Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-07-11(Sat)

[][][]糸玉たち 13:44 糸玉たち - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20090711134048j:image

波乗りショールを編むためのレース糸。

径5cmくらいの丸い厚紙に巻きつけています。

これは双糸にするときに必要なボビン

双糸にあわせながら、ボビンに巻き取って、そのあとの撚り止めは湿ったクロスに包んで、暖かい場所に置いて、クロスが乾いたらできあがり。

というとても簡単な撚り止め方法です。

湿ったクロスといっても、私の場合は手近なフキンでぎゅっと絞ったもので湿り気を与えて、ほったらかしにするというやりかた。

時間がたつと、ちゃんと縒れずに撚り止めになっています。

追記

レース糸の双糸

レース糸のような超細番手の糸は、双糸に合わせるときにはとっても苦労します。

普段やっている二つのスピンドルから、糸を引き揃えて、もうひとつのスピンドルで撚りかけして、巻き取るということはとっても難しい。

なので、どうするか。

最初に二つのスピンドルから、糸を引き揃えて、新しいスピンドルの軸に、撚りをかける向き(S撚り)に巻き取ってしまいます。

巻き終えたら、径5cmほどの丸い厚紙に糸の端を持って、糸が巻きついているスピンドル反時計回り(S撚り)に回して、撚りをかけて、双糸にしていきます。撚りをあわせたら、ボビンに巻き取っていきます。

この動作の繰り返しで、レース糸を双糸にします。

ArachneArachne2009/07/11 14:04こんな風に巻き取るんですね~ スピンドル使わないで自然にかかる撚りだけってことですよね? で、湿らせて乾かす……蒸すのってすごく大変そうだったので、この方法なら手軽にできそうです。

susugisusugi2009/07/11 14:41こんんちは。これ、もしかしてブルーフェイスですか?それともコリ?きれいですね。こんな風に紡ぐ腕が欲しいなあ。丁寧に紡いでもらって、羊も満足ですよね。
例のアイスランドですが、脂はそこまでひどくないんですが、土と草がすごくて、解毛するより洗ったほうがいいのかもって思います。フェルト化したとこ、ほどけないし・・・
羊毛を洗ったことないんですけど、土とか草なら予洗いの要領で洗えばいいんでしょうか。脂はモノゲンないから、エマール?ちょいとやってみるかな・・・このままだと使えないし、フェルト化したらこの際フェルトにしちゃえばいいし。はい、予洗いだけやってみます!エマールは、その後の脂の具合で考えてみます。
きれいなとこはほんとにきれいな羊毛なんですよ。軽くて優しいし。触れば触るほど好きになるし。ああ、もう洗うしかないですね。こんなに惚れこんでますもの。羊ちゃんの入浴、乾燥が終わったらまた報告しますね。

teaangeteaange2009/07/11 15:02★アラクネさん
ちょっと説明不足だったので、追記しておきました。双糸にあわせるときも、もちろんスピンドルは使います。ニット用の太目の糸に比べると、撚りはもっともっとたくさん入っていますから、スピンドルは必要です。
この撚り止めの方法はちょっとだけ時間に手伝ってもらっています。

★susugiさん
これはコリデールです。
お話を聞くと、まるでグリージー(汚毛)かしらと思ってしまいます。洗うのでしたら、土汚れは予洗いで落ちますし、脂汚れは粉石けんを使うといいですよ。エマールはちょっと脂落としの効果は少ないと思います。エマールよりは台所用洗剤かしら。

susugisusugi2009/07/11 22:51こんばんは。お返事いただいてから洗えばよかった・・・
えっと、全体200gのうち、特に汚れてるところが1/3位。今洗い終わってのんびり乾燥中です。予洗いでちょっとした泥水になってびっくりしました。エマールで洗って(これが失敗だったかも)脱水したら、色は白くなりましたがみんな絡まってる。。。まあもともと全体が複雑に絡まってたから、こんなものかと思いました。で、手でほぐしたんですが、どうもこれはフェルト化じゃなくて、脂が固まっちゃってるみたいです。黄色い塊とか発見しちゃったし。でもべたべたはしないので、このまま使うことにします。
残り2/3も洗うことにしました。こっちも全体が複雑に絡んでて、この状態から丁寧にカーディングしても納得できる糸にはならないな、と確信しました。はい、台所用洗剤で洗います。ちょっと脂を落とさないと・・・まずカーディングが無理そう。
実はアナンダさんに問い合わせたのは1年前なんです。購入したのが今週。つまり最低1年はぎゅうぎゅうづめのまま眠ってたんですね。その間に脂が固まって、ごみや土とも合わさってすごい状態になったのかもしれません。
アイスランド改めシンデレラは部屋の中にいます(ベランダだと桜島の灰をかぶっちゃうので)。見るたびににやけるので、うん、洗ってよかったです。teaさんに背中を押してもらえたので洗う決心もついたし。ありがとうございました。残りは疲れが取れてからぼちぼち洗います。
レース用の撚り止めも参考にさせてもらいます。円盤に巻いて包むんですね。蒸す自信はないんですが、これならできそう。「花」の糸、頑張って紡ぎます。

ArachneArachne2009/07/11 23:40追記拝見しました。勉強になります。レースほど細くはなくてもちょっと細めで撚りを強めにかけた糸ってよじれて絡んで大変なことになってしまうので、レースなんてどうやってあわせてるんだろうと思ってました。まずスピンドルに巻いてから撚るんですね。レース糸を紡いだときはこの方法でやってみます。

teaangeteaange2009/07/12 08:03★susugiさん
やっぱりグリージーを購入されてたんですね。一年も保管されていたのなら、脂のまわりもひどかったことでしょうね。
脂をきれいに落とすコツは、洗剤液の温度を思い切って上げることなんです。60度~がいいかな。
さっぱりと洗ったあとは、脱水後、湿り気が残っている状態で、どんどんほぐしてあげると、フェルト化していたものがかなりほぐれると思います。がんばって~。
湿った布でくるんで、乾くまでほっておくというより止め方法は、できれば、時間も与えてあげてください。置けば置くほど撚りは固定されますから。

★アラクネさん
レース糸のより合わせ方、HPの紡ぎコンテンツには紹介していないんです。スピンハウスポンタさんのスピナッツ誌上では紹介しましたけれどね。
サンカグローブを編むような細番手の糸も、この方法が使えるかな~。私はアンデスプライを良く使いますけれども。

ArachneArachne2009/07/12 21:35スピナッツは65号でしょうか?
いまいくつか注文しているんですが、65号もレース糸の記事のコピーをお願いしています。他にもシェットランドレースの載っている号を注文しているので、届くのが楽しみです。

teaangeteaange2009/07/13 05:40★アラクネさん
65号です。
本名で載ってます。アンデスプライのやりかたも紹介していますので、紡ぐのにはとっても便利ですよ。