Hatena::Groupamimono

羊女の編物語日記

2009-11-29

紫の上 途中経過2

| 20:40

変更点もいっぱい書いたのに、なぜか反映されていないので、再度書きます。

Lion Brand Yarn のCable Luxe Tunicを参考にしました。

変更点

1.ヨークの模様;左右逆転。よく読まないで適当に見てつくったから。後ろの模様は+2段;綴じたときに模様が完成するように。

2.ヨークの上下の拾い目;上は2段に1目、下は1段1目。指定は無視。丸ヨークの%減らし目法にそうやって拾った目数がちょうどあっている。

3.ヨークの上のガーター編み;指定では平に編むが、輪に編んだ。

4.ヨークから下;前後、左右の袖をそれぞれ平に編む指定をそれぞれ輪に編む。脇下に10目、ゴム編みを1本入れる。指定では裏編みの部分で増し目をしてフレアを着けるが普通に編む。

針;8号輪針60cm&40cm;袖は5本針に換えるか、addiの80cmを購入してマジックループ方式で編む。(予定)

f:id:lunachan335:20091129103733j:image

クリスマスプレゼントが届いています。

20:06

なゆたさんから先週クリスマスプレゼントが届きました。やっと仕事の一段落がついたので、報告する余裕ができました。スタイリストには絶対なれない私にはまねのできない素敵なラッピングでした。京都土産のハンカチに包まれてやってきたのです。左はが大好きな紅の野呂、始めて手に取りました。ネットでは色々見てきた野呂ですが、手に取るのは初めてだったのです。右はダイアナロンドン、灰色に所々に赤と水色が入っています。最後はなゆたさんの手紡ぎ糸、イングリッシュレスターという巻き毛の糸です。モヘアかなと思うぐらい糸が長くて何に使おうか、楽しみです。なゆたさん、どうもありがとう。大切に使います。企画してくださった(め)さんありがとうございました。

f:id:lunachan335:20091129104132j:image

f:id:lunachan335:20091129104307j:image

gleannorachgleannorach2009/12/01 15:45gleannです。ミサゴさんちゃくちゃくとすすんでいますね。言いだしっぺですが、ぜんぜん手をつけられていません(^^;) 胴体もこれくらいのリブだとウエストシェイプの必要なさそうですね。
ミサゴさんがインナーにしたから、わたしはアウターにしようかなぁ・・・(shrugとか?)
ちなみに今日むすこの防寒着(年間通して制服オンリーの高校生ーあとは部活のジャージのみ)はいざ受験(センターは自校が試験会場なので制服です)となると、私服がいります。静岡は温暖なので、東京とかへ受験しに行く場合防寒着をあらたに購入する必要があります)を買いに言ったのですが、この色ライラックとなってました(紫はもう1色あってそちらはパープル)などほど~でした。ムラサキシキブったって若い人にはわかりませんよねぇ

chimu2chimu22009/12/02 11:37きれいな色ですね~topdown & seamless好きにはたまりません。完成が楽しみです!

lunachan335lunachan3352009/12/03 13:00gleannさん、在庫整理をしないと堅く誓ったので、これだけでも使い切りたいです。色名ですが、確かにライラックの濃いめですね。昔虹色の童話集というのが小学校の図書室にあって、ライラック色の童話集というのもあり、そこでライラックは見たことがなかったけれども色名を覚えたと思います。本当に静岡は温暖な県ですね。三重も海岸部はそうです。
チムチムさん、ありがとうございます。年齢を考えると、あまり広い範囲がこの色だとダメなので、小さめにつくります。

gleannorachgleannorach2009/12/06 11:14わたしは『ライラック』という名前を『赤毛のアン』でおぼえました。末娘のリラの名前が育ての親のマリラとライラック(リラともいう)に由来していたんじゃないですかねぇ
庭に植えてみたのですが、土地にあわずに枯らしてしまいました。いずれまた挑戦してみようかとおもっています(ここはハナミズキも育ちにくいんだそうです)

2009-11-19

もうすぐ師走です。

21:37

走って何とかなるものなら走りたいですが、座ってキーボードに向かう日々がやってきました。あみものもお預けです。資料を集めるといいながら、Rで検索してしまいます。

boyon13boyon132009/11/25 13:11buyonです。ReversibleCableCardiganにコメント頂きありがとうございました。
コートを着る季節になったので、とても重宝してますよ。コートを着る時、袖がどうもごろついて外出すると肩が凝る!なんて毎年愚痴っていましたが、このフレンチ袖のカーディガンは襟もたっぷりしていて楽です!ぜひ編んでいただきたいオススメのデザインです。Top-downなのであれよあれよと言う間に編めちゃいます。
さて、英国内の郵便のスト、どうやら私も被害者のようです…11月10日注文の分がまだ届きません。ようやく扱っているお店を見つけて注文しただけに、どうなることかとヒヤヒヤしてます。あんまりかかるならキャンセルした方が良いのかも…でも…と行きつ戻りつ
もう少し待ってみることにしてます。
Rでは次の作品候補見つかりましたか?楽しみにしてますね^^

boyon13boyon132009/11/27 10:29度々、失礼します!
私の日記のコメントに「これは、Knittyに載っていた分ですよね。~」とお問い合わせありましたが、ReversibleCableCardiganは“INTERWEAVE KNITS FALL2009”に掲載されています。参考までお知らせしました^^

