Hatena::Groupamimono

ラプンツェルは天竺をめざす このページをアンテナに追加 RSSフィード

08/09/02(火)たったひとつのさえたやりかた

[] 秋冬本第1陣 はてなブックマーク -  秋冬本第1陣 - ラプンツェルは天竺をめざす

ヴェネチア国際映画祭に正式出品された某アニメ映画ポニョではない)を観るために友人と県都まで出かけた。バスで往復3時間、料金は1800円也。映画1本観るために映画1本分の移動時間交通費がかかるってわけだ。辺境にもほどがある!レイトショーなんて観た日にゃ日付が変わっちゃうぜ。

そしてこの映画の上映開始時間は1番早くて15時20分。おいおい、ヴェネチア出品作品だぜ?その扱いはどうよ?いつもの私なら烈火の如く怒ってるぜ?そう、いつもならば。

13時前、私と友人は腹ごしらえを終えて駅前の某ビルに踏み込んだ。

「さあ行くか!」

私はゴーグル(眼鏡)を装着し、上昇する。

「まもなく戦場に突入する。遅くとも14:30までに戦闘を終了し、この場に集結しよう。良いか?」

「了解」

「では、散開!」

そこは○ュンク堂秋田店。1.5階分の面積という、○ュンク堂にしては小規模であろう店舗なのだが、県下では最大規模の書店。私が行かずにいられようか?いや、行かずにはおれぬ!

そういう目的があったので、伸びた素麺の如く切れやすい私の堪忍袋の緒がこの度は切れなかったのだ。私、結構単純な生き物です。

購入した編み物の本はこちら。

f:id:yasuw0:20080902173652j:image

「冬の手編み時間おでかけニット」

「心地よいウェアと小もの」

「アランもようのウエアと小もの」

とりあえず3冊。「ニットといつも」「モチーフつなぎ(3)」「北欧の編み込みセーター」「おうちニット」は今回我慢した。何故ならば編み物以外にも欲しい本があったので、予算が厳しいのはもちろんのこと、重量も厳しかったからだ。袋に詰めてもらった後は立派な『鈍器』。ふらふらしながら待ち合わせ場所に戻ると、友人も鈍器を抱えていた。荒くれ者か、我々は。

「いやあ危険な場所だね。近所にあったら毎日引きこもっちゃうね」と私。

「それって『引きこもり』って言うんですかね?ま、気持はわかりますよ。閉店時間になっても居続けちゃいたいぐらいです」と友人。

「うん、それは『立てこもり』だね」

ハイテンション。そのまま映画館突入映画も私には当たりだったので、ますますハイテンションバス時間ギリギリだったので年甲斐もなく激走。結果、軽く腕を痛めました。やっぱり慣れない鈍器は持つものじゃない。

いくらネットで注文できるといっても、できることなら実物を見てから購入したい。本はそれでもまだこのド田舎本屋でも見つかるけれど、毛糸に関しては実物を見ることができるものなんて本当に限られている。これを解決する策はただひとつ。県南部にも1店舗お願いします、○ュンク堂さん!その隣りに1店舗お願いします、○ザワヤさん!需要は結構あると思うんですがね。


[] こんにちは赤ちゃん はてなブックマーク -  こんにちは、赤ちゃん - ラプンツェルは天竺をめざす


お姉ちゃん子供を産む気ないかい?私はできれば甥っ子が欲しいんだけど」

出し抜けに何を言うのか。

私は咳払いをして妹に向き直った。

「お前も大人だから知っていると思うが・・・いいかい、子供というのはコウノトリが運んできたり、大きな桃に入って川を流れてきたり、垢をこねて作った人形に命が吹き込まれたりしてできるもんじゃないんだよ」

おしべとめしべが――、と言いかけた私を妹は心外だとばかりに遮った。「知ってるよ、そんなこと」

「知っているならわかるだろう。お姉ちゃんひとりの力ではどうにもならんのだ」

「それがですよ、お姉さん。いい方法があるんですよ」

妹は自信たっぷりに自らを指した。

「私、(家畜の)人工授精師の資格*1を持ってるじゃん!」

お前は姉にミノタウロスケンタウロスを産めと言うのかね?

