Hatena::Groupamimono

羊女の編物語日記

2009-05-03

フェアアイル第二弾

| 20:39

トップダウンのセーター、かなり退屈です。退屈すぎて増し目を忘れてしまい針を抜いて編み直すのですが。この増し目というのが二本の編み物本ではこの年になるまでお目にかかったことのないkf&bという代物。一つの鎖の右側に表から、左側に裏から編むのです。穴が開かなくてよいのだけど、編み忘れたからといって無理をすることができません。おまけに引きそろえ糸で編んでいるので細い糸を一本落としていることにあとから気づいても修正が大変です。特に増し目で糸を落としていることに気づいた場合なんか。

というわけで一月前に届いていたフェアアイルのカーディガンを編み始めることにしました。トップダウンに退屈したら一段編むことにしています。

f:id:lunachan335:20090503190736j:image

f:id:lunachan335:20090503190856j:image

トップダウンのベーシックセーター

| 20:22

ベビーセーターのボタンはまだつけていないのだが首から編み始めて脇まで編んでという綴じはぎなしに感激してCustom Knitsに載っている基本のトップダウンを編むことにした。糸はヤフオクで引きそろえ糸とボタンを販売されているruriruru05さんの糸。細い糸が5本引きそろえてある。フェアアイルと同じ3.25mmでちょうどいい感じ。段染めのブークレが一本混じっているのでメリヤス編みが素直に美しい。Custom Knitsによると、前身頃用に2目、首幅の1/3を袖の分、後ろ身頃用に首幅、首幅の1/3、前身頃用に2目これだけを輪針に作り目し、ラグラン線の両側で二目ずつx4を表編みの時に増やし目。前身頃は前身頃の幅になるまで最初の2目の間で増し目をする。つまりのど元までは二段ごとに10目増やしていく。この調子で脇まで編んだら袖の分を別糸にとっておき胴体を編み、あとで袖を編むというわけである。襟ぐりを気にしなければベビーセーターと同様にゴム編みから始めてもよかった。

f:id:lunachan335:20090503190613j:image

f:id:lunachan335:20090503190403j:image

f:id:lunachan335:20090503190326j:image