Hatena::Groupamimono

月影日記

2011-01-26

最近の『毛糸だま』

23:01

昨年冬号当たりからの『毛糸だま』の変化には正直言って舌を巻いている。編み物を始めた5、6年前くらいからずっと購読しているのだが、単なる編み物カタログを越えて、編み物雑誌として読めるように進化を遂げたように感じる。

まず表紙の写真からして違う。中身の写真は更に違う。これまでモデルさんがヌボーっと立って作品をただ大きく見せるだけだったのに対し、動きを感じさせるポーズを取り入れている。さらに、少し引いたアングルで撮っているで自然とバックが写り込むのだが、そこに置かれる小物達にも細心の注意が払われている。全体的にカントリー調の雰囲気にまとめられているような気がするが、それは好みが分かれるところであろう。個人的には好きですけど。

また、内容的にはデザイナーさん達を大事にする姿勢が見て取れる。彼らの編み物に対する想いなどが紹介されていて、それだけでも好感が持てる。海外のニットデザイナー達が個人名を強く主張できているのに比して、日本のデザイナーはごく一部の人々を除いて出版社に取り込まれて没個性化させられてしまっているな、と考えていたので、これは間違いなく良い傾向だと思う。インターネットの普及と共にどの分野においても才能ある個人が頭角を現してくるのは自然な流れだし、いつまでも出版社(もしくはスポンサーである企業)主導の体勢は続かない。今回の『毛糸だま』の変革を、来るべきデザイナーと出版社の相互関係の先取りと見るのは早計だろうか。

変化を好む人もいれば、安定を望む人もいる。万人にとっての正解は無い。ただ、今回の改革は時代の変化を取り入れた自然な流れだったのだと思う。非常に長い歴史を持つ編み物は、技術的には既に飽和してしまっているのかも知れないけれど、まだこうやって少しずつでも変化して行く可能性を残していると考えると、意外とまだまだ行けるのかも知れない。

fumiko1955fumiko19552011/01/28 09:52はじめまして、ふみこです。
毛糸だまの本でこれだけ熱く語れるなんて、すごい!!
いろんな業界っていったいどこを向いているんだろうと思います。特に編物に関しては、いろんな協会がありますが、誰をターゲットにしているのかな??と思います。作品作りにしても、編物をする年齢層と、発表している作品の年齢層のギャップを感じます。技術を追求するのか、デザイン性なのか、ファッションなのかよくわからない時があります。
時代を超えて着られるもの、編みたいと思っています。

tsukikage_cloudtsukikage_cloud2011/01/30 21:44ふみこさん
初めまして、こんばんは。
確かに編み物に限らず、対象が絞られていないまま複数の団体が乱立してしまうことってありますよね。編み物はその傾向が強い気がします。これからはどこにも所属しない個人が活躍すると共に、その人達が繋がっていくことで編み物の世界が展開していくと思うのですよ。このあみものグループがその先駆けとなるのでは、と少し期待しています。

ShomeiShomei2011/01/31 15:15はじめまして、ショウメイと申します。
私は今はアメリカに住んでいるのですが、
日本に住んでいた時(編み物にハマっていた頃)は
「毛糸だま」をよく購入して、隅々まで読んでいました。
(もう15年ほど前になりますが)
当時は、月影さんが書かれている、現在の毛糸だまのように
編み物のカタログを超えた色んな記事が面白かったと記憶してます。
最近のは全く知らなかったんですけど、才能あるデザイナーが
前面に出てきたり、イメージを大切にするというのは
読者にとっても楽しいし、いいことですよね。
日本の編み物業界(編み物に限らず、クラフト全般)、外から見ても
とても洗練されていると私は思っていますし・・・。
今度、帰省したら、本屋に直行、毛糸だまを手にとってみたいと思います。
興味深い記事、ありがとうございました~!
(長々とすみません><)

ShomeiShomei2011/01/31 15:15はじめまして、ショウメイと申します。
私は今はアメリカに住んでいるのですが、
日本に住んでいた時(編み物にハマっていた頃)は
「毛糸だま」をよく購入して、隅々まで読んでいました。
(もう15年ほど前になりますが)
当時は、月影さんが書かれている、現在の毛糸だまのように
編み物のカタログを超えた色んな記事が面白かったと記憶してます。
最近のは全く知らなかったんですけど、才能あるデザイナーが
前面に出てきたり、イメージを大切にするというのは
読者にとっても楽しいし、いいことですよね。
日本の編み物業界(編み物に限らず、クラフト全般)、外から見ても
とても洗練されていると私は思っていますし・・・。
今度、帰省したら、本屋に直行、毛糸だまを手にとってみたいと思います。
興味深い記事、ありがとうございました~!
(長々とすみません><)

tsukikage_cloudtsukikage_cloud2011/02/03 20:07ショウメイさん
初めまして、こんばんは。
私の編み物友達の話では、昔の『毛糸だま』はかなりレアかつ難しい技法が紹介されるなど、マニア向けだったと聞きます。本当かな?私が購読し始めた頃にはかなり一般レベルになっていたように思います。しかし、編み物を始めたばかりの私にとっては、「毛糸だまの作品を編めるようになる」のを目標に掲げるほどハイレベルな雑誌だと感じていたのを懐かしく思い出します。
話が逸れましたね。
いまの『毛糸だま』、間違いなく楽しめます!私は日本ヴォーグ社と利害関係はありませんnので、純粋にお勧めしているだけです。一見の価値はあります。

mimistraussmimistrauss2011/02/11 11:51みおです、こんにちは。

毛糸だま、昨年から買ってます。編集長の方が交代するとこんなに違うものなの?と思いますね。特に冬特大号と最新号のかぎ針特集号は即買いでした。かぎ針は今はほとんどしないのですけど、思わずほしいと思ったキツネの編みぐるみがあったりしたので。IKとVogueの間くらいな感じがします。出るのが楽しみな雑誌の1つになってます。
メリヤス砂漠横断、お互いがんばりましょうね(^^)。

tsukikage_cloudtsukikage_cloud2011/02/13 19:53みおさん
こんばんは。
みおさんも毛糸だまの変化に気付かれていましたか。私も次の号が今から楽しみです。
私のメリヤス砂漠横断は、未だ後ろ身頃の中程です。前身頃もあるのか〜と思うとへこたれそうですが、頑張ります。

カウンター
254893
カレンダー
<< 2011/01 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー
<< 2019/09 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク集