Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-24(Wed)

[]染めてはみたものの… 22:36 染めてはみたものの… - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

biwa3

ビワを2時間煮出しして、赤系の染料が出たはずだったんだけれど、染める前の羊毛の精錬(脂分をしっかり落とす)が不十分だったのか、色はあんまり濃く入っていきませんでした。手前が銅媒染 奥がアルミ媒染。もうちょっと色がついてくれたらうれしいのにな~。脂分をきちんと落としていなかったのがうまくいかなかった原因かと。紡いで糸にしてみた。なんだか肌色の毛糸になっちゃった。

biwa4

CoutureCouture2007/10/25 15:34teaさん、こんにちは♪
脂分の落とし方が甘いと、上手く染色できないのですね~。私のPCでは確かに肌色なんですけど、ピーチがかってとても可愛い色に見えますよ^^。
カードがけはあまり上手にできないので、私の今冬の課題でもあります…(苦笑)。teaさんの糸は画像からもふわふわ感が伝わってくるので、本当に一度手に取ってみたいと思っていますし、teaさんがカーダーを使っている姿を拝みたいとも思っています(^^;)。

teaangeteaange2007/10/28 22:05◆Coutureさん
化学染めだと、思った色に仕上がることが多いのですが、草木染はなかなか難しいですね。2度と同じ色が出ないっていうのが面白みのひとつかもしれません。
カードがけ、うまくやるコツは欲張ってたくさん乗せないってことでしょうね。え?このくらい少ないのっていうくらいだときれいに出来ますよ。カードがけやっているところ、うまく伝えるようにできたらいいんですけれどね~。実演を見るのが一番早いんですもの。

2007-10-23(Tue)

[]ひろいもの 17:36 ひろいもの - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

biwa

お習字の先生宅(日舞のお師匠さん)へ、半紙をいただきに行く途中で、団地の一角で剪定をしていた。みると、びわ!欲しくてもなかなか採集できなかったりなんだけれど、こういうときはちょっと声をかけると、もらえるので、ちゃっかりいただいてきちゃった。盛夏じゃないので、どのくらいまで染料がとれるかわからないのだけれど、このくらいあったらちょっとは染められるんじゃないかな~。染料の煮出しをかなり長い時間すると、黄色じゃなくて赤が出てくるらしいので、今度はがんばってビワ色を染めたいな~。また楽しみが増えた~~~。

yuu-kouyuu-kou2007/10/23 21:55エストニアスパイラル、面倒くさがりの私なら、白のまま放置してたと思いますが、やはり、生成り、ばっちりですね~!
それに、この可愛い木枠、すごいアイディア!洗濯バサミでなく、木製ピンチであるところがミソ!ですね。

teaangeteaange2007/10/23 22:35色なじみって、本当にありますね。きっと草木染の色糸だから、白より生成りがしっくりきたんだと思います。化学染めのもっとはっきりした色だったら白でもよかったんでしょうね。ふくさんのところでみたかわいい木枠、どんぴしゃだったんです。丈が短いので、普通の鍋で蒸すことができるのがとっても便利です。幅も中央の板の長さを変えれば、大きくもなるし、小さくもなりますしね。(でも出来るだけ大きな枠で糸を巻くほうが糸にとってはいいそうです)

funfunfungifunfunfungi2007/10/24 12:30teaさん
木枠さっそく作られたのですね。
アイスのバーというところがナイスです!
アイスキャンディーこれを口実に買おうかしら?
金属部分は錆が出てたので私ははずしちゃいました。そこだけ気をつけてくださいね。
エストニアスパイラルの色あわせも素敵です。去年編みましたが、また編みたくなりました(^^)

teaangeteaange2007/10/24 13:31◆ふくさん
小さい木枠がどうしても必要だったので、早速やってみました。金具の部分の錆びをどうするかというのは確かに課題ですね。これはキャンデーのバーをはさんだ状態なので、ばねがないとうまく出来ませんし。なんとかコーティングできたらいいかな~。ちょっと考えます。
エストニアスパイラル、できるようになると面白いし楽しいです。ちょうどいい伸縮性なので、身に着けてても気持ちいいですね。

