Hatena::Groupamimono

糸偏日記

2019-05-27頂き物&ボランティアニット

知人からメール。

毛糸送るけどいいかなあ、との内容。

いいよ、と返事をした翌日、大きな箱が二つ届いた。

えっ、小さい箱二つと言ってたはず、と思いつつ開いてみたら、上等な糸がぎっしり。

それがこれ。

頂き物の糸 13:40

f:id:osakof:20190526111856j:image f:id:osakof:20190526111929j:image


左が毛糸で、3600グラム

右が、綿、麻、絹などの夏糸で、3600グラム

右の手前に見えてるのがかぎ針セット

合計7200グラム。余りの多さにしばし呆然。

それに、みな上等な糸ばかり。

いいのかなあ、こんなに沢山頂いて。

とは思うけれど、すでに手元に到着してしまった。

せっせと編んで役立てることにしよう。


さて、今年も届いた編み物ボランティアの通知。

  • 趣旨 手編み作品を、子供たちへ励ましのメッセージとして贈ると共に、配布地域の状況を報告し、相互理解と交流を図る
  • 送付期間 10月15日(火)~10月17日(木)
  • 不足しているのは SSサイズ(110サイズ)、Sサイズ(120サイズ)
  • 毛糸を送るための人工がないので手持ちの糸で編んでください
  • 問い合わせ先 MS&ADゆにぞんスマイルクラブ

MS&ADゆにぞんスマイルクラブと日本手芸普及協会の主催

協力団体 日本ヴォーグ社、NVロジテック、元廣、オムロンワールド・ビジョン・ジャパン

2019-05-26暑くなる前に

不安定な気候が続いたと思ったら急に暑くなって、体がついていかない。

そのせいなのか、〇〇の攪乱とやらで風邪っぴきの日々。

ここへきてようやく風邪の神も退散して下さったようで、、、。

元気になったら手を動かす元気も出てきた気配。

暑くなる前にやりかけを片付けねばと放ってあったものを引っ張り出してきた。

結果、お子様セーター一枚完成。

子供用セーター(Sサイズ) 07:47

f:id:osakof:20190521164333j:image


並太 250グラム、4号、6号棒針

やや白っぽく写ってるけど、、薄紫に濃紺の組み合わせ。

見ての通り何の変哲もない基本型。

でも、色合わせはうまくいったと思ってるんだけど、どうだろうか。


暑くなる前にもう何枚か編もうと思ってるんだけど、どうなるかなあ。

そうそう、今年も編み物ボランティアの募集案内が届いた。

まだ封を開けてないけど、締め切りはいつかなあ。

詳細はまた後日。

2019-05-14何となく

元号改元大型連休が終わって少し静かになったかなと思える今日この頃。

とは言いながら、世の中物騒な話が飛び交い、何となくもぞもぞざわざわと気持ちが落ちつかないこと多し。

そんなときは無心に手仕事をするのが一番。

それもあれこれ考えないでただひたすら手を動かせる手仕事。

気が付けば、つづくろいやら、ほどき物やら、色んなものが広がって足の踏み場もない。

昨日も、バザーで売り物にならないから処分するというので頂いてきた祭の浴衣をほどいていた。

白地の飛び模様、すそや袖口の一部黒ずみ、襟に使ってあるのはある地域のお祭りのために作られた文字入り手ぬぐい。

確かに買ってくださる方はいないだろうなと思う。

でも、しっかりクリーニングに出して、きちんと保管してあったと思えるもの。

生地もしっかりしてるし、そのまま処分するにはあまりにもったいない。

模様が気にいったので袋物の裏や布巾に使ってみるかなと頂いてきた。

ほどきながら、丁寧な仕事ぶりにほれぼれとしてしまう。

糸こぶひとつとっても、そのきれいな仕上がりに感心する。

余分な糸端も表に響くようなごろつきも全くない。

後は推して知るべし。

ただひたすら感心しながら、ほどいていた。

まあそんなことはさておき、連休中の編み物

と言っても大したものじゃないんだけどね。

ラニースクエアモチーフ 11:11

f:id:osakof:20190505110803j:image


並太毛糸(と思しきもの) 80グラム

連休中に来ていた五歳児が「編み物したい」というのでお付き合いしながら編んだもの。

残っていたのは渋い色ばかりで地味目な仕上がりだけど、これまでのものと併せれば何とかなるであろう。


そうそう、縫い物も少々。

と言っても運針のみなんだけど。

刺し子布巾 11:11

f:id:osakof:20190506133913j:image f:id:osakof:20190506133922j:image f:id:osakof:20190506133925j:image


