Hatena::Groupamimono

すぬのひとりごと このページをアンテナに追加 RSSフィード

09/11/28 (Sat)

 サロン

本日のメニュー

  • 引き続き、ジャケットをすすめる
  • ショールの相談

f:id:snu:20091128230218j:image:right

ジャケットは、やっと後ろ身頃があみおわった。時間内にタック部分もできたので、一安心。

前身頃を一部編み直せば、あともう少し。2週間後のサロンまでには仕上げたいな。


帰省中に行ったきぬがさマテリアルズでショールを編むための糸を購入したので、その編み地などを相談。糸にハリがあるので”シンプルな透かし編みがいいかも”とアドバイスをもらう。ジャケットの次はこれかな。




 フラットクロッシェフック

f:id:snu:20091128232514j:image:right

今回の帰省で”毛糸だま冬号”を持っていったら妹が熱心にみていて、その中のボスニアンクロッシェに興味を持ち、針が欲しいと言い出した。自分の記憶では”日本のお店では手に入らなくて通販しかない”と思っていたので、そのことを告げたところあきらめかけた。

そういえば”アイスのヘラで作った人がいた”と伝えたところ、できたのがこれ。


翌日、旦那君と百均へ行って他に材料はないかと探し当てたのが、園芸用のプラスチックのネームプレイト。これをヤスリで削って何とか形にしようとしたけどちょっと無理であきらめモード。


で、妹が”じゃ、わたしが!!”と針の写真を実寸大にコピーして、ネームプレートにその大きさの線を引いて、職場の工具で削ってできたのがこれ(妹は技工士)。

f:id:snu:20091128232408j:image:right

編み加減を確かめながら作ったので、使い勝手はなかなかのモノ。プレート1枚より2枚合わせた方がより良い感じ。

ちょっと得した気分^^

ちなみに、この日妹は針作りに時間を使い、午前の仕事は30分だけだとか・・・あらら(笑


妹曰く”実寸大にすると針がすっぽり手の中に収まり、編みやすい”。

普通のかぎ針で編むより、編み地がのびるらしい。