邪道フェアアイル

2008年08月31日 日曜日

特許とれる?

| 11:26

メビウスらない方法を考えてみました。

とにかく針先を何かに固定する。

とりあえず目の前にあったオムツのピニール袋にブスブスと挿して出す。

それからチマチマクルクル。

果たして成功したのかどうか?

また4段ほど編んだら判明するでしょう(笑)

いつかどこかのスワッチでお会いしましょう

| 09:28

二目ゴム編み止めはなんとか形になりそうです。

目立たない色だったのでちょっと変でもそのまま採用。

やりかけなので、まだ写真は撮れていません。

さて、フリーになった80センチ5号輪針で、さっそくメンズベストを始めました。

作り目で軽く気が遠くなりつつ(なんと440目)、4段ほど編んで衝撃の事実。

「メビウスってる!!」

何度も確認しながら編んでいたのですが、ここまで編まないと判らなかった。

なんせ長いから。

もっと早めに判明するいい方法は無いでしょうかね。

仕方なく解いたら、こんがらがらがら×10。

とても解くの無理なので、切りました。

切った糸はいつか再利用します。エコエコ。

2008年08月29日 金曜日

スワッチを骨の髄まで使い尽くす

| 20:35

本等では、フェアアイルは伏せ止めか巻き止めと書いてありますが、「ゴム編みはゴム編み止め」という勝手なこだわりから、今回も二目ゴム編み止めをします。

しかし、前回の「ベビーベスト1」が初めての二目ゴム編み止めだった私。

コツをつかむまで、すっごく苦労しました。

今回も思い出すまで苦労するでしょう。

練習しないとだめ?

そこで目についたのがまだ針についたままだったスワッチ。

これで練習すればいいんじゃ~ん。

「スワッチは作品を人にあげた後も手元に残る宝物」

らしいですが、私の場合はニードルの試し刺しとか、試し洗濯とか、ハサミで試し切りとか、それはもう色々酷使してます。

みなさん、奇麗に編んで保管していらっしゃるんだろうなぁ。

まあ、それはもうちょっと上達してからね。

| 16:43

f:id:umehorn:20080829164215j:image

本体と同じ配色にしたら、存在感ゼロでした。

2008年08月27日 水曜日

今後の算段

| 20:12

f:id:umehorn:20080827200834j:image

袖のゴム編みをして色のパランスを見てから裾を3号針にとったら、使っていた編み出し糸で子供ベスト(贈)1 を編む。

メンズLサイズベスト1 は編み出し糸が足りないので、少々毛が残っても目立たなそうな緑の糸で鎖を編む。

2008年08月26日 火曜日

ゴールが見えてきた

| 17:39

f:id:umehorn:20080826173816j:image

と思ったけど、現実はまだまだゴム編みもあるし、糸の始末もあるし、エキストラステッチの始末もあるし・・・。

2008年08月25日 月曜日

久しぶりにこちら

| 16:12

f:id:umehorn:20080825161047j:image

あと少し、と思うと寂しい気もします。

本体が編みあがったら次の二つにかかります。

60センチと80センチで同時進行。

無理かな~(苦笑)

2008年08月24日 日曜日

試行錯誤

| 19:14

f:id:umehorn:20080824191336j:image

なるべく地味に、しかしそれでは編んでいてつまらないので、少しは明るい色も入れて、などなど。

使うことがないと思っていたカーキが消費しそうで、嬉しい誤算です。

せきりんせきりん2008/08/24 20:47私この柄好きです。お誕生日までに頑張って編み上げてね〜 仕上がりを楽しみにしてます♪

umehornumehorn2008/08/25 16:07せきりん>
ありがとう。
たぶん一番上の配色になると思います。
涼しくなったからスピードアップできればいいな~。

2008年08月22日 金曜日

Lでは小さいのだ

| 11:17

思い出してしまった主人の誕生日用のスワッチだとか、糸巻き巻きだとかしていて、セーターはちっとも進んでいません。

主人のベストは「子供ベスト(贈)1」と同じ模様の配色パターン違いを選びました。

緑を基調にしようかなと。

本(佐藤ちひろさんの「フェアアイル・ニッティング」)ではメンズのLサイズですが、主人はLLか3Lサイズ。

編み図作成ソフトの方も一番大きいサイズがLサイズ。

測って入力すればジャストサイズの編み図を作れるのですが、測り方がよく分からない、ていうか面倒くさい(笑)

前に編んだベスト(縄編み多用)は手が緩かったせいかLサイズでもピッタリでした。

仕方ないので適当に調整。

着れなかったら自分で着るさ。

ちなみに前に編んだベストはこれ。

f:id:umehorn:20080127144400j:image

2008年08月20日 水曜日

今度はちゃんととれた

| 20:40

f:id:umehorn:20080820203951j:image

10月に主人の誕生日があります。

・・・編む?