お手伝いしてる通所サロンのお姉さま方が縫い物したいとおっしゃるので、図案と材料を渡したら刺し子が出来上がってきた。

仕立てはやんないから、とのことなのでわたしが仕立て係。

ただひたすら運針をして出来上がったのがこれ。

ちなみに、完成品には未練がないそうで、、、。

縫ってる間が楽しいのだそうな。

2019-04-28何故だかすいすい

何がこうさせるのかわからないけど、、、。

編み物が進むこと。

というわけでお次のお子様セーター完成。

まあ、小さいから早いというのはあるけど。

子供セーター(Sサイズ) 14:17

f:id:osakof:20190423062738j:image


並太毛糸 250グラム、4号、6号棒針。

縄編みの間が詰まりすぎてるような気がしないでもないけど、これはこれでありかな。

この毛糸、色にほだされて買ってしまったもの。

よく確かめもせず、40グラム巻きと思い込んでいたら、なんと30グラム巻き。

Sサイズにしたから一色でも足りたけど、Mサイズだったらどうだろう。

それにしても、この頃糸の巻きが少なすぎる。

実質的な値上げと一緒。

うーん、何だかねえ。

アクリルタワシ 14:17

f:id:osakof:20190428073938j:image


並太2本取り 40グラム、8号棒針。

一玉できっちり2枚完成。残り糸はなし。

いつもこうだと気持ちいいんだけどねえ。

目の検診に行って待ち時間の合間にできたもの。

2019-04-16久々にセーター

持ち歩き用編み物道具入れを整備したからというわけではないけど、なぜか編み物が進む。

と言うわけで、セーター一枚完成。

お子様セーター(Sサイズ) 17:47

f:id:osakof:20190416133150j:image


太毛糸 180グラム、2号、4号棒針使用。

太毛糸の入った入れ物を眺めているうちに思いついたもの。

チャコールグレーのみで編もうかと思ったけど、あまりに地味すぎる気がして模様を入れてみた。

まあいい感じに出来上がったんではないかな。

実はこれ、模様を入れなかったら毛糸が足りなかったかもしれない。

この糸、新品なんだけど古い毛糸。

一玉だけ保管が悪かったようで、途中で切れること切れること。

つなぎながら編んでた部分は、全部ほどいてやり直し。

あまりにひどいので巻き取ってみたら、細かな糸玉になってしまった。

結局、4玉半あった毛糸のうち、きちんと使えたのは3玉のみ。

一玉50グラムでメーター数があったから辛うじて足りたということか。

次に同じような毛糸を使うときは気を付けよう。


閑話休題

いとこの本葬があったので田舎へ。

何十年ぶりかで会った幼い頃の遊び友達に、昔ながらの呼び方で通ずる不思議。

お互い、何の違和感もなく〇〇ちゃんと呼び合って、話が弾む。

これから先、再び相見えることがある可能性はかなり希薄なのに。

これも、いとこの引き合わせであろうか。

話していたら、思いがけない人とお互い知り合いで、驚いてしまった。

おまけに春の高山祭の日程にドンピシャのタイミング。

これもいとこの配さいかと何十年ぶりかでお祭りを見て帰ってきた。

幼い頃は大きく見えていた屋台が思ったより高さが無くて、あららであった。

町内の家の前で繁栄を願って舞う子供獅子舞も久々に見てなんだか気持ちがほんわかする。


f:id:osakof:20190415101807j:image f:id:osakof:20190415093208j:image


割合静かな雰囲気の中で進むお祭りに、なんだかほっとして、私の中ではこれがお祭りなんだとしみじみ思う。

更に、もう神職は引退したからと言ってたいとこが巡幸の列にいるのを発見。

向こうはよそ見もできない状況だからこちらに気付いた様子はなかったけれど、元気な姿を見てなんだかほっと一安心。


で、今回はいつも買いそびれて帰るお菓子を手に入れてご機嫌。

そのお店でしか売ってないから足を運ばない限り手に入れられない。

それがこれ。

むぎ落雁 17:47

f:id:osakof:20190416092221j:image


「杏花園」のむぎ落雁。これは「こがらす」。

むぎこがし(はったいこ、いりこ、等ともいう)で作った落雁でほんのり甘い。

小さい頃、「いりこ」は大好きなおやつだった。

ほんの少し砂糖を入れて、むせないように気を付けながら食べる時の幸せ。

時々、無性に食べたくなって「いりこ」を買っていたのだけれど、最近近所のスーパーで見かけなくなってしまった。

近所で一か所だけ売ってるお店があったのだけど、そこも扱い中止。

てなわけで、久々に食べる「いりこ」の味は嬉しい限りである。

ただ今、ちまちまと大切に食べている。

o-uirio-uiri2019/04/17 12:46むぎこがし…懐かしいです。こちら地方では「はったいこ」と言ってました。
むせないよう、気をつけながら食べるのが難しかったです(^^ゞ

osakofosakof2019/04/19 14:23のほさん>
ねっ、懐かしいでしょ。
「はったいこ」なんですね。
京都で見た時は「はったいこ」と書いてありました。
わたしは「いりこ」だったんですけどね。
水や湯を入れて練って食べる方法もあったけど、私は粉状態で食べるのが好きでした。
そういえば、練る時は「いりこをかいて食べる」と言ってたっけ。