Hatena::Groupamimono

手を動かしてこまこまと RSSフィード

2013-03-02ここのところの進捗状況(^^;) このエントリーを含むブックマーク

mini mochiで編んでいたTravelling woman。

一応編み上がったのですが、以前編んだスワロウテイルよりちょい小さいサイズに編み上がってしまい、急遽Mochi plusをつないでさらに大きくするため作業続行中です。

続きを読む

f:id:mimistrauss:20130302131421j:image

ちょっと浮気して。

f:id:mimistrauss:20130302131509j:image

このとんでもない色柄は東京アートセンターで購入。ジグザグ編みでCowlを編んでいます。さてどんな色の出方になるか楽しみなような、コワイような。パターンはZigzag cowl。Rのフリーパターンで見つけました。


そして、昨年トガらないぞと言っていたHari。まだ途中ですが、私でもちゃんとトガってきました。糸はパピーのミュルティコを使用。シマシマになりますが2玉在庫編み上がったらおしまいにしようと思います。

これはできあがったところで画像アップしようかと思います。




今年は、Shawl Clubに入りたくなり探してRのあちこち検索しました。

何とかできそうだなと思って入会したのが、Heroins Shawl Club2013。

毛糸屋さんのWooly Wonka Fibersの主催です。

この毛糸屋さんはRavelryにもグループがあります。

3ヶ月ごとに小説のヒロインをイメージして染めたショールヤーンが郵送で、パターンはPDFで一斉に登録メールに配信されるんです。

今回3月の第1回目はシャーロック・ホームズ作品に出てくるヒロイン「アイリーン・アドラー」。ボヘミアの醜聞での彼女のドレスをイメージしているらしいです。

珍しく、糸の方が早く届きました。オーストラリアより早く着いたようです。

f:id:mimistrauss:20130302125109j:image

f:id:mimistrauss:20130302125108j:image

同時開催のコースでアクセサリークラブっていうのもあって、そちらはアリスや赤毛のアンをイメージした靴下やミニショールのキットだそうです。

ショールクラブの方は、3ヶ月ごとに次回はアレクシア女史シリーズのアレクシア女史、デューン砂の惑星のチャニ、もう1つは私の知らない小説のヒロインをイメージしたものが届くことになっています。

で思ったのですが、この店主さんきっとチャーリーとチョコレート工場が好きなのねーって(^^)。

最近買った手芸本の中で、オチアイトクコさん(amirisuの主催者の方ですね)「おしゃれな世界のニットレシピ -英語パターンでたのしく編もう」

は、Ravelryで人気のデザイナー(あのイケメンニッターステファンさんも紹介されてます)さんたちの詳しいプロフィールが載っていたり、Rの詳しい使い方が日本語で解説されてたりで、知らないことがけっこうありました。Rは2年くらいかな使っているけれど、こんな使い方があったんだ?と目から鱗の一冊でした。これから役立ってくれそうです。ただし、パターン解説は殆どなかったですし、後ろの対談も意味がよくわからない会話とかありましたが。かなり読み手を選ぶ本だと思います。

それと糸。

Eden Cottage yarnからBlossomカラーのレース糸とSilky DK。

春らしい色でとてもきれいです。

yarnholicさんでも扱いがあったのでそちらで欲しかったのですが、気づいた時は受注会も在庫も売り切れ……。問い合わせに丁寧に答えてくださった店主の方には申し訳なかったのですが、Eden CottageさんのHPを見たら2かせ在庫ありだったので、非常手段で直に購入。

海外通販は到着に気をもむことが多いのでいつもお願いするお店以外は極力避けているのですが、今回はすごいてきぱきとやっていただき安心して待つことができました。

編みものとは関係ないですが、古町糀(ふるまちこうじ)製造所の甘糀があんまりかわいい瓶なのでぱちり。

Eden Cottageさんのブロッサム色2種類と。

f:id:mimistrauss:20130302130723j:image

f:id:mimistrauss:20130302130722j:image

麹は出店が松屋銀座のデパ地下にありました。あとは世田谷にあるようです。