Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-10-31(Tue)

[]ポンタさんのところで 20:12 ポンタさんのところで - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

今日はポンタさんのところで、再度、サポートスピンドルの紡ぎ方で、スピンドルの持ち方やら、回し方やら細かい部分を撮影しました。出来てしまっている自分ではなんでもないことなのだけれど、前回のスピナッツ65号では、まったくの初めての人が見ると、わからないことが多く、その部分の補足説明ということになります。スピナッツの次号はスピンドル特集。そのお話もポンタさんからお聞きして、ますますスピンドルにはまっていきそうです。紡ぐスピードや、スピンドルでしかできない糸のこと、もう、もろもろいっぱいあって、とても楽しいひと時でした。早く次号が出来上がらないかしらって思います。一番シンプルな道具なのに、出来る糸はバラエティに富んでいて、夢のようです。午後からは場所を変えてスピンドルオフの予定だったので、ポンタさんところではとっても大忙しでしたけれど、わかりやすい写真が撮れたんじゃないかな~。次号がまたまた楽しみです。

[][]スピンドルオフ 20:12 スピンドルオフ - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

omiyage

午後からはRumikoさんとmifuさんと3人でスピンドルオフしました。Rumikoさんのお知り合いの方の雑貨やさんのスペースをお借りして、スピンドルの紡ぎオフでした。初めてお会いするRumikoさんは、センスのいい素敵な方でした。絵を描いていらっしゃるので、そのセンスのよさから、きっと素敵な方なんだろうと思っていましたが、まさにそのとおりで、おしゃれで素敵できれいで、う~ん、言葉が見つかりません。mifuさんもおきれいな方で、お二方を見ていたら、自分磨きを忘れている私がちょっぴり恥ずかしくなりました。mifuさんは夏の神戸オフのときから、手紡ぎには興味をお持ちだったので、今日はドロップスピンドルでの紡ぎのレクチャーをしました。お昼をはさんでというのだったら、もっとじっくりと教えて差し上げられたんですが、時間が短かったので、多くはできなくて、一番基本のところをやりました。初めてだけれど、糸が切れるということもなく、太くなったり細くなったりは当たり前の味わいのある糸ができました。Rumikoさんは今までのことでいろいろな疑問をお持ちだったようで、その問いに答えることができて、ほっとしました。スピンドルスピニングって、ハンドカーダーに始まってハンドカーダーに終わるような気がします。私は独学でというか、一番いいのはどんなやりかたなのか、試行錯誤してたどり着いたのですが、なかなか教えてくれるところもないのですものね。毛の繊維の向きを揃える、固まっていたステイプルをきれいにほぐすという目的がはっきりしていたら、だんだんきれいに出来るようになると思います。

写真はポンタさんのところで購入したまだら染めのフリース。ロムニーなのでとてもきらきらしています。肌に当たるものはちくちくして使いにくいですが、小物にはとってもいいので、このまま櫛でほぐして紡いで単糸でなにか作りたいなと思っています。黒いのは茶、グレーのリンカーンのグリージー。家に白のリンカーンが残っているので、混ぜてショールでも編みたいなと。それと、Rumikoさんからの素敵なおみやげ。ウメノキゴケで染めたピンク、栗で染めたサーモンピンク、ヨウシュヤマゴボウのオレンジ。どれもこれも、なんともいえない色合いで、どぎつくない深みのある色合いです。mifuさんからはとっても美味しいみたらし団子。ぽぽぽっぽ、と3つ続けて、少し開いて一つ刺してある本当のみたらし団子です。みたらし団子は大好きなんですが、ほんまもんをいただいて本当にうれしかったです。家に帰ったら早速子供たちのお腹の中に納まっちゃいました。Rumikoさんから娘達にいただいた大判のハンカチもとても素敵でした。本当にありがとうございました。

Rumikoさんも紡ぎにはまっていらっしゃるし、そんな様子を見ていて、mifuさんも紡ぎの世界にひっぱっちゃいました。多分、抜けられないと思います。にやり

追記

Rumikoさんのお持ちの黒檀のスピンドルでちょっと手を怪我しちゃいました。まったくそそっかしいです。ハイ。お二方にご心配をおかけしてしまって申し訳なかったです。たいした怪我ではないので、じきに治ると思います。Rumikoさん、いろいろとありがとうございました。ぼけっとしててすみません。

