Hatena::Groupamimono

なつめのあみもの日記

2011年08月22日(月)

またまたおそろいプレゼント 18:14

f:id:natsuume:20110822151731j:image


☆パターン:『オーガニック素材で編む一年中着られる赤ちゃんニット/michiyo』より、ダブルボタンのニットジャケット

☆糸:ピノソフトメリノ並太 グレー・・・4玉、黒・・・3玉強

☆針:グレー3.75mm輪針、黒3.50mm輪針



またmichiyoさんの赤ちゃん本から・・・この本、かなりモトとってるかんじです。


それぞれ、3月に生まれた男の子と、6月に生まれた男の子に編みました。

親(どちらもパパ)が、共通の友人なので、おそろいにしてみました。

色ちがいの糸ですが、針を替えて大きさをすこし調整しました。


本当は、かぎ針で編んだひじあてがついたデザインです。

こんなかんじで

f:id:natsuume:20110822151611j:image


これが可愛いポイントなんですよね。

最初、この部分の色を黒とグレーで取り替えておそろいにするつもりだったのです。

でも、実際編んでみると、色のせいか、なんだか本みたいに良いかんじにならなそうで・・・ちょっとビンボーくさくなりそうな?笑

そして、そのためしに編んだひじあてを見ているうちに、長編みの感じのせいか、なんとなくゾウリムシのようなわらじ虫のような感じに見えてきてしまって・・・付けるのをやめました。笑


これはこれで、シンプル&シックってことで、プレゼントだし無難でいいかなーとおもいます。


今回、糸はちょっと安くすんだので(値段を考えるとわるくない毛糸だとおもいます)、ボタンは奮発して本革のボタンにしました。

ウッドボタンにしようか、またいろいろ悩んだのですが、やっぱりこれがいちばんジャケットっぽいし、しっくりくる気がしました。

8個×2着分で、3000以上かかっちゃいましたが、ボタンもデザインのポイントだからケチると安っぽくなりそうだし、プレゼントなんだからいいのがいいよね!ということで・・・

f:id:natsuume:20110822151929j:image



なんだか急に涼しくなったので、ますます編みもの熱が上がりそうです。

編みたいもの、編む予定のものもまだまだたくさん・・・



そんななか、最近、フランス式の練習を始めました。

今までずっとアメリカ式で編んでいて、何度かフランス式の習得に挑戦しつつそのたびに挫折・・・

まあアメリカ式でも特に問題ないしいいかー。とおもっていたのですが、昨年くらいから以前よりずっとハイペースで編みものをするようになり、自分の編み方にいろいろ疑問がわいてきて。


ひとつは、自分の編み地がいつも縦長になってしまうこと。

もうひとつは、編みながら糸が同じ方向にくるくるねじれていってしまうこと。


ふたつめは、だれでも多少あるような気がしますが、自分の場合、みんなこれほどねじれてるのかな?ってくらい、けっこうどんどんねじれちゃうんです。

糸によっては、しょっちゅう逆方向に戻さないと編みにくくなってくるほどです。


縦長の件は、ネットでしらべても原因がわからず・・・


ひとりひとり編み方のくせというのは違うと思うので、結局のところ、自分の場合はどうなのかってことは、実際に編み方をいろいろ試してみるしかないかなあと。

それで、まずはやっぱり、明らかになにか差がありそうなフランス式で編む練習をしてみることに。


かぎ針は左手に糸をかけて編んでいるのだから、できないことはないだろうと思うものの、やっぱり何度やってみても、糸をうまく操作するコツがわからず・・・


フランス式で編んでいる人の手の動きを実際に見て真似できればなーと思い、そうだ、今はユーチューブってのがあるじゃないか。と思いつき、フランス式で基礎のメリヤス編みの動画をガン見・・・笑


そうすると、なんとなくわかってきた!そっか、裏編みはこんなかんじで手を動かせばいいのかあ〜(今までどうしてもわからなかった)

やってみたら、むしろ裏編みのほうがスムーズにできるように。


まだまだ慣れず、どうしても編み地がキツくなりますが、ためしにゲージをとってみたら、縦長問題はフランス式のほうが明らかに軽減されている!

