Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-17(Thu)

[][]綿紡ぎ 羊毛紡ぎとは別物 17:28 綿紡ぎ 羊毛紡ぎとは別物 - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20090917172354j:image

うちのコットンはプーニーとあるけれども、トップの状態。

このままでは紡ぎにくいので、ローラッグ(コットンの場合は篠 しのという)を作って紡いでます。

f:id:teaange:20090917172350j:image

久々にドロップスピンドル使って紡いでみました。

スピンドルの重量が糸にかかるので、難しいです。

でも、慣れてくると、まぁまぁ紡げるんだけれど。

羊毛紡ぎの場合は羊毛の繊維長が長いので、糸になる手前の三角の下の頂点を下に引っ張ればいいけれど、綿紡ぎの場合は繊維長がとても短いので、そのやり方は使えない。篠の中で勝手に撚りが伝わって糸になっているのをゆっくり引くという感じ。言葉で説明するのはとても難しい。

ドロップだとどうしても撚りが強く入ってしまうので、糸が硬め。

インドのタクリで紡ぐ方が柔らかく、またするすると調子よく紡げる。

カードがけにしても、羊毛のときとは全然違う使い方をする。

これも説明するのはとっても難しい。

羊毛と同じようにカーディングすると部屋中にコットンの繊維が舞踊り状態になってしまう。

やっぱりトップのままでするすると紡ぐ方がいいだろうな~。

susugisusugi2009/09/17 23:30お久しぶりです。
レース糸、色が素敵。成長したらグラデーションももっときれいに出るんでしょうね。出来上がりが楽しみです。
コットンを紡ぐのは、確かに説明しづらいですよね。プーニーの中から糸になった状態で出てきますし。しかも思いがけずにずるずる長い糸になっちゃってたり。ドロップだと、羊毛は両手を水平にして横に伸ばしてるんですけど、コットンは縦なので、スピンドルが落っこちないか、もうどきどきものです。難しいけど病み付きになる、そんな魅力がコットンにはありますね。
あみねこは小豆ちゃんをいれて三つ子なんですね。いつか3姉妹で見たいな。
気管支炎に喘息が重なって一瞬彼岸が見えましたが…無事に戻ってまいりました。8月末からですがなかなか治りませんね。9月いっぱいは寝たきり生活かなあ。何も作れないまま夏が終わりますね。おかげで腱鞘炎は治ったんですけど、怪我の功名ということで良しとします。また遊びに来ますね。

ArachneArachne2009/09/18 00:20スピニングパーティで練習用の綿と綿用スピンドルを買ってきたので、かつて挫折した綿紡ぎに再チャレンジ中です。
最初はやっぱりふつふつと切れまくって自分がキレそうな状態だったんですが、しばらく続けてみて何とか糸と呼べる状態のものになるようになりました。会場でお店の方が紡いでいたのを目の前で観察してきたので、それで大分感じがつかめたようです。やっぱり実際に目にできると分かりやすいですよね。teaさんのサイトの方の説明で読んだ、羊毛はゴムを伸ばすような感じで綿は糸が手の中でできていく感じ、というのが、ああ、こういう感覚なんだ~っていうのがようやく分かったような気がします。実際に教えてもらえたら多分一発で分かるんでしょうね。関西の方がうらやましいです。

teaangeteaange2009/09/18 07:17★susugiさん
大丈夫ですか?気管支炎に喘息ってとっても苦しかったでしょう。私も気管支喘息になったことがあって、大変でした。どれだけしんどかったかと思うと……ともかく戻ってこられて良かったです。無理なさらないでくださいね。新型インフルも怖いですし。
コットンってそうなんですよね。プーニーの中から糸になって出てきますしね~。羊毛は前へならえ状態で、糸になっていくんですけれど、綿はもう糸になってるんだから、とっとと引っ張って出して頂戴よって感じですもんね。笑
コットンをドロップスピンドルで紡いでいるとき、垂直だとやりにくいので、糸を斜めにしています。横に引いてもいいんですが。綿紡ぎの場合は糸に撚りを伝えながら、引いていかないといけないので、これまた説明が難しい。糸の持ち方がポイントだったりしますね。

teaangeteaange2009/09/18 10:37★アラクネさん
綿用スピンドルがどんなものなのか、ちょっとわからないので、なんともいえないのですけれど、羊毛紡ぎとは違って、繊維長がとても短いので、これでもか~っていうくらいにスピンドルを回転させて撚りを入れて大丈夫ですよ。
そうしないと綿は糸になってくれませんから。
糸車はやっぱり綿専用に作られただけあって、インドのチャルカもそうだけれど、よく考えてあります。
世界で綿を紡ぐスピンドルはホイールの径がとっても小さいのもよくわかります。そうしたほうがずっとずっと紡ぎやすいのですものね。
やっぱり一度関東には出向かなきゃって思います。
紡ぎ講習できたらな~。

2009-08-10(Mon)

[][]タクリでコットン 21:49 タクリでコットン - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20090810214638j:image

タクリでコットンを紡いで。

アナンダのプーニー(トップ)を紡いでる。

ところが、トップのままじゃコットンはものすごく細くなったりちょっとぶとって太ったりするので、細さが一定にならない。

やっぱりカードがけをして、ローラッグを作ってから紡ぐと太さが一定になる。

コットンはスピンドルを回し続けてするするすると糸にしていくので、右手の中指にはやっぱりマメができてしまった。すでに紡ぎタコが出来ているのだけれど、その上にマメなもんだから、まったくも~。

回すのにちょっと痛いので、絆創膏を貼ってスピニング中。

mai0402jpmai0402jp2009/08/14 21:25こんにちは!いや、こんばんは!
私も今日アナンダさんでプーニーとタクリを買ってきました。
カスがたくさんついてて、このまま紡いだらゴミゴミした糸になっちゃうなと思ってたんですが、やっぱりカードかけしたほうがいいんですね。
そのまま出来るから簡単かもー!と思ったのですが^^;
とりあえずたくさんあるのでいろいろ試して見る予定です。

teaangeteaange2009/08/14 22:17★maiさん
maiさんの方にコメントしてきました。
私のプーニーはローラッグじゃないんです。トップの状態なので、そのまま紡ぐと糸の太さがまちまちになってしまうんです。ですので、カードがけしてローラッグ(篠)を作っているんですよ。
maiさんのプーニーはローラッグなので、そのまま紡いでくださいね。
コットンのカードがけは羊毛とは違う動かし方をしますので、そちらの方はまだ紹介してませんので、羊毛のやり方でしちゃうとうまくできません。