あ、気がついちゃった!またまた羊毛が増えちゃったわ~。ありゃ~。こうやって羊毛は知らないうちに増殖してしまうのね。

mifumifu2006/10/31 20:21今日は本当にありがとうございました。
もう、すっかりとりこになっております。
なかなか難しいけど、どんどん糸になっていくのを見てるとうわ〜〜〜って嬉しくなってしまいました。
今日から練習にはげみます。
みたらし団子、10本入りにすればよかったですねぇ。小さいからあっという間になくなっちゃいますよね。

teaangeteaange2006/10/31 20:27みふさん、あのねあのね、あの毛糸が自分の手で作れる~という感動を味わっちゃうと、抜けられなくなるんです。もうなんていうか、うれしい~~~~って感じで。紡ぎをはじめた最初の感動って大きいんですよね。だからどんどん楽しんでね~。みたらし団子、美味しいものはちょこっとがいいんです。ほんまもんやで~、これがみたらし団子の一番最初のやつやねんで~と説明しました。ほんとにうれしかったです。

がみがみ2006/11/01 12:27みなさんでポンタさんで集まったんですね、楽しそう!スピナッツはとっても気になっている雑誌です。次回はスピンドル特集?!となれば、ぜひ手に入れたいと思います。私は、紡ぎ車は触ったことが無いけど、スピンドルでの紡ぎが楽しくて。携帯できてドコでも紡げる、というのも良いですね。

オフ会楽しそうです。teaさんは熟練師だから、きっとそんな方にレクチャーしていただけたら、するするっとこの世界にはまっちゃうんですね♪
みたらしだんごの本物って、”ぽぽぽっぽ”なんですね!知らなかった~。

RumikoRumiko2006/11/01 13:32昨日はありがとうございました。
teaさんを質問攻めにしてしまいまして.....お疲れじゃないですか?
改めてスピンドルの楽しさを知った気がして、頂いた羊毛を紡いでみております。
それからスウェーデンの鉤針編みも!!!
スピナッツの次号は「スピンドル特集」なのですね、またポンタさんへ買いに走らなくちゃいけませんね~(笑)。
mifuさんと一緒にもっと深みに嵌って行きそうですぅ。
ポンタさんで購入された羊毛がどういうふうになるのか目が離せませ~ん。

yuliet2yuliet22006/11/01 14:53スピンドルオフ会、羨ましい♪teaさんに直接教えていただけるなんて、良いなぁ~~。お忙しさの中、時間を見つけて・作って過ごしておられるご様子に頭が下がります。糸だけではなく、素敵な時も紡いでいらっしゃるのですね。 お怪我、お大事になさってください。

teaangeteaange2006/11/01 16:00◆がみさん
集まったのはポンタさんのところではなくて、別の場所です。スピナッツは手紡ぎするのには本当にためになる季刊誌です。紡ぎ車での紡ぎも楽しいけれど、スピンドルの手軽さは捨てられないですね~。場所もとらず、働きものです。がみさんにもいつか会えるといいな~。
◆Rumikoさん
質問攻めって、そんなにではなかったですよ~。ていうか、みふさんにかかりっきりになっていたので、Rumikoさんに申し訳なかったです。ハンドカーダーの使いかた、もっとちゃんとお伝えしたらよかったな~と。でも、実際に使っているところをみると、よくわかりました?ハンドカーダーを手抜きしちゃうと、きれいな糸ができないので、丁寧にするといいですよ~。
◆ゆりえさん
たまたまこの日しか開いてなかったので、ポンタさんのところへも急遽行くって決めて、Rumikoさんとも会うことも急だったんです。それでもなんとか時間がとれてよかったです。怪我は手のひらなので、絆創膏を貼れず、それでもちゃんとふさがっているので、早く治るんじゃないかな~。指でなくてよかったです。ありがとうございます。

bonntaroubonntarou2006/11/02 21:27 楽しそうでためになりそうなオフ会ですね。
 編み物グループに入って、年代や経験を超えて、色々な方の作品や自分の知らなかった世界を教えて頂けるのって楽しいな、としみじみ思う今日この頃です。

teaangeteaange2006/11/03 11:41◆ぼんたろうさん
編物グループ、本当に皆さんいろいろとよくご存知なので、わからないことがあれば、ここで聞くのが一番って感じです。私もここに参加していなかったら、あれこれと編物を一生懸命できなかったと思います。入ってよかった~って感じですね。