Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-10(Sat)

[]思いを伝えるのはとても難しい 00:52 思いを伝えるのはとても難しい - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

昨今のグループ内のパターンの件や、私たちにとって難しい著作権の話の中で、

いろいろと感じることがあったので、ちょっと書き綴っておこうと思います。

言葉が足らない部分も多々あるかと思います。

ただ、自分の気持ちとして。

いろいろなことがあちこちで起こって、とても考えてしまいました。

ブログという媒体を使って表現することの怖さです。

私がネットを始めたのは、まだネットにつなげるのにダイヤルアップを使っていたころ。

そのころは簡単にネット上で日記を書くことは難しく、

ホームページを作ったうえで、自分日記のページをホームページ作成ソフトを使ってファイルを作り、

サーバーにアップしなければできないころでした。

当時から、いろいろなネット上のルールというものはあって、

いろいろ情報発信をする中で、周りの皆さんに教えていただいて、今日があります。

そんな中でも、やっぱりあちこちで、わからないということが原因で失敗もありました。

ネットというのは、確かに現在では誰でも簡単にブログを書くことが出来て、

大人に限らず、子供たちですら、自分ブログサイトを持つ時代になりました。

簡単ゆえに、ちょっとしたことで反感を買い、ブログ炎上ということも起きています。

確かにブログというのは個人の日記です。

自分の思いをつづるのは自由です。

ブログを書いていると、自分意見同調してくれる人、賛成してくれる人、

自分のやったことなどに賞賛してくれる人がコメントを書いてくれることが多いです。

それでつい、仲のいい人ばかりが読んでくれていると思ってしまいます。

でも、本当のところは、賛否両論、読んでくれる人の思いはみなそれぞれ違うということ。

ブログ不特定多数に公開されているということを忘れてしまいがちになります。

だから怖い。だれが何を思っているのか、わからない。コメントを書くなどの行動があって、初めて伝えられるのですが、その真偽さえ、正確に推し量ることは難しいです。

また、自分日記の本文やコメントは、テキストだけの表現なので、行間に含まれるニュアンスまで伝えることはとても難しいです。

リアルで面と向かって、表情もわかって会話するのとはわけが違う。

自分がこう伝えたかったという事柄でも、読む人にとっては逆の意味に取られてしまうことも多くあります。ニュアンスを伝えるために顔文字絵文字が発展したのもうなずけます。

だからこそ、やっぱり言葉にちょっと気をつけないといけないと思うのです。

日記を書くのは、自分の思いばかり先走って、読む相手に押し付けになっていないか、よく考えないと、と思います。

コメントの返事一つとってもそうですが、書いてくれた相手が何を答えて欲しいのか、間違った読み取りをしないようにちゃんと返事をしないと、と思います。

そのすべてのベースにあるのは、きっと相手に対する思いやりなんだと思います。

だからこそ、わかりやすい文章で、誤字脱字に注意を払って、丁寧に書いていこうと思うのです。

公開するということは、とても多くの人に見られているということだし、与える影響も大きいし、返ってくる反響も大きいです。どれだけ注意を払ってもし足りないくらいなのかもしれません。

その怖さをちゃんと踏まえたうえで、考えて書いていかないといけないことだと思います。

ここまで書いていても、なんだ、当たり前のことをわざわざ書いてなど、思われているかもしれませんし、私自身もまだまだ未熟なので、気をつけていても出来てないところもあります。

よく読み返し、この表現で良いのか、無責任なことを発言していないか、相手がどう感じるかなど、一歩下がって客観的に自分の文章を見てみるというのは、ブログHP情報発信する上では大事なことなんではないでしょうか。

pookipooki2009/10/11 03:37>そのすべてのベースにあるのは、きっと相手に対する思いやりなんだと思います。

その通りだと思います。そう思っていても自分の気持ちだけが先走って・・・って事もあるんですよね。一人一人が気をつけないといけませんね。

hebryehebrye2009/10/11 08:05ヘブリーです。teaさんが文章にしてくださって、改めて私も気をつけないとな…と自戒の念を抱きました。(気をつけているつもりでもなかなか…)年齢に関係なく相手を思いやってマナー&モラルを守っている人=大人だと、そんなふうに思いました。