フランス式じゃなくても単にきつく編めばいいのかというと、それはアメリカ式でためし済みなので、そういうわけではないと思います。


あくまでわたしの手のクセだとおもうので、だれにでもあてはまるわけではないのでしょうけれど、いったいどういう理屈なんでしょうか。


ねじねじ問題も、アメリカ式よりは起こりにくい感じです。

これは、針に糸をかけるときに、フランス式は左手で糸をぴんと張って右手の針ですくうような感じなのに対して、アメリカ式は右手にかけた糸をぐるっと針にかけるので、このときにどうしても糸をねじってしまうような気がしていたのですが・・・


アメリカ式もフランス式もマスターして、編み込みなんか両手づかいでできたらいちばん理想的だなー。

練習あるのみですね!

chocolaBBBchocolaBBB2011/08/22 19:01のらねこです。
お揃いで可愛い♪
小さいお子さんに渋い色って良いですよね。
私はフランス式(?左手に糸)で人差し指に糸をかけますが
母は中指に糸をかけます。
母の編むのを見て覚えたハズなのにどこで路線変更した?(笑)

koronyakoronya2011/08/23 05:55koroです。
おそろいでカワイさ倍増ですね~^^ボタンも素敵♪
私も普段はフランス式ですが、逆にゆるゆる編地になってしまいます・・・
アメリカ式の法がきっちりきれいになるけれど、3倍くらいかかっちゃうんですー。

kaorikonokokaorikonoko2011/08/25 10:43かおりこです。
とっても可愛いっ♪
お揃いのポージングのお写真みてるだけでも微笑ましいです(^^)
ボタンって恐るべしっですよね…作品のイメージががらりと変わってしまうので、ボタン選びは楽しくもあり、「運命の人」と巡り合うまではとっても苦行であったり。
普段はフランス式なんですが、去年カウチンやってアメリカ式でやる編みくるみが大変ラクだったことが判明しました。両方使い分けて編めるようになりたい!とあたいも願ってるよ~♪

kuropugkuropug2011/08/25 11:10kuropugです、はじめまして♪
ホントにすてきなプレゼント(^_-)-☆
ボタン選びは完成度を決定しますものね。
こんなすばらしい作品をプレゼントされるお友達(の子ども)は幸せですね~。
なんか私まで幸せ気分に。

natsuumenatsuume2011/08/27 07:05>のらねこさん

ありがとうございます!
そうそう、わたしも、フランス式の母に習ったはずがなぜかアメリカ式に・・・!
ということに数年前まで気づきませんでした。そもそもフランス式・アメリカ式さえ知らなくて笑
母に確認すると、こどもにいきなりフランス式は難しい(左の指に糸をぴんと張るのが)と思って、アメリカ式を教えたんだそうです。
どうして早く手を動かしても母のような動きにならないんだろうと、長年解けなかった謎がそのときに判明したのでした。
動画をいろいろ見ると、糸をかける指も、糸のすくい方も、本当にみなさんそれぞれなんですよね!
右針に糸をすくうときに、右のひとさし指でチョイと糸を引っ張るやり方が、自分では表編みだけやりやすい感じがしました。
慣れるまでまだまだかかりそうです!


>koroさん

ありがとうございます!
一般的にはフランス式のほうがゆるめになりやすいらしいですよね。わたしはふだんからアメリカ式で、手がきつめなので、それよりキツくなっちゃうってのはかなりキツキツです・・・
たしかに、アメリカ式のほうが、ひと目ひと目の糸の引き加減をきちんとそろえやすい気がします。
慣れればスピードは上がるでしょうけれど、それでもフランス式の速い方にはかなわないような気がしますね!


>かおりこさん

ありがとうございます!
わたしはボタン自体が大好きなので、編み上がったものを持参してお店であれこれ合わせてみるのが本当にワクワク楽しくって!
これには合わないな・・・と思ったボタンでも、ほかに編みたいものに合いそうなことを発見したり、ひとつのボタンから編みたいものがひらめいたりもして。
ホントに迷いますよねー。けどピッタリなのを見つけたときの嬉しさも大きいですね♪
そっか、やっぱりフランス式もアメリカ式も、それぞれ長所があるんですね。
わたしも両方マスターできるように修行ですー!


>kuropugさん

どうも初めまして!ありがとうございます〜!
ボタンは、最初に「こういうのが絶対いい!」とイメージしていても、実際合わせてみるとイマイチだったり、意外なものがしっくりくることがよくあります。
なので、ボタンだけはネットで買わずに、実際お店に足を運んで決めることにしています!
気づけばプレゼントばかり編んでいるので、そろそろ自分はむすめのものが編みたいなーとおもっています♪