2006-10-25(Wed)

[]玉ねぎ染めと栗渋皮のリベンジ 17:31 玉ねぎ染めと栗渋皮のリベンジ - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

dye3

昨日煮出しておいた玉ねぎの染液で染めたら、こんな色合いになりました。山吹色に近い黄色。そのなかで、やけに濃く茶色に染まった羊毛もありました。もともとの羊毛がちょっと黄ばんでいたもののはず。ここまでしっかり茶色に染まるとは思ってもいなかったので、この茶色はいい色合いで気に入りました。そして、栗の渋皮の染めはやり直してみたけれど、ちゃんとピンクじゃなくて、やっぱり薄赤茶。以前のものより赤みがあるかなという程度。もともとの羊毛の色が真っ白じゃなかったのが原因かもしれない。でも、こんな色かなと思えばそれはそれでいい色なのかも。今回はちゃんと染めた後に放冷して、その後すすいで、ミョウバンで媒染しました。

akochicraftsakochicrafts2006/10/25 17:35素敵過ぎてもう…、って感じです。
ベレーになるとどんなだか想像して楽しんでます。

hiroccihirocci2006/10/26 00:30どれもいい色ですね~。色あわせは奥が深いです!
質問ですが、↑のコロンとした丸い形はどうやって作るんですか?指かな~とも思いますが・・。おしゃれ工房やちひろさんの本でもこんな形を見かけて、作り方が気になってました。

がみがみ2006/10/26 09:52丸められた糸たちの、深くてきれいなこと!好きな色ばかりで、実物が見たいな~と思いました。早速赤バージョンまで着手されるなんて、早くてビックリ。その気力と手を貸していただきたいです。この丸っこい玉、確かに、どうやって作るのですか?玉巻き器が違うのかなあ?
渋川染め、私もちょうどこんな感じの色になりました。(もうちょっと薄いですが)ピンク色ってどうしたら出せるのかな?と不思議に思います。たまねぎの山吹もきれいですね!たまねぎ染めは私も皮を一生懸命ためているところです。明るすぎる色じゃなくて、teaさんくらいの渋めの山吹が出るといいのだけど、、、。

RilcaRilca2006/10/26 10:03ベレーの青系も素敵だけど、こちらの赤系も素敵ですね~。
こちらもどんな感じになるのかとても楽しみです。

teaangeteaange2006/10/26 18:27◆Akochiさん
色合わせ難しいです。結局無難なものに落ち着いたんですが、色鉛筆と仲良しにならないとだめですね~。それとスワッチ。今回もスワッチなしでいきなり編み始めてますし。
◆hirocciさん
ノステピンを使って巻いて作ります。写真UPしておきました。玉がちいさいうちは丸いんですが、大きくなると妙な形になります。
◆がみさん
玉巻き機を持ってないので、ノステピンを使っています。丸い形だけれど、上下の高さを決めると、円柱形にもできるんです。渋皮煮の染めはなかなか思うような色が出ません。難しいわ~。何が違うんでしょう??
◆Rilcaさん
赤系のベレーはおしゃれ工房に近い感じがします。それでも、濃茶は使ってないので、微妙に違うんです。色が違うだけでまったく別物に見えるところが面白いですね。

2006-10-24(Tue)

[]煮出し中 22:53 煮出し中 - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

dye2

上の色だと黄色がないので、たまねぎの皮で染料を煮出し中。左のボールに入っているのは栗ご飯のおまけ。鬼皮と別にして渋皮をむいていたので、タンサンを使ってふたたび染料を煮出してみた。タンサンが入っているので、ちょっと目を放した隙にあふれてしまって、ガスコンロがぐちゃぐちゃになっちゃったので、布巾でふいたら、布巾はピンクに染まりましたとさ。これはもしかして、次の染で憧れのピンクが出来るかもしれない。わくわく。

