Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2018-01-20

この糸を購入したわけ その4 イテア

| 23:01

f:id:suuri:20180119082145j:image:left:w250

2012年後半に購入した糸で、シルクハセガワ社様の、シルクモヘアウールラメノットファンシーヤーンになります。写真にある、チャイナブルーを4玉、カーキを6玉持っています。なぜ購入したのか・・・。シルクモヘアウールでラメが入っていてノットもあるとなっていたからとしか、今は思い出せません。

シルクハセガワ社様の糸はいくつも購入し、気に行っている糸も多く、そして、編み上げたものも多いです。編み上げたものも多いですが、同じくらいお蔵入りになっている糸もあります。


シルクハセガワ社様の糸は、街中のお店で売っていることはないので、実物を見る機会はなかなかありません。新製品発売時、お試しセールをされることが多く、気になるものはその時に購入しまして、ちょっとイメージと違って茶箱に保存されているものがいくつか。幸運にも福袋・福段ボール箱を購入出来たけど、その中になかなか使わない糸が入っていて、茶箱に直行。販売終了に伴っての最終セールのような形で、すごい値引き率で販売される時に一気に購入し、形にならないまま茶箱に保存されたもの。

イテアは後半の理由で茶箱に保存されていたものです。この糸は形状が気になって購入したので、何を編むという明確な目的は無かったと思います。今思うと、リッチモア社様から販売されていた、シャンゼリアぽい糸かなとイメージしていたように思います。

この糸で覚えているのは、購入するのに苦労したこと。当初購入したいと思っていた色は違う色でした。セールなので、スタート時間があります。そのスタート時間よりもちょっと遅くにホームページを立ち上げたら、えええ?ってくらいすでに品切れ色が続出。慌てて購入ボタンを押すも、「必要数がないからダメだよメッセージ」。ここで諦めればよかったのかもですが、ストールが編めるだろう糸量と、セーター編めるかなくらいの糸量を購入したのでした。

購入後、思ったよりもラメが目立っていたのと、鈎針で編む際にノットの部分が引っかかり、編みにくかったため、茶箱に入り現在に至っています。

なぜ今この糸の話題を・・・?

そう、購入後数年を経てようやく日の目ならぬ、作品に変身予定だからです。

ゲスト



トラックバック - http://amimono.g.hatena.ne.jp/suuri/20180120