*1:妹は豚さんの農場で働いています。当然ですが、人に人工授精はできません。

ginnnanginnnan2008/09/02 21:34ぎんなんです。妹さんは菱沼さんですか?(笑)(あ、菱沼さんは豚に怖がられてただけか……)ところで、どうして妹さんは、いきなり「子供を産む気は~」と聞いてきたんでしょうね? そんでもってヴェネツィア国際映画祭出展作品て、押井守監督の映画ですか?←ハテナばっかり
買われた本の中で「心地よいウェアと小もの」が気になります。今日買われた本の作品を編み上げられるのを楽しみにしていますね。
本屋と毛糸屋のくだりは泣きながら握手したくなりました……

mimistraussmimistrauss2008/09/04 22:23こんばんは、みおです。スカイ・クロラ観たんですね!監督のはDVDかロードショーで観てますが、これはまだたどり着けてません。ヤスヲさん的にアタリでしたか。
タイトルにはおお!と思いました。なつかしいです、ジェームズ・ティプトリー・JR。ひところ集中的に読んだ好きな作家だったので。
 妹さん、お茶目(^^)。姉妹の会話がまたお茶目ですねー。
 「アラン模様のウェアとこもの」は眺めるだけで、とりあえず毛糸だまの最新号買いました。これもなかなか素敵ですよねー。すごく迷ったのですが・・・やっぱり買おうかなと思ってしまいます。今度越したところは都心なのに本屋さんが徒歩だと20分近くかかるという場所でして、結局密林か会社近くの本屋さんに行ってます。毛糸屋さんも電車利用なら30分圏内に点在してるんですが。和菓子屋さんとお寺さん(プラス墓地)とラーメン屋さんはなぜかたくさんあるのですけれどね・・・。

yasuw0yasuw02008/09/04 23:58ぎんなんさん:妹はどちらかといえば漆原教授です。豚の写真を見るたびに豚相をチェックしますから(笑)。ただし、アフリカには興味がないようです。まったく何を考えてそんなこと言い出したんでしょうかね。「自分で産め!」って言ったら「それじゃ甥っ子にならないじゃん!」と言われました。ごもっとも。
そして観たのは勿論『スカイ・クロラ』です。原作を読んでいたので観にいかねば!と思って。CGが本当にすごい!ジブリアニメの対極にある素晴らしさです(笑)
「心地よいウェアと小もの」はその名の通りウェアと小物が絶妙な割合で載っています。秋冬本1冊しか買わない、っていう人にはこれを勧めますね。本も最近ではあちこちで中身チェックできるようになりましたけど、やっぱり実物を見てから買いたいんですよね。肌に触れる毛糸なんて尚更です。田舎の病院の脇にでっかい本屋とでっかい手芸屋さんができれば絶対もうかるのに!とひとりで都市計画する日々です。ああ、私が大統領だったなら!!(笑)

みおさん:観ましたよ~!アニメなのに臨場感たっぷりですごかったです。私には当たりだったんですけど、ただそれは私が原作を全部読んでいたからかもしれないんですよ。まったく読んでない人にはストーリーとか設定とかを理解するのが大変かも知れないと思いました。映画版の『蟲師』と同じで。そして私はこの歳になってようやくSFに目覚めました(笑)。もう少し早く読んでいたら、今頃は宇宙艦隊の司令長官をしていただろうになあ。
お茶目ですか(笑)。ええ、我々はかなり愉快な姉妹だという自覚はあります(笑)
「アラン模様のウェアとこもの」は今流行り!って感じじゃなかったので、今年に限らず使えそうでしたよ。買っておいて損はないと思います!うちの地元の本屋さんは品ぞろえがどこもほぼ同じなんですよ。だから1軒目になかったらほぼ絶望的(笑)。でも、都心でもアマゾン経由なんですね。ふふふ、うちの地元も周りが山ですから見かけだけは密林なんですけどね・・・。

amikititomiiamikititomii2008/09/05 19:14テンテンです。『スカイ・クロラ』良かったですか!最近見た映画は、子供に付き合ってみたライダー&戦隊もの(涙)
続々と本が出てきましたね~「アラン~」は買いましたよ。モデルさん細くって、顔も小さくって、自分と比べるとあまりにも違いすぎて…一般人にこのデザインのニットが似合うのか?と思ったりしましたが、何点か編みたい物はありました。「心地よいウェアと小もの」は購入予定です。

yasuw0yasuw02008/09/05 22:44テンテンさん:良かったですよ~!私は先に原作を読んでしまっている場合、自分の中でイメージが出来上がってしまっているので映画を観た時に「失敗だ~!」となることが多いのですが、これはイメージ以上の出来でした。でも世間ではあまり騒がれてないみたいですね・・・。興行成績は『○ARUTO』より下みたいだし(泣)
そうそう、「アランもようのウエアと小もの」のモデルさんはすっごく細い人ですよね。これ、私が着たら野暮ったいだけじゃないか?なんて思いつつ、私も1点編むものを決めました。「心地よいウェアと小もの」もシンプルでありながらかわいいものが多くて良いですよ!