Hatena::Groupamimono

手を動かしてこまこまと RSSフィード

2008-07-26

Bonsai Tunic 編み始めました

16:02 | Bonsai Tunic 編み始めました - 手を動かしてこまこまと を含むブックマーク

引っ越し直前ですが、1週間も編んでない生活に耐えられず(^^;)Bonsai編み始めました。

でもまだ○と\と/での編み記号に苦労しつつ身頃の裾の模様で悪戦苦闘中。3段くらい編んではやりなおしをもう4回もやっています。編み記号の意味自体は何をすればいいかはわかってるんですが、模様がちゃんと出てこないのです。ということは、ちゃんと理解してないってこと!?○は掛け目、/\は左または右2目一度のはず。でもですね、裾で2目一度の減目をするはずがないので、もしかして2目交差なのではないかしらという疑惑のもとに(そしてあちこちの編み終えた方の画像を拝見して)2目交差で編んでみたら、それらしき感じになりました。後は○の穴がきれいに出てくれればいいはず・・・・・!

考えてみたら、アラン模様は慣れてるけど、すかし編みのテクニックは本で見たことがあるだけでした。かぎ針ではやったことはありますが。

レース編みやショールを編み慣れている方であればすぐおわかりなあたりできっと躓いています。何とか裾部分の模様をマスターしてしまえば、すいすい進むと思うので、ゆっくり編んでいます。ゲージ確認だと思えば。


糸は最初、吉祥寺のきむらやさんでワゴンで投げ売り(笑)をやっていたZarina(ザリーナ)の数量限定色のペパーミントグリーンが7個ゲットできたので、それで編んでみたのですが、あまりの暑さ(ザリーナは一応秋冬糸なので)にめげまして、ちょうどかんざわさんで頼んでおいた「内藤 マノロ」のオーシャンブルー(?)のような綺麗な濃いめ水色が届いたので、そちらに鞍替え。ウエストのあたりは6か8号、それ以外は10号で編んでいます。マノロ、10号で編むのはぎりぎりOKみたいです。

きむらやさんでは、他にヨーロッパの手編み08秋冬号とNorahさんの最新号3号の表紙になっているジャケット

「Violette-le-duc」

用の糸を購入。イエーガーのマッチメーカーメリノ4Plyと日本製のゴールドの糸にちょうどゲージが合いそうな糸があったので購入。

吉祥寺ユザワヤで志田ひとみさんの秋冬のニット本を購入。この模様の美しさはためいきもの。編みたいけれど編めるかしらと思うくらい細かい模様です。地下1階の啓文堂書店から入ったのですが、なんだか警備がものものしいし、店員さんもピリピリしてるのでアレ?と思ってよくよく考えたら八王子の包丁殺人事件の書店って、同じ系列だったんですね。この書店は確か京王電鉄の本屋さんだから・・・・。

デジカメをうっかり段ボールに入れて封をしてしまったのと、携帯だと上手く色のきれいさが出ないので、しばらく写真はナシです。

でも7個ではちょい不安でしたので、三ツ葉屋さんでザリーナの限定色を3つ買い足してみました。ロットも同じ。行ってみたら、初めて女性の店員さんがいらっしゃいました。親切で気さくな方で、三ツ葉屋さん=入りにくくてちょいコワイ(スミマセン)の印象ががらっと変わりました。

すごく高いのだけれど、イタリアの糸でカシミアとシルクの素敵な冬糸がありました。お値段50グラムで2千円に限りなく近い。でも手触りがうっとりするほど素敵なのです。編みやすいんだそうです。悩むなあ。三ツ葉屋さんでもプライスの高さではベスト3に入るんじゃないかしら。

 引っ越し直前だし、まだ糸の在庫たくさんあるし・・・と思ってザリーナ3個だけで帰ってきました。我慢我慢。ザラのディープパープルの糸がセールになってましたけど。まだ数もありそうでしたけど!

ドイツ製のカラフルな秋冬糸や、このイタリア製のハイプライスな糸は新色が8月終わりくらいまでにたくさん入るんだそうです。覚悟を決めて入らないと入れない三ツ葉屋さんにまた来月行くことになりそうです。

 そしてこの10個のザリーナでペパーミントグリーンのSadieを編んでみようかと思案中です。

 この時期バーゲンと廃盤色安売りでついついよろめく自分も、このへんにして置かないと・・・・・・。引っ越しできなくなっちゃいますからー。それこそ、一番困ります。

世の中本以外は、バーゲン真っ最中ですけどね・・・・・。