Hatena::Groupamimono

なつめのあみもの日記

2011年08月02日(火)

しばらく更新できずにいましたが、ちょこちょこ編んでいました。

赤ちゃんへのプレゼント 13:57

f:id:natsuume:20110723105605j:image

☆パターン:『オーガニック素材で編む一年中着られる赤ちゃんニット/michiyo』より、ドットレース模様のカーディガン

☆糸:モヒート スモークラベンダー2玉半

☆針:4号輪針

☆メモ:メリヤス部分50→40段(13cm)、ゴム編み部分40→34段(11cm)、そで60→55段+伏せ目(18〜19cm)に変更。

ボタン6コを5コに変更(付け位置21・31・1・11・21段め)


前回編んだパターンでもう一枚。もっと小さく4~5か月サイズというところかな?


初めてコットン糸で編んでみました。

もともとコットンにあまり興味がなかったというか、「編みものが好き」というよりも「毛糸のセーターや帽子が好き」→じぶんで編んでみよう、というかんじだったのです。

 

ニッターさんたちのブログを見ているうち、コットンも編んでみたいかも・・・という気になってきまして。

赤ちゃんものならばウールよりも長い期間着てもらえる&洗いやすいうえに、小さくてわりあいすぐに編めるから、初めて編んでみるにはちょうどいいかなーと。


しかし、編んでみると、つるつるすべるし、意識してきつく編まないと知らないうちにゆるんでくるし、そのうえ斜行して、開始早々挫折しそうになりました。


詳しいことはよくわからないのですが、糸がかなり甘撚り(ほとんど束ねただけ?)で、わたしの編み方のくせなのか糸の撚りを強める方向にねじりながら編んでしまうようで、すぐに糸がねじねじとねじれて、しょっちゅう糸玉か編み地をぐるぐるまわしてねじれを解消しなければいけませんでした。


斜行もけっこう気になるくらいだったのですが、気をとりなおして針を5号から4号に替えて、よりきつめに編んでみると、すこしはましになりました。

それから、たまたまこのパターンだったのが良かった。

半分以上が斜行のほぼ出ないひと目ゴム編みなことと、メリヤス部分もギャザーがかなり斜行をカバーしてくれることで、それほど気にならない仕上がりになりました。


予定よりもきつく編むことになりちょっとだけ小さくなりましたが、赤ちゃんもののわりにあえて渋めの色合いが気に入っていて、おおむね成功かなとおもいます。


ボタンは前回とおんなじ

f:id:natsuume:20110723105700j:image


しかしコットンはしばらくいいかなというかんじです・・・笑

やっぱり毛糸がすきだ〜。

赤ちゃんへのプレゼント その2 13:57

f:id:natsuume:20110802113802j:image

☆パターン:『オーガニック素材で編む一年中着られる赤ちゃんニット/michiyo』より、ダブルボタンのチュニックふうベスト(12か月サイズ)

☆糸:ハマナカ かわいい赤ちゃんプチモール クリーム色

☆針:3号輪針


またまた同じ本から。

ちょっと気が早いけれど、10月に生まれる妹の第二子へのプレゼントに編みました。


目数は12か月サイズだけれど、針を細くきつめに編んで小さめに。

それでも、1歳のむすめが余裕で着られる大きさなので、10月に生まれて冬に着てもらうにはちょっと大きかったかなー?

けど、たぶん大きめで着ればチュニックふう、小さめならベストというかんじで着られて、どちらでもかわいいと思います。


色&サイズを変えて、お姉ちゃんになる姪っ子にもおそろいを編んでいっしょにプレゼントするつもりです。

プチモール消費作戦・・・笑


このパターンはケーブル模様なので、プチプチがじゃまかな?と思いましたが、意外と気にならないかんじです。

ボタンはシンプルに、つげのボタンです。


すその部分がなみなみしてカワイイのですが、編んでいるときには、かけ目と2目一度でちゃんと模様になるのかなーと半信半疑でした。

しかもクルクル丸まっているし、身ごろをすべてつなげて編み始めるので長〜いクルクル状に。

一体何を編んでるのやらという感じでした。


不安になったので、メリヤス部分が終わったところで、ピンを打ってスチームを・・・

f:id:natsuume:20110705060806j:image


ちゃんとカタチになりホッとして編みすすめました。笑

おそろいミトン 13:57

f:id:natsuume:20110724110914j:image

☆パターン:『北欧の編み込み小もの』より、ドットのミトン

☆糸:クロバー コンフィズリー ベースカラー2玉弱くらい?配色は1玉弱

☆針:4号2本輪針


じぶんと同じ6月生まれの友人ふたりに、誕生日プレゼントとして編みました。季節はずれですが、冬待ちアイテムとして・・・笑

わたしのむすめも6月生まれということで、合同バースデイパーティーを6月にする予定だったのですが、都合で8月に延期になってしまいました。

ますます暑いさなかに、暑苦しいプレゼントになってしまいそうです笑


モヘアの、ふわふわぼんやりとした水玉模様もかわいいんじゃないかとイメージして編んでみたけれど、やっぱり本のようにくっきりはっきりなほうが、ポップなかんじで良かったかも。

とくに白×モスグリーンのほう・・・マスカット?オリーブ?な、フランス好きな友人なのでプロヴァンス的なイメージだったものの、できあがってみるとちょっと、それこそ苔というか、なんだかパンにカビがみたいな・・・?

いやいや、かわいい、かわいい!

かわいいってことで・・・ううっ。


ブラウン×ライトブルーのほうは、最近auインフォバーのチョコミントを入手してウキウキらしい友人に。


この糸、写真ではわかりませんが、金色のラメがひかえめにキラキラしてとてもかわいいのです。

何色もまとめてたくさんいただいたもので、帽子やマフラー、スヌード、バッグなど、ひきそろえたりそのまま使ったり、たくさん編みましたが、これでかなり少なくなりました。


そして、どなたかのブログで、かわいい手作りタグを拝見して、いいなーとおもったのでマネっこしてみました。

この毛糸はもともとのラベルがかわいいので、それを丸く切って、裏側に、品質表示の部分を貼りつけただけの簡単タグです。

それぞれつかった糸を通して、ミトンにつけました。

品質がわかるのもうれしいし、タグがついているだけでなんだか立派に見えて、プレゼントにはとってもいいアイデアですねー。

f:id:natsuume:20110724111021j:image


このふたりは、唯一(二?)の貴重な“リアル手芸友だち”なのです。

もともとふつうに友だちだったのですが、なにかのときに話していてたまたま、互いに「えっ、ボタン集めてるひとなんて自分くらいだとおもってた!」というかんじで(その当時は今ほどインターネットも身近ではなかったので情報もなかったですし・・・)笑

それが友人のなかにふたりもいたなんて・・・ということで、お互いのコレクションを交換したり、ときどき“手芸お茶会”をしたりしてあそんでいます。


そしてこのふたり、じぶんの女友だちのなかでもっともオトメ寄りなので、プレゼントを考えるのも楽しい。

じぶんではまず使えないような、女の子全開なカワイイものを選んだりできるので。

わたしは、見知らぬ方に失礼があってはいけないので(?)このブログでは猫をかぶっていますが、実は編みものなどするのも意外と思われがちで、知人・友人の間では「おっさん」で通っているのです。

いちおう「わたしの中にはおっさんと少女が同居している」と言い張っているのですが。笑



今また、プレゼント用に、おっさんらしからぬかわいらしいミトンを編んでいるので、できあがったらのせようとおもいます。