2009-11-16

毛糸のサンプル 誘惑

14:46

Black Water Abbey Yarnからサンプルが届きました。手作りの糸サンプルで無料です。J&Sの糸のような手触りでaran weightです。aran用としては細めでガーンジーにもつかえる糸です。フィシャーマンズセーターを編むつもりでJ&Sから買おうとしていたのですが、アメリカからは送料が高いですが、郵便局がストをしているわけではないしこちらで購入検討中です。

Gのみなさまでもイギリスからの郵便の遅れにいらいらされている方もおられるようです。私は9月末にイギリスから注文した中古の本が未だに到着していません。発送から50日目に返金してもらいましたが。

http://www.abbeyyarns.com/fork-in-the-road.html

f:id:lunachan335:20091115154829j:image

Dikt i maskerより。北欧のセーター 過去作品

| 14:06

http://www.ull.no/display.aspx?menuid=01&prodid=637

f:id:lunachan335:20091115155114j:image

週末はいい天気だったのでセーターを洗濯しました。洗濯機で数回まわしてしっかり脱水、庭に出した合板の上にバスタオルをひいてセーターを整形し乾燥させました。このセーターは2年ほど前に完成しましたが数回しか着なかったので虫食いが心配でしたが大丈夫でした。別に編んで、縫いつけてある、前立てと襟と本体との継ぎ目にベルベットのりぼんを縫いつけるのですが、つけずに着てしまったのです。北欧のセーターは袖口の場合スティークを細長いU字型にミシンをかけて、その間を切ります。襟開きは襟ぐりがないがごときに編んで、好きなカーブにミシンをかけてその内側7mmのところを切ります。フェアアイルのように特別な編み方などをしなくてきわめてアバウトです。↓の写真は縫い代を完成袖山線にさらに編み足した部分でくるんだところです。裾と袖口は裏編み1段を折り返し線としてゴム編み部分が裏側に折り返されています。

糸;Hifaの2ply

針;模様編みの部分は3号、一色の部分は2号、ゴム編み部分は1号です。本体は80cm、袖はできるところまで40cm輪針。残りは12cm位のdp竹針の1〜3号を使いました。30年以上前のものです。当時は色々な長さの細いボウバリガ

namake1namake12009/11/16 15:52ナマケです、こんにちは。△のシェードカードとってもかわいいです^^早速、見本帳私も要求してしまいました。耳寄りな情報ありがとうございます!(アイルランドの毛糸なんでしょうか?)

lunachan335lunachan3352009/11/16 16:04アイルランドの工場に特別に作ってもらっているそうで、卸売りとかをせずに、ここのお店でしか買えないケイトだそうです。普通のアラン用より細めにつくってあるのは、暖房の効いた現代の生活環境でもアランセーターが着られるようにしたそうです。

happybunny09happybunny092009/11/28 08:41初めまして。ネットをさすらっているうちに到着しました。Abbey Yarnsの糸でちょっと気になったので…。
この糸は、アイルランドのCushendale Woolen Millsのものです(会社のサイトは http://www.cushendale.ie )。色がきれいだし糸に弾力があるので、大好きな会社です。この糸はDKですが、他に4plyとブークレ・モヘアの糸も出ています。という訳で、Abbey Yarnsさんの言い分はちょっと誇大気味のようですね (^_^;)。北米ではAbbey Yarnsからしか買えないのかもしれないけれど、アイルランドにはここの糸を扱っているお店(実店舗&ウェブショップ)もあるし、この会社にメールして直買いすることも可能です。

lunachan335lunachan3352009/11/28 18:13happybunnysさんへ、
本家のアドレス、ありがとうございます。アメリカは羊毛に関税をかけるので、かなりお高いです。AYはKnitting Traditionというベスさんのサイトから知ったのですが、http://www.iriss.co.ukとかhttp://www.guernseywool.co.ukとかから買おうと思っていたのですが、後者の方はガンジーの糸しかないし、何よりも郵便ストが気になっていたので、安全を取ってアメリカから買おうかなと思案しているところなのです。見本からすると、J&Sより色が豊富だし、アイルランドからならストも関係ないですよね。重ねてありがとうございます。

happybunny09(HB)happybunny09(HB)2009/11/28 21:04返信ありがとうございます。(うっかりしてほとんど使っていないはてなのIDで投稿してしまいました。普段はHBという名前でうろちょろしております。)
件の糸は、The Yarn Room ( http://www.theyarnroom.com )というショップから簡単に買えます。たぶん全色はおいていないと思うのですが、シェードカードの色名を言って、取り寄せてもらうことも可能だと思います。あと、The Yarn Roomからは他のアイルランドの会社の糸もいろいろ買う事ができます。…と書いていると回し者みたいですが (^_^;)、対応の良いお店なので、お薦めです。

namake1namake12009/11/28 22:22ナマケです、こんばんは。みさごさん、HBさん、私もこの毛糸を購入しようかと思っていたところでしたので、大変貴重な情報を教えて頂きありがとうございました。一言お礼を言いたくて出てきました。

