Hatena::Groupamimono

ラプンツェルは天竺をめざす このページをアンテナに追加 RSSフィード

08/04/14(月)放蕩娘の帰還

[][] あみねこ「シャーロック」 はてなブックマーク -  あみねこ「シャーロック」 - ラプンツェルは天竺をめざす

f:id:yasuw0:20090712203625j:image:w350

  • あみねこ「シャーロック」
    • パターン:ねこやまさんのあみねこ「まいど」(こちら
    • 使用針:かぎ針4/0号

「猫好きな友人への贈り物に」と思って編み始めたのだけれど、やめた。何故かって?それは――

1ヵ月後に恋人のロブと結婚することになっているダイアナは、ある日、ロブの会社の社長であるマリクからとんでもない頼みごとをされてしまった。なんと「1ヶ月だけ自分の恋人になって欲しい」というのだ。実はマリクはシークの王子で、次の園遊会に恋人を連れていかないと強制帰国、両親の勝手に決めた相手と結婚させられてしまうのだという。1ヶ月だけなら、としぶしぶ引き受けたダイアナだったが、付き合っているうちにマリクのやさしさやふとみせる孤独さに惹かれてしまう。一方、マリクもまた。だがふたりはあくまでいつわりの恋人、この園遊会が終わったらダイアナはロブと結婚してしまうのだ!・・・心晴れぬまま迎えた結婚式の朝、ダイアナはロブが「出世のために彼女を利用したのだ」と話しているのを偶然に聞いてしまい、ショックを受ける。思い出されるのはマリクの偽りのない情熱。ああ、なんてことだろう!私が愛しているのはロブじゃない!私が愛しているのは・・・!その時、ヘリの轟音が聞こえ、現れたのはそのマリク。「ダイアナ、俺たちは過去を多くのいつわりで築き上げてしまった。でも未来は、君との未来はたったひとつの真実で築いていきたいんだ。愛している!」「ええ、私もよ。愛してるわ、マリク!」・・・こうしてふたりは呆然とするロブを教会に残し、未来へ向かって飛び立っていったのであった。

――って感じで、要は編んでいるうちに気に入っちゃったのだ。ただそれだけの理由なの。だからこんなに長く例え話をする必要もなかったのだ。

友人には2号を編んで贈ることにしよう。でも、それもまたやめちゃったりするかも。何故かって?それは――(以下自主規制)

では、お口直しにシャーロックによるポーズ画像でも。

f:id:yasuw0:20080415002025j:image

f:id:yasuw0:20080707143208j:image

rajyarajya2008/04/15 05:19一度腐ってしまった血は治らないと痛感しているらじゃです(笑)あみねこをあちこちで見かけてそそられてはいたのですが劇場にPCの前で爆笑しました。こういうの大好きです。F○シリーズも大好きです。ええ、4は名作です。

rakkossyrakkossy2008/04/15 15:50らっことりです。ここにも編み猫がぁーと思い読み進めるとまた面白い世界にどっぷりつかっちゃいました。忍者は没ですかぁ~残念。しかし例で出されているセリフやネタがわかってしまう自分が少し怖い。でも3・7(←終わらせてない)・10しか知らない私はもぐりでしょうか?(笑)

ginnnanginnnan2008/04/15 21:28はじめてコメントをつけさせていただきます、ぎんなんといいます。以前から読ませていただいていましたが、ついついコメントをつけたくなってしまって……(笑)これからも宜しくお願いします。
「続きを読む」のお話、実はとーっても昔、帝釈天とかガンダルヴァとか舎脂の生まれ変わりが云々とか、ティーンズハート文庫でそういう感じのラノベがあったりしています……
FFも、私も2~7までプレイした人間です。4も好きですが3信奉者です(DQも……)。
あと、下の記事の、アップルミントの本を沢山お持ちなのは羨ましい限りです……!! あのシリーズ、装丁と中が可愛らしくて、ついつい欲しくなってしまいますよね。

yasuw0yasuw02008/04/16 23:38らじゃさん:ええ、土台が腐ってしまうとどうにもならないんです(笑)。「汚れているのは土なんです!ってかこの土台なんです!」ええ、確かに4は名作です。長いけど。そしていまだに最後のダンジョンで止まっているけど(だって長すぎるし・・・) それはともかく、あみねこは良いですよ。このぐた~っとした感じがとても。

らっことりさん:忍者はダメでした。個性を出してはいけない職業の方を、個性を出さねばならない分野で表現するのはなかなか・・・。セリフ&ネタがわかってしまうのは立派にお仲間だからですよ、ふふふ。因みに私は3~7までしかやってません。しかもクリアしたの5と6だけだし。

ぎんなんさん:はじめまして&どうぞよろしく。すみません、私、読み逃げしてました^^;  そうか、やっぱり昔から人気がある系統なのだな。いけるぜ、私!あれ、すでに似た話があるからやっぱりボツ? あ~、私はFFもDQも5の信奉者です。アビリティのシステムとかモンスター仲間にできるところとか・・・いかん、これ以上書くと何の日記か分からなくなってしまう(笑) アップルミントの本は心をわしづかみされますよね。やらないのに刺繍の本も欲しくなっちゃいましたよ。