ということで、栗とたまねぎで、また染め染めやります。さて、うまくいくかしら。

RumikoRumiko2006/10/24 22:20混色の組み合わせをいろいろかんがえるのって楽しいですよねっ。
たくさんのお色がありますね~、どれもいいですね。

yuliet2yuliet22006/10/24 23:01これは、全てteaさんが染められたのですか?す、凄いっ。
フェアアイル、あゆちゃんバージョン?でしょうか。どれも素敵なお色です。

teaangeteaange2006/10/25 10:25◆Rumikoさん
単色で使うのではなくて、ちょっと混ぜて色味を落ち着かせようかと思っています。紡いでいるけれど、さて、どんな風にグラデを置こうかと悩み中です
◆ゆりえさん
栗で染めたのは今年ですが、そのほかは去年染めていたんです。一色を染めても、その残液で2色目を染めてというように、結構たくさんの色が出たので、楽しかったです。赤系になるので、あゆちゃんバージョンというか、なんというか、先日の青バージョンも私のだし、今回の赤、臙脂バージョンも私のよ~~~って思っているんですけれど。二つとも娘達に取られちゃうのかしら。むむむむ
ということはまた色違いで自分バージョンを編まないといけないかしら。

2006-10-11(Wed)

[]栗の渋皮煮のゆで汁で 15:15 栗の渋皮煮のゆで汁で - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

kurizome1

栗の渋皮煮のゆで汁がすごい色なので、染めてみました。ゆで汁は重曹を入れて2回ゆでるのですが、そのときに出てきた汁で染めてみました。媒染がよくわからなかったので、ミョウバンを小さじ1ほどいれて同媒染で染めたんだけれど。草木染はほとんどわかってないので、まったくの適当です。そしたら、こんな明るい赤茶に染まっちゃいました。ところが、部分的に煮汁とまったく同じ色にそまったステイプルもあって、びっくりです。沸騰して、フェルト化しちゃ困る~と思って火を止めちゃったのがだめだったかな~。沸騰するまでに30分くらいかけるようにして、なおかつ30分くらいそのままふつふつと煮ておかないといけなかったはずだったんだけれど、フェルト化が怖くて、すぐきっちゃったし。それでも、こんなに可愛い色になっちゃいました。もっとピンクに傾いてくれたらよかったんだけれど。ミョウバンを入れたのが悪かったのかな~。

左の塊が、フェルト化してしまった羊毛です。脱水かけたあとにかなりくっついていたところをはがしてみたんですが、かなりフェルト化しました。それでも右のように丁寧に解毛するとふわふわほわほわの羊毛綿になります。ここまでするとやっとハンドカーダーにかけられます。これをするとカードがけが楽になりますし、羊毛の繊維も傷みません。

RumikoRumiko2006/10/11 16:02わあ!!!とってもいいお色に染まっているじゃないですか。重曹が入っても大丈夫なんですね。私も次回は栗染めにしてみます、楽しみ~♪もちろん、渋皮煮も!!!今年は何味にしようかしら~、ワイン?黒砂糖味?楽しみです♪

CandyCandy2006/10/11 18:26素敵な色に染まりましたね~~。自然の素材で染めるとどれも落ち着いた優しい色になりますね。栗の渋皮煮、どんなお菓子なのかしら?? ネットで検索してみますね♪

kingy0kingy02006/10/11 20:14かわいい色ですね。。私も先週くりの渋皮煮を作りました。煮汁はほんっとにすごい色ですよね、鉄さびの濃いいのみたいな。で、これで草木染できるんかな~?と思いましたが、実践されるところが流石!・・・これはゆくゆくどんな作品にしあがるのでしょうか??

binaemonbinaemon2006/10/11 20:28草木染めには猛烈に興味があります。昔、桜の花ではなく皮で染めると桜色になるというのを国語の教科書で読んで以来、やってみたくて仕方ありません…。栗もいいですね。しかし昨日、思いっきり食べ終わってしまいました(笑)

