Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2011-09-09

世界の編物 2011-2012秋冬号 感想

| 13:17

夏からこちら、早朝の比較的涼しい時間に編み物をしていました。編んだものはいくつかありますが、それをまとめる作業までなかなか手が進まず、こちらもご無沙汰しておりました。9月は祝日もありますので、その頃、いろいろとご報告出来たら・・・と思っています。

さて、本日発売の【世界の編物 2011-2012秋冬号】、早速書店で購入してまいりました。

今回の【世界の編物】、手に取られた方は驚かれたのではないでしょうか?私は、驚きました。編集担当の方が新しくなられた(?)からなのか、紙面からはテーマ(メッセージ)性を強く感じました。

特別企画のエストニア編込模様は、ウェア+小物がセットで提案されていて、ウェアはちょっと・・・と思う私でも、小物ならば編めるかもと思わせてくれる内容でした。

個人的には、岡まり子さんが提案されている編込の色使いが、とても気になりました。

取り上げられているメーカーさんはパピーさん、内藤商事さん、リッチモアさんでしたが、リッチモアさんについては、特別企画で1セット取り上げられているだけで、例年の作品数の多さを考えると激減という印象です。他の雑誌等との関連でしょうか?

パピーさんについては、新商品【デッラルバ】をかぎ針編で編んだ作品がいくつも提案されていて、力が入っているなと感じました。どれかは編みたいなと思いました。実は、糸も先ほど購入済みです。編みあがったら、こちらでご報告したいです。

野口光さんが巻頭で提案されているミュルティコ×プリンセスアニーのロングカーディガンがとってもステキ!

でも・・・ドライブ編+すべり目で編むのが難しそう。

nokorinnokorin2011/09/10 10:51nokorinです。
表紙だけネットで見て気になってます。今日、本屋さんに行こうと思ってます。あるといいな~。

suurisuuri2011/09/11 10:19nokorinさん、こんにちは。
【世界の編物】、手にとられましたか?例年に比べて、紹介されている作品数は少ないけれども、
実用性のある展開かなと私は思います。
今日も暑いけれど、秋冬本を眺めつつ、手元にある毛糸の確認をしています。