2008年08月18日 月曜日

久しぶりの編み物は楽しい

| 20:11

f:id:umehorn:20080818201103j:image


まだ若干ゆるい気がするが、許容範囲内。

そして超ピンボケ。

2008年08月13日 水曜日

明日からお盆帰省

| 22:36

編み直しで休み目がボロボロです。

気を付けないと糸が切れるかも。

明日から4日間編み物が出来ません。

頭の中であれこれ考えようと思います。

2008年08月12日 火曜日

えらいこっちゃ!

| 17:55

f:id:umehorn:20080812175325j:image


編地のボコボコがあまりにも酷いので、ちょっと気をつけて裏糸がきつくならないように編んでみたら、ユルユルになってしまった。

模様の大きさの違いが一目瞭然。

編み直します~。

2008年08月11日 月曜日

やはり前回は間違っていた。

| 15:59

f:id:umehorn:20080811155833j:image


二回目とあって、今回は拾い目も減目も模様合わせもスムーズに行きました。

そして拾ったのは136目。

前回の150オーバーは一体なんだったんだろう・・・?

2008年08月10日 日曜日

片袖完成(ゴム編みはまだ)

| 19:15

f:id:umehorn:20080810191658j:image

片袖編み終わりました。

ゴム編みをまとめてやることにしたので、休めてあります。

丸まっていて見えないけど、最後の模様は黄色い部分です。

身頃がそうなっているので合わせました。

減目が間違っていたようで、一目余ってしまって無理やり減らしました。



f:id:umehorn:20080810191147j:image

もう片方は、以前書いた思い付きを実行中。

エキストラステッチを6目残して結んでいます。

本場は2目2目で三つ折にするところを、3目3目で三つ折にするつもり。

結んだ糸は1センチくらい残して切ろうかなと思っています。

ゴロゴロしちゃうかな?

やはり4目がいいかな?

2008年08月09日 土曜日

ゴム編みは最後にまとめてしようか

| 17:08

f:id:umehorn:20080809170733j:image


一気に編んだほうが、目が揃っていいかな?

2008年08月08日 金曜日

セーターに見えてきた

| 11:44

f:id:umehorn:20080808114436j:image

細くなってきたのでその分速く進みます。

2008年08月06日 水曜日

色が決まりました。

| 13:34

ベストの色が決まりました。

花柄は3日の写真のピンク。

その他は4日の写真の青系で。

ピンクが桜の花みたいで気に入っていたのでうれしいです。

結局何色になったのかな?9色?

それと追加で、お揃いのポシェットを作るかもしれないです。

色はまだ未定。

どこかにポシェットの作り方、参考になるようなの載ってないかな。

2008年08月05日 火曜日

カメの歩み

| 17:22

f:id:umehorn:20080805172304j:image

書いたつもりが消えてたり。

消えてたので書き足したら、両方残ってたり。

片方消したつもりが両方消えていたり。

そんな訳で3回目のアップ。

2008年08月03日 日曜日

インパクトに欠ける

| 08:43

f:id:umehorn:20080803084246j:image

イマイチパッとしません。

濃緑の所は地味だし。

見本はもっとお洒落で落ち着いた配色なんだけどなぁ。

素人にはこれが精一杯。

色数を減らせばもっと良くなる気もするけど、せっかくだから15色使いたい。

嫁ぎ先の意見を聞いてまた考えます。

2008年08月01日 金曜日

微妙

| 18:33

相変わらず進まない袖をなんとなく見ていたら、輪針と輪針の間の目が異常にデコボコしていたり、1目ほどけたのをそのまま気づかず編んでしまったのか、一段足りなかったりしているのを発見。

この一段足りないのはたまたま二段同じ色だったので、目がたてに長いがパッと見は分かり難い。

やり直すほどの間違いではない気もするし、もうちょっと激しい間違いだったらなぁ・・・。

ここは見なかったことにしてしまおう。