teaangeteaange2006/10/11 21:18たくさんのコメントありがとうございます
◆Rumikoさん
渋皮煮、今日また作っています。大きな栗をみたら、やっぱり作りたくなっちゃって。母はよく作ってくれてたんですが、お客様用って感じで、たくさん出してはくれなかったんです。だから余計に食べられるときはたくさん食べたくなっちゃって~。渋皮煮を作るとへたな羊羹なんて食べられないんですもの。ワイン入れるのも美味しそうですね。今炊いているのは、仕上げにブランデーを入れてみようかと思っています。
◆Candyさん
渋皮煮、ネットで検索するといろいろと出てきますね。
わたしの作り方はまた、ブログのほうに載せる予定です。思ったより簡単です。とっても美味しいちょっと高級感のあるお菓子ですよ~。
◆きんぎょさん
草木染め、染液が濃いものだったら、結構いろんなものが染まると思います。一番簡単なのはたまねぎの皮ですね。明るい黄色に染まりますけれど。いろいろやってみるとあらゆる色が染められるのでびっくりしますね。これはベレー帽の糸に使おうかと思ったんですが、ちょっと色目が濃いので、白と混色して、ベージュの糸を作る予定です。
◆びなさん
桜染めは季節によって出る色が変るんですが、一番いい色が出るのが春先、花を咲かせる前の枝なんですよ。きれいなサーモンピンクに染まるそうです。花を咲かせる前が一番色素を持っているということなんでしょうね。京都の大原にある草木染工房、大原工房では3月に山桜染めにおいでって言われました。行って帯揚げ染めたいです。

がみがみ2006/10/11 22:41こんばんは。こちらには初書き込みです♪
渋皮って、こんなに柔らかくてやさしい茶色になるんですね。きれい〜。たまたま今日、栗を買って来たので、こんど挑戦してみようかなあ、、、。Rumikoさんとteaさんの染め記事が同発だったので、触発されて、私も手っ取り早いコーヒー染めを、今、まさに初挑戦中です。うまくいくかしら〜?

yuliet2yuliet22006/10/11 23:03 素敵なお色ですね~~。渋皮煮も美味しそう♪レシピを拝見してきました。メモメモ!です。これは、保存も出来るのですね。お芋やお豆の餡を衣にして、茶巾絞りにしても良いですね♪栗とチョコレートも合いません?おーっと、ここはあみものG、でした。

teaangeteaange2006/10/13 13:19◆がみさん
ようこそいらっしゃいました。渋皮のゆで汁はすごい色をしているので、染められるというのは知っていましたが、初めてやってみました。でも思った色に染まらなかったのがちょっと残念です。がみさんのコーヒー染め、きっといい香りがいっぱいで素敵な色合いになったことでしょうね。また、見せてくださいね。
◆ゆりえさん
渋皮煮、美味しいです。お芋や豆の餡を衣に茶巾絞りって贅沢な和菓子になりますね。栗とチョコレートも合いますし、このお菓子、コーヒーや紅茶にもよく合うんですよ。

2006-08-27(Sun)

[]段染めに挑戦 11:27 段染めに挑戦 - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

some5

靴下用の毛糸を買ってきたので、ようやく段染めに挑戦してみた。レンジでチンも捨てがたかったのだけれど、一応オーソドックスなやり方でやってみている。

染め方

染料 Rit ロイヤルブルーとパープル

下準備 かせにした毛糸を水に入れてぬらしておく。しばらく漬けておいて芯までしっかりぬらすこと。

1.ちょっと背の高いプリンカップに染料を濃い目に溶いて、ぬらして絞ったかせにした毛糸の両端をそれぞれの色に入れて段染めに。このとき、色の濃さを確認する。最後にすすぐので濃いくらいがちょうどいい。

2.お酢をスプレーして、20分ほど蒸して、放冷する。染料は冷えるときに色が入っていくので、かならず放冷すること。お酢は色止め

3.すすぐ。この場合は色がかせの両端で違うので、それぞれの色ですすぐとよい。

ある程度色が落ちなくなったら、かせを全部水につけて洗えばいい。

これはブルーと紫のパターンだけれど、もう一つブルーとローズピンクのパターンもやってみた。そっちは色が薄いなと思ったので、蒸し器に並べておいた時点で染料を粉のままちょっと振りかけてる。やっぱり染料はきれいには広がってくれなかった。(濃いところと薄いところができてる)簡単お手軽な染めだけれど、やっぱり面白いわ~。色に深みを持たせるつもりだったら、色を混色してグレーを上からかけてもよさそうなんだけれどな。

