Hatena::Groupamimono

とにかくやってみよう

2008/10/27

黄色と紫・・・

モッケモケやぞ

先日衝動買いした黄色のファーヤーンで、メビウスショール的なものを編みました。黄色グラデーションの段染めを2本取りにして編んだところ、よく卵を混ぜていない「いり卵」のような按配に。2本取りで、1目ゴム編みで長方形に編み、よきところで編み始めと編み終わり同士をメビウスの輪になるように接続してあります。これで6玉消費したんだけど、あと4玉・・・微妙な残り具合だなあ。

f:id:binaemon:20081027115747j:image:w150



フラミンゴ

小さい頃、遠足や家族でのドライブで動物園に行った時、どの動物が好きだったかって言ったら、それは「フラミンゴ」でした。キリンやゾウやライオンやシマウマやシロクマも好きだったけど、フラミンゴがナンバーワンです。不思議な色、鳥とは思えないくらいでかさ(当社比)、そしてなんといっても子ども心に不思議だったのは、1本足で立ってるところ。うむ~。群れで何となく動いてる姿もなにしろ摩訶不思議で、本当に好きでしたよ。


そんな名前のついた短い丈のボレロみたいなものを編もうと思ってスワッチを作っております。・・・・しかし、ピンクで編まなきゃフラミンゴという名に偽りありじゃないのか、これ?



パターンはこちらからです。

Runway Knits: 30 Fashion-Forward Designs

Runway Knits: 30 Fashion-Forward Designs



気になる糸、第2弾。


ベルクリ手編み毛糸、「ロンシャン・ウルグアイ・シルクモヘア」

  • 毛60 %・シルク20%・キッドモヘア20%
  • 40g玉巻/約96m
  • 標準ゲージは棒針7号で20目/27段

確か、同メーカーでウルグアイウールってやつがあって、それのさわり心地もかなり良いです。ダイヤのタスマニアンメリノよりもちょっとハリがある感じだったかな、でも滑らかな表面という感じで。それにシルクとキッドモヘアが20%ずつ混ざっており、軽くて滑らかで暖かそうな糸。編地見本というか、これで編んだベストが展示してありましたが、モヘアの毛足はわずかに見られる程度で、チクチク苦手でもこれならイケルかも?と期待させる何かがありました。色展開が微妙に昔風な気がするけれど、使い勝手の良さそうな太さだし、お値段もまあまあ・・・いやこれも高いけど・・・カシミヤよりは、ね。

これを使ったマフラーなんかをプレゼントにもらったら「愛されてる」と思えるような手触りだし(意味不明だが汲み取ってください/笑)、糸自体に光沢があって素直な感じの表面なので、たぶんアラン模様がすごくきれいにでると思います。つまり、愛情2割増、腕前2割増。クリスマスプレゼントで鯛を釣ろうという方には、絶対的にお勧めできる糸だと思いますが、いかがでしょうか(笑)