Hatena::Groupamimono

ラプンツェルは天竺をめざす このページをアンテナに追加 RSSフィード

09/02/10(火)ハートを狙い撃ち

[] ショールピン「クピドの矢」 はてなブックマーク -  ショールピン「クピドの矢」 - ラプンツェルは天竺をめざす

Rでショールをチェックしていた時、針金細工のようなショールピンを目にし、「これなら自分でもできそうだ」と早速作ってみた。

f:id:yasuw0:20090209225844j:image

f:id:yasuw0:20090209225843j:image

オレのハート期間中なので、あえてハート型に。番外編と思ってくだされ。

一筆書きでできるものだったら何でもモチーフにできるんじゃなかろうか。

ナスカの地上絵のハチドリとか・・・。


[] 定期戦 はてなブックマーク -  定期戦 - ラプンツェルは天竺をめざす


母とケンカした。

割とよくあることだ。

母は感情派、私は理論(理屈?)派なので一度戦端が開かれるとなかなか決着がつかない。

母「なんでお前はそういうことをするんだ!」

私「え、じゃあ何?この状態でどうすれば良かったわけ?」

母「まだひとりいるんだから、それを全部入れることないだろうって言ってるの!」

私「そう思ってるんなら、どうしてつかんだ時点で言わなかったの?どうして入れるまで待って言ったわけ?」

母「もう!どうしてお前はそう人の注意を素直に聞かないんだ!」

私「え、言われたことは例えそれが理不尽であっても『はい』って言わなきゃいけないの?私はおかしいと思ったから素直にそう申し上げているんですけど」

母「あ~!なんでこう面白くない思いばっかりしなきゃいけないんだろう、いつもいつも!」

私「いつもって何。今の話じゃないわけ?それ、八つ当たりじゃん。大体ね、些細なことに目くじら立ててぎゃあぎゃあ騒ぎ過ぎなんだよ!」

母「ぎゃあぎゃあって何?私がいつそんなに騒いだ?」

私「いつもだよ!」

どっちも感情的になったところで他の家族が割って入り、終息。

ケンカの原因?

鍋に具を入れるタイミングですよ。

attiatti2009/02/10 19:47ふふふ。鍋将軍二人ってわけですね。
ダンナの口癖「大将は二人要らないんだから 大将の言うことを必ず聞くのが仕事っていうもんだ!」をおもいだした。
私もなかなかゆずれない人間なんです。

natsu-no-kujiranatsu-no-kujira2009/02/10 20:22くじらです。ハートdeショールピン!ナイスアイデアですね~。一筆書=ナスカの地上絵に辿り着くヤスヲさんが好きです(ハート)

mikocelestemikoceleste2009/02/10 23:16みーこです。ショールピンのハート形とネーミングにやられました。さすがヤスヲ様。あの矢でハートを打ち抜かれて恋に落ちるんですね!

mimistraussmimistrauss2009/02/10 23:28みおです。わはは、仲良いんですねー。ピンもステキ♪

うちは鍋奉行は、作り手に譲って私はひたすらコンロ運ぶ係とか食べる係とかでおとなしくしてます。作る人には勝てませんものー(><)。おとなしくおいしくいただく=負けるが勝ちです(^^;)。

amuamu-mocchanamuamu-mocchan2009/02/11 10:38ショールピン、欲しいんですよねぇ:-D
でもその前に素敵ショールが必要なんですねぇ(笑)
鍋!何が原因かと思ったら鍋!笑ってしまった。
私は面倒なので、実家に帰ったら鍋奉行は母に任せております。でも肉だけはマイペースで入れてしゃぶしゃぶしているのだ。なんともワガママですな。でも実家に帰った時くらいお奉行さんはやりたくないの。フフフ・・・。

sanananasananana2009/02/11 15:02おお、ステキなショールピンができましたね♪私のところにもこれがあったらいいのにな~(笑)鍋奉行様が二人いるということの難しさが、ひしひしと感じられました。うちは私の独断と偏見でコトが進みます。文句があるなら、代わりにやってよっていう具合で。

saomingsaomingsaomingsaoming2009/02/12 23:36このステキなショールピンに小さき胸をブチ抜かれてしまいました。カワイイっす。

yasuw0yasuw02009/02/13 22:25attiさん:私も母も全く譲れないタチなんですよね。事あるごとに衝突してます(笑)。確かに親子だな・・・。

くじらさん:やっぱり、この期間中はハートでしょう!まだまだ改良の余地がありますし、材料もたっぷりありますから、せっせと作ってみます。そしていつかきっとナスカの地上絵を!

みーこさん:ふふふ。早速、矢の効果があらわれましたな。私も罪な女だ・・・。

みおさん:うちの母はやらないと怒るんですよ。でも、やっても、指示通りでないとまた怒るんですよ。この面倒くささは何とかならないものなのか・・・。

モッチャンさん:手作り針の時と同じく量産体制に入りつつありますよ、私。そのうちば~っとプレゼント企画でもやってみようかな。貰い手あるかな? ああ、肉!鍋の具で他のものは譲れても(譲らないけど)肉だけは絶対に入れるタイミングを譲れませんな!

sanananaさん:おお、意外に人気がある?やっぱりいずれプレゼント企画でもやってみましょうかね? 鍋奉行がひとりなのはうらやましいっす。この時期、我が家は鍋が多いので、ケンカも頻繁ですよ。いいカロリー消費にはなりますがね(笑)

さおみんさん:ふふふ、それゆえに「クピドの矢」!それが恋ってやつですよ(笑)。