↓何気にはるちゃんと同じような色目 わはは。好みが一緒だ~。

50gずつ別々に染めたので、靴下を編むとなると左右で違う色目になるな~。変かな?でもやっぱりJaywalker編んでみたいわ。

some6

some8

2つのかせはこんな感じになった。紫×ブルーのほうはかせが長いので(自分の足と手を使ってかせあげした 人には見せられない姿!)手持ちのニディノディを使って新たに巻きなおすと色が混じっていい感じのかせになる。糸玉に巻いたときとほぼ同じ色合い。ローズピンクといっても、どちらかというと赤かな、それとブルーの組み合わせもなんだかいい感じ。糸玉にするときっときれいに見えるけれど、編んでみたら、また違う雰囲気になるんだろうな。どういう具合で縞々が出てくるかな~。

akochicraftsakochicrafts2006/08/27 12:02段染め…。楽しそうですね!私もやってみたいです。

molly0808molly08082006/08/27 12:36とっても綺麗な色に見えますよ♪左右で色違いのjaywalkerなんてステキかも。染めや紡ぎ、いつもTeaさんのところで見せていただけてうれしいです。いつかやってみたいな・・・。

RumikoRumiko2006/08/27 13:03あ~~~、私もRit買ったところです。まだしばらくは糸もないので染められませんが、染め方参考になります。メモっておかないと...。
とっても綺麗な色に染まっていますね♪ 編むとどうなるのでしょうか? 興味深々ですぅ。

candy22candy222006/08/27 16:53こんにちは! 出来ましたね! 美しいです~。 編み地もぜひみせてくださいね。
レンジより蒸す方が確実に色が入るでしょうか~? 冷ます時点で色が入るというのは初めて知りました。次は蒸すバージョンでも試してみたいと思っています。
粉を振りかけるのはまだやったことがありません。こちらも興味津々です!

mifumifu2006/08/27 17:28紫&ブルーの方はすっごく好みの色です。左右で違うjaywalkerも可愛くっていいと思いますよ。

teaangeteaange2006/08/27 19:30たくさんのコメントありがとうございます。
◆Akochiさん
段染め、市販の染料を使うと手軽で鮮やかで楽しいです。ぜひぜひやってみられて。
◆mollyさん
やりたいという気持ちがあればいつでも挑戦できますよ~。今は羊毛もフェルト用のが市販されているし、簡単に入手できるようになったんで、やりやすいと思います。糸を自分で好みに作るのって本当に楽しいです。
◆Rumikoさん
Ritは量が多いので、こういう段染めやら少量を染めるのには、長持ちしていいです。鮮やかな色を染めたいと思うときはそのものずばりの色を使ったほうがいいのですけれど、ちょっと深みのある色が欲しいときは2色で混色したほうがいい感じの色が出来ます。でも、調合を間違えると全然違う色になっちゃうんで、その辺は慣れが必要かな。ダイロンのほうが色数が多いので、いいかなとも思うのですけれどね。ちなみに、赤のほうはダイロンのカーニバルっていう色です。
◆Candyさん
やってみましたよ~。これ、はまっちゃいますね。今日もまた生成りの毛糸玉を買ってきてしまいました。蒸すほうがきっと色もしっかりと入ると思います。80度に下がる過程で色がしっかりと入るので放冷は必要ですね。ぬらした糸に染料を粉のまま使うときは、糸をどの程度しぼるかによって色のぼかし方が変ってきます。蒸し器の底のお湯には染料が落ちているかと思いましたが、2度染めできるほどは色が落ちてませんでした。(ほぼ透明)なので、結構色はしっかりとついたみたいです。
◆mifuさん
やっぱりお好みの色でした?この色、私も大好きなんです。最初の段染めなんで何色に染めようかと散々悩みました。でも、やっぱり好きな色に染めちゃうんですね。次回はどんな色に染めようかな~。意外な色あわせがきっと面白い効果を出すと思うんですけれど。

ちなみに、かせにしていた糸はすでに糸玉になっています。はるの片方が終わったら、ちょっと編んでみようかな。