M-and-MM-and-M2009/12/06 10:34実は、私もこのサンプル持ってます。色が何とも言えなくきれいで、一枚編みたいと毎年秋にそわそわし始めますが、結局今のところ、まだ手に入れてません。また来年かな?

北欧のセーターあこがれてます。Solveig Hisdalさんの本にでてますが、これまた、眺めているのみ。フェアアイルもここのところ暫らくご無沙汰です。 がん張らなくては!!

lunachan335lunachan3352009/12/07 11:59MandMさん、アイルランドから直接買った方が安いそうですよ。ただ、このお店が sole agencyを取っていたら編めるか国内ではダメでしょうけど。私は在庫を減らさないと買わない決意をしているので、ただいま夫の叔父さん用のベストを編んでいます。

2009-11-09

Peacock Tail and Leaf Scarf

| 20:42

f:id:lunachan335:20091109114550j:image

いつまでもバッグの中に入ったきりのレース。月影さんと同様の理由で選んだこのスカーフ。夏に編み始めてからほとんど進んでいない。この糸はピエロさんの織物用の糸。つるつるで、アルパカのようできれいな糸なのだが、滑りがよすぎて棒針にするとふと抜けてしまう。7回巻きのネップがネックで室内で編むと裏編みの時に一巻きぐらい落としてしまう。ニットアウトしている時間もなく、昼の明かりで編めるのは通行止めにぶつかったときぐらい。国道169号線は年中どこかで通行止めをしている。そのとき数段編むしかやってこなかったので未だ完成していない。いっそうのこと月影さんの言われたように潔くフロッグするべきか。↓を探しているとき、

↓Peacock Lace Scarfを見つけた。これならネップはないけれども真っ赤な色ではちょっといただけない。

紫の上 試作パーツ

| 20:04

f:id:lunachan335:20091109114419j:image

gleannさんに教えてもらって、洗濯をすると確かによみがえった紫式部。フェアアイルに疲れたとき試し編みしたヨークの部分。なぜかもっていたアメリカサイズのサイズ7(4.5mm)。7号では太いはずである。指定サイズ8(5mm)。

ライオンブランドのCable Luxe Tunic.の袖と本体にフレアをつけない形にする。

ヨークができたら本体を編みおろし、また襟ぐりを編み上げるというもの。幅は図によると4.5インチであるが4インチぐらいしかない。とりあえず指定の長さまで編むことにする。

フェアアイルのカーディガン 経過報告3

| 19:40

f:id:lunachan335:20091109114111j:imageスティークをまだ切っていない袖つけ位置

f:id:lunachan335:20091109114224j:image前立てと襟のスティークを切り、まず襟ぐりを編んで、前立てのボタンホールのある側を完成。もう片方の前立てを編むために拾い目をしたところ。↓は前立ての裏から見たところ。あとでスティークを切りそろえ、本体に綴じつける。

f:id:lunachan335:20091109114301j:imageできあがっている方の袖。指定の段数では短かったので太い模様15段を追加。本来なら本体と袖の模様がマッチしていた。

f:id:lunachan335:20091109114314j:image

f:id:lunachan335:20091109114338j:imageできあがっている袖口を裏側から見たところ。スティークはあとで本体に綴じつける。

模様のチャートの色が微妙に違う色合いで、室内で見ると違いがほとんどわからない。それ故、本体裾のリブ編みの色を間違えた。襟ぐりのリブ編みは最近やったので、裾のリブ編みで間違えていることを忘れていて、本通りの色で編んだ。前立てを編む頃にはそれも忘れて、裾のリブ編みと同様の間違いをした。昨日袖のリブ編みを仕上げるときには襟ぐりと同じ、つまり指定色で編めた。本当ならリブ編みの色は全部同じになるはずだったのだ。襟ぐりと袖口、前立てと裾がそれぞれ同じなので良しとする。視力と記憶力の衰え、恐るべし。

plus_weaveplus_weave2009/11/10 22:55こんにちは。プラス・ウィーブです。お問い合わせ頂いた糸の件で、写真とコメントを追加しています。いかがしましょうか?決して急かす訳ではないのですが、一度ご連絡下さい。