラルスタイルの服と小物』 - ラプンツェルは天竺をめざす

前略

皆さんがこの文章を読んでいるということは、私のスカートは未だ完成していないということです。なんとなく予想はできておりましたが。私は弱い人間です。これまでも、半分だけと心に決めていても全部食べてしまったり(@ポテトチップス)、今度こそフローラを嫁さんにと思いつつも土壇場でビアンカを選んでしまったり(@ドラクエ5)ということを幾度となく繰り返しているのですから。

本日も途中までは順調でした。しかし、ふと軽自動車の年貢を納めていないことを思い出し、外出したのが運のつきでした。放たれた矢はなかなか止まらぬもの。素人女子が射っても30mぐらいは飛ぶものです。まして、かじったことのある私ならば、15kmほど先のジャスコぐらいまで飛んでしまっても不思議ではありません。

そうそう、先ほど「運のつき」と言いましたが、スカートにとっては確かにそうであるものの、別な面で非常な幸運がありました。

一時山積みになっていたにもかかわらず、雄鶏社倒産ニュースの後、店頭から潮が引くようになくなってしまったこの本。もはや入手は絶望的と思っていましたが、奇跡的な巡り合いを果たしたのです。場所はおなじみのパンドラハウス。最後に希望が残っているあたり、『パンドラ』の名は伊達じゃねえ、というところでしょうか。流通経路が違うのでしょうか、小さな手芸店などで絶版になった本を見つけることが時々ありますから、探すならばそちらの方が良いのかもしれませんね。

f:id:yasuw0:20090512205126j:image

さて、そろそろスカート編みを再開しようと思います。地元産の『ガッツアップルジュース』で闘魂注入。それにしてもこのジュース、美味なのですが、パッケージが・・・ぬるい。ぬるすぎます。ガッツを売りにするならば、宮下あきら先生にお願いして『魁!!男塾』のイラストを使わせてもらったらいいのにと思うのです。どうもわが地元はツメが甘くていけません。近隣の町では萌え米萌え酒で一儲けしたというのに。

最後にまた話が逸れてしまいました。この癖もなかなか治りそうにありません。次回はきちんとした報告ができるよう、精進いたします。それでは。

あなかしこ

ginnnanginnnan2009/05/13 09:44民明書房が本気で存在すると信じていた(しかも結構な大人になるまで)ぎんなんです。雄鶏社さんの本、倒産のニュースが流れた1週間後くらいだったと思いますが、市内のトーカイにもありました。本屋ではもう見られないかもしれないけど、おばさまがた御用達の手芸屋さんならゲットできるかもしれませんね。

nebuta_amiaminebuta_amiami2009/05/13 10:55うちの近所の書店。大型書店のチェーンなのに、まだ雄鶏社の本が数冊ならんでます。買取してるのかしらねん。
ちなみにおいらも弓経験者ですわ。

chimu2chimu22009/05/13 16:57うっ、うまい!!!座布団進呈♪
大手の書店とは流通の方法が違うんでしょうね。
昔田舎の小さな書店で岩波少年文庫のラインアップがしょぼいのでむかっ腹立てていたのですが、当時(今も?)岩波少年文庫は各書店で買取販売だったとか。それで売れ残るのを恐れた弱小書店はなかなか品揃えを豊富に出来なかったとか何とか。都市伝説(というには余りにマイナー)ですかね。

gleannorachgleannorach2009/05/13 18:26今はどうかわかりませんが、昔は岩波の本はみんな書店買取だったようです。良い本を作っていると言う自負かそれともあまりのマニアックさに返品のの山をおそれたか~

natsu-no-kujiranatsu-no-kujira2009/05/13 18:43くじらです。おおお・・またもや「パンドラ」ですかぁ~奥深しパンドラ!・・・雄鶏本、だんだん本屋の店頭から消えてますね。ある時、雄鶏本をかき集めている店員さんに遭遇しあせって「いよいよ撤収ですか」って伺ったら「(笑)他店からの注文ですよ~」とのこと、買う人は買っておられる様子でした。なんとも寂しい感じです。って自分は海外パターン好き(汗)なのですが、そこにあったモノが無いのって寂しい・・・

yasuw0yasuw02009/05/13 23:18ぎんなんさん:あまりのぬるさに「担当者!男塾名物"因幡の白ウサギ"させるぞ、ゴルぁ!!」と叫んだヤスヲです、はい。他にも、地元の小さな手芸店には何年も前の『毛糸だま』とか『ヨーロッパの手あみ』があるんですよ。だから、探すならば手芸店が狙い目かと。それでも在庫限りってことに変わりはないんでしょうが・・・うう。


ねぶたさん:私の見るところ、今年の春夏本が回収の対象になっているんじゃないでしょうかね?いつもならひと夏悩むような本も見つけ次第購入してますよ。私に2兆円あれば出版業界を黒字にできるのに! お、ねぶたさんも弓道家でしたか。やっぱりあの格好に憧れたクチですか?はい、私はあの格好をしたかったがためだけにやったクチです。


ちむちむさん:手芸店の場合、扱っている本の数が少ないですから、やっぱり普通の本屋とは仕入れ方が違うんじゃないでしょうかね。あ、おそらく今も岩波は買い取りだと思いますよ。知り合いが数年前、閉店する本屋さんで岩波の本を安く買ったって言ってました。返品できないから少しでも売りさばくために割り引いてくれたらしいです。


gleannorachさん:岩波、まだ買い取りなんだと思います。目録では何年も前に絶版になっているのに、本屋に行くと並んでるってことが結構ありますから。でも、そのせいでか、小さな本屋さんではマニアックな本が見つからないんですよね~。夏目漱石なんかどこの文庫でも出てるからわざわざ岩波じゃなくてもいいじゃん!っていつもキレてます(笑)


くじらさん:パンドラの箱の底はかなり深いようですぜ。私も手芸本売り場で店員さんが本を集めているのを見るたびに「いよいよ全軍撤退!?」と焦っています(笑) この先雄鶏社の本が出ないなんて・・・出版社で選んでいたわけじゃありませんが、1社減る分だけ確実に楽しみも減るんですよね。