Hatena::Groupamimono

羊女の編物語日記

2011-03-22

肝心のノロスカートのこと

08:07

昨日書きかけてアア、無情、に終わってしまった。

現在Bを本体に綴じ付け中。

まずEを編んで、ウエストバンドを目を拾って編み、その後はD、C、Bと編んでいる。私のことなので、綴じを後回しにすると永遠に完成しないことが予想されるので、パーツを編むごとに絹糸ですくい綴じをしている。Dは一目も狂わずに本体に綴じつけられたが、Cは何と2リピート分足りず、メリヤスはぎをほどいて、編み足すことになった。そこでBはだいたい編めたところで、メリヤスはぎをせずに綴じている。今回は引き返しをするのが二カ所あるので、まちがえている可能性が大である。本当に視力の低下、特に夜遅くなると大変ショボショボ。新しい眼鏡が欲しい。

ここから下はタタム、ができないので、余計なことなので読まないでください。


発売延期になったiPad2。こいつがあれば、青空文庫も読みながらあみものができるのに。4年になるmacbookちゃんのスクリーンがちかちかするので、いつまでもつかというところなので、多分こちらの買い替えになると思う。

ちなみに、青空文庫http://www.aozora.gr.jp/images/azbtn.gifに「ああ、無情」入っていますので、iPhoneとかにdlできるのでよかったらどうぞ。

青空文庫には著作権が切れた明治時代の本がいっぱい入っています。高校の時にFMの朗読の時間に聞いた「北越雪譜」もあります。なかなか本として探していても見つからなかったので感激でした。朗読の時間は言葉はやはり音声だ、と言うことを実感させてくれ、これを聞くことでや擬古文の理解が進んだ放送でした。今でもやっているのかしら。

私が原発のことを案じるのは、放射能の恐ろしさ以上に、身の回りに官という仕事に就いている家族をもつ友人が多いのと公の概念を教える立場にいるからである。Tさんなんて息子三人とも別々の官だもの。教科書に広島キノコ雲を掲載するかどうかで国論が二分した時代に子ども時代を過ごした人間なので、そういうことにふれることを避けたい気持ちは分かる。でも。考えるのは市民の義務だと思う。

昔、出身大学を知った人に「過激派だったん?」と言われたぐらい、どちらかといえば新左翼に近いはずだった私は年を取るにつれて新右翼に近づいていることに我ながらビックリする。

仕事として、原発の冷却にあたっている人々のことを美化するのではなく考えていたい。それが銃後のつとめだと思う。政府の失策、経済性優先の会社の隠蔽体質、付けを真っ先に払わされる人たちのことを考えていたい。

夫は国策で従軍し、その後遺症として発病し、手術をした。涙金の恩給申請を拒否する夫を支援する気持ちと危険な仕事に携わる人々のことを支援する気持ちは同根である。

osakofosakof2011/03/23 10:25おさこです。
「考えるのは市民の義務だと思う。」
同感です。
目をそむけてはいけない。そう思います。