Hatena::Groupamimono

easy come,easy go

メッセージはこちらからどうぞ

2009年05月19日 (Tue)

スペイン旅行~帰国

| 16:50 | スペイン旅行~帰国 - easy come,easy go を含むブックマーク はてなブックマーク - スペイン旅行~帰国 - easy come,easy go

3月9日

 

 チューリッヒ経由で帰国。

 マドリッドを朝9時50分に発ち、成田羽田→千歳→自宅の長い移動で家に着いたのが3月10日の午後5時。

 今回の旅行で何が一番心配だったかと言うと、レンくんを置いて家を留守にするという事。

 ダンナが数日出かけて、私とレンの2人っきりは何度も経験していますが

 お母さんが何日も留守にするというのは、レンくん初体験だったのです。

 

 「あの子大丈夫だったかな。ストレスでハゲてないだろうか」

 「きっと嬉しくて嬉しくて帰ったらベッタリくっついてお母さんから離れないだろうナ~」

 と妄想しながら、小走りで家路へ。

 ちょうど、夕方のご飯&散歩の時間に帰宅でき、ワタクシ少々感極まりながら

 「レンく~~~ん ただいま~~~~」と家へ入ると尻尾をハタハタと振るレンくんが!

 「お母さん、レンくんが恋しくてざびじがっ゛だよ゛~(泣)」とワタクシ号泣。

 レンくんに抱きついて泣きながら

 (アレ? レンくんの尻尾のフリフリが普段の日よりも反応が鈍いなぁ)

 (なんだかキョトンとした顔してるし)

 (お母さんの想像していたレンくんの反応と違う)

 (もっとこう体全体で嬉しい気持ちを表してくれると思ってたんだけど・・・)

 ワタクシの気持ちも落ち着いて、何か腑に落ちないまますぐにレンくんのお散歩へ行きました。

 散歩の間もレンくん、何かを確認するようにチラッチラッとワタクシを見ています。

 

 旅行中は、夕方の散歩とご飯の面倒をペットシッターさんにお願いしていました。

 普段の日と同じように午後5時に散歩をしてもらってましたが、3月2日から9日までの期間限定。

 もちろん母さん、スペインへ行ったっきりではないのでシッターさんはもう来ません。 

 だがしかし、動物はそんな事わかっちゃいないんですね~

 レンくん、お母さんが帰ってきたその日もシッターさんが家に入って来たと勘違いして

 尻尾フリフリ愛想よくしてたら、自分の期待していた人と違ったので頭の中が「?!?!?!」になっちゃって

 パタッと尻尾が止まっちゃったみたいです。

 あとでダンナにレンくんの様子を聞いてみたら、私が留守にして3日目くらいまで居間のドアの前で

 帰って来るのを待っていたらしいです。

 でもその後はお母さんを待つこともなく、よく食べ、よく眠り

 普段となんら変わらない生活をしていたんだそう。

 親の心子知らずとはこのことかと実感しました。

 

 f:id:ogamo:20090519162941j:image

 旅行は楽しかったけど、レンくんへの私の気持ちが一方通行だった事を知り、少々さびしい母なのでした。

 

 

lunachan335lunachan3352010/04/03 19:27お久しぶりです。今頃、何ですが、レンくん、気になっていました。都会にはペットシッターなんてあるんですね。お家にいることができるということがやっぱりワンコには大事なんですね。長期で家を空けることが多かった頃、昔のわんこたちを色々なところで預かってもらいました。近所のペットショップ、普段かかっている獣医さん、友人宅、どこに預かってもらっても帰ってきたら、シッポフリフリ、大歓迎でしたよ。でも、普段しない体臭がするし、毛が抜けてたり、ストレスを受けていることありありでした。ただ、不在の期間が3週間ぐらいと長期だったことも原因かも知れません。空港の横の検疫所で2週間ほどいたときはほぼ毎日会いに行ってあげてもシッポフリフリでした。そうしたこともあって、ワンコを連れて行けない旅行はしなくなりました。

おがおが2010/04/03 20:53◆ミサゴさん。
ペットシッターは最近の職業でしょうね~ 私が頼んだシッターさんはご自分でもシェパードを飼ってらっしゃる方だったので、大型犬の扱いには慣れてるかなぁと思って依頼しました。シッポフリフリしながら甘えてくると、なんともいえない気持ちになりますよね。検疫所の2週間はツライ!早く出してあげて~って感じです。動物を飼ったら制限はいろいろありますけど、彼らからかけがえのない物をもらっているのでプラマイゼロ。むしろプラス!と思っています。

トラックバック - http://amimono.g.hatena.ne.jp/ogamo/20090519