Hatena::Groupamimono

眠れないひつじの夜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-12-30編みかけがたくさんあるのにちっとも進まない~~

[] [ひつじ組]  #11 先ッぽから編むミトン-ひつじ組26番 15:37  [ひつじ組]  #11 先ッぽから編むミトン-ひつじ組26番 - 眠れないひつじの夜 を含むブックマーク

年内に編みあがっていたものがもう一個あります。

ご存知、てっぺんから編むシリーズ(あったのかそんなの?)のミトン

ソックヤーンがチビッと残っていたので、色のある部分を先っぽにもって行きたかったわけです。


f:id:hitujinoyoru:20141230141522j:image:w300



ミトンは普段あまり使わないので(買ってきたグローブ:皮製が多い)作ることも少ないのですが、脳内に「ミトンのできあがり」が見えてしまったので仕方ない。編むことにしました。

自分の手にはめながら作っていったのでやや細めの小さめです。

人にあげた時に脱げてこないように、手首のカフは長め引き締め気味にしました。

カフのChart

f:id:hitujinoyoru:20141230142611j:image   6目4段ひともよう


3目の縄編みで右上2目交差です、縄がもこっとします。


以下、recipe


1.JMCで8目BOいやCO,1段目kで1周(奇数段はkで1周)(8)

2.2段目は全目KFB(16)

3.4段目、kfb、kのくりかえし(24)

4.6段目、kfb、k2のくりかえし(32)

5.8段目、kfb、k3のくりかえし(40)

6.10段目、kfb、k4のくりかえし(48)

7.11段目から43段目まで(親指の付け根まで~指の長さによるが30~35段くらい)kでぐるぐる平編みする

8.44段目、編み初めでml1(49)

9.~50段目までChartどおりに親指のマチを入れる(55)

f:id:hitujinoyoru:20141230145406j:image

f:id:hitujinoyoru:20141231210147j:image:w300 f:id:hitujinoyoru:20141230154135j:image:w200


ピンクで色付けした部分ですよ

10.51段目、kで1周したらマチの7目は別糸にとって休める

11.52段目、休めた部分に、捨て糸で鎖編みをして鎖の裏を拾って10目つくり目(59)

11.kで1周

12.53段目から、kで10段編む

13.準備段、編み初めと中ほどでmr1して全体を60目にする

14.カフのChartにしたがって45段編んで伏せ止め。

15.休めていた目+作った目 から15目拾って(作った目をマチの端の目に重ねると穴が開きにくいかな)24段

17.k、k2togをくりかえして減目(10目)

18.kで1周

19.しぼる(奇数目と偶数目に分けて糸を2周させてしぼるときれい

20.おつかれさま、手は冷やさずに来年も編もうね




f:id:hitujinoyoru:20141219160843j:image:w200  f:id:hitujinoyoru:20141219160815j:image:w200



#11 先っぽから編むミトン

  • デザイン ごっとらんど
  • 使用糸 Opal Uni Solid 4 ply by Zwerger Garn Fingering / 4 ply 75% Wool, 25% Nylon 425 meters / 100 grams

      Opal Hundertwasser by Zwerger Garn Fingering / 4 ply 75% Wool, 25% Nylon 425 meters / 100 grams

  • 使用針 US1
  • 使用量  Uni Solid 35g Hundertwasser15g

mafumafumafumafu 2015/01/01 07:03 わーい、レシピをありがとう。どうも親指部分が不安だったからこの通り編んでみるね。で、突っ込んでいい?いきなり8目バインドオフしちゃ編めないよぉ〜キャストオンのタイプミスだね?(笑)

hitujinoyoruhitujinoyoru 2015/01/01 11:57 >mafumafuさん
どーもどーも、いつもお世話になります。
BOの件は修正しました、いきなりBOは斬新だったが無理なものがあったね、あはー。

親指も先っぽから編んでもいいですよー、COは4か6かな。7目メリヤスはぎして全体を編み進めればOKです。

ゲスト



トラックバック - http://amimono.g.hatena.ne.jp/hitujinoyoru/20141230