chi4piyochi4piyo2009/10/12 00:08先生(* ^ー゚)ノコンニチハ、ご無沙汰してます。
えらい急にどないしはったんですか?
ん~・・・難しくてセンシティブな問題ですね。
上手く表現できないけど、完璧な文章を個人のブログに求めるなんて無理だと思います。
個人の感想や視点をこれといったフィルターを通さず表現される危うさ?が
ブログという媒体の魅力のひとつではないしょうか?
(無責任な事を推奨しているわけではないです)
学校の教科書じゃあるまいし、誤字脱字も急いで「今を伝えたい」って
感じがして好きだったりしますよ(´∀`*)ウフフ
とはいえ、私もちゃんとせんとアカンナァって思ったのでコメントしました!!
ちゃんと伝わってるかなぁ( ・ω・)?

susugisusugi2009/10/13 02:15ウールフェスタのコメントのあと私も色々考えたので、2度目のお邪魔ですがちょっと発言させてもらいます。
私がネットを始めたのは、ダイヤルアップの時代、ネチケットなんて言葉が出始めた頃。ネチケの解説、普及サイトで勉強させてもらいました。メールはHTMLで受信しても、送信は絶対テキストで!とか、時代を感じますが今でも守ってます。あの頃は掲示板での発言なんて、それはもう気を遣ってました。パブリックな場での発言だという認識が強かったからですね。その名残で未だにコメントの頭にあいさつをつけているんですが(笑)。
ブログが普及してから事情が変わってきたような気がします。ブログって要は日記。プライベートです。でもWWWっていうパブリックな場に公開してます。この中途半端な感じが難しいんじゃないかなと思います。
ただどんな話題であれ、根拠なく他人を非難、批判するのは厳禁ですし、反感や怒りを買うような表現や誤解されるような発言は慎んだ方がいいと思います。変換ミスや誤字脱字はその場の勢いのせいかもしれませんが、頻繁になると気になりますし、言葉の使い方が間違っていると(語法、用法、意味の取り違え)、その方の発言への信頼性は私の中では低くなっていきます。
誹謗中傷はしない、物事に対してニュートラルな言葉で表現する、客観的な視点に立って誤解を生む表現がないか、変換ミスや誤字脱字がないかチェックする、これらは最低限のルールのように思います。
私がブログを持っていないので、掲示板時代の名残で厳しい意見になっているのかもしれません。頻繁に更新するブログではそうはいかないっていう事情もあると思います。でも何度もお邪魔したくなるブログって、先にあげたルールはたいてい全部クリアしているし、感じのいい方だなという印象も受けます。たぶん不特定多数の方に読まれているっていうことを念頭において書いてらっしゃるんでしょうね。
う~ん、難しい問題ですね。これだけ言いましたから、私もせめて誤字脱字には気をつけなくちゃ。
また長々と書いてしまいましたが、一言でまとめると、teaさんのおっしゃっていることは、ネットを利用する人が守るべき最低限のマナーとして賛同できる、ということです。…あら、2行で済んじゃった。

itosakuitosaku2009/10/13 06:41teaさんこんにちは!
いつも拝読してるのに、初めてのコメントで緊張してます。
私も言葉足らず、説明間違えることしょっちゅうなので(この前のご指摘の件は本当に助かりました!ありがとうございます)
ブログUPする前に読み返したりしてますが、それでも見落としてしまうことがあります(恥)
teaさんの文章は、いつも責任をもってきっちり書いてらっしゃる
それが皆様から支持され尊敬される所以なのではないでしょうか。
ランキングに参加していたりすると(私もそうなのですが)
取り巻きにおだてられ持ち上げられ、自分を見失っている独りよがりの意見を貫いている方のブログを
見ることがあります。
こうはなりたくないな・・と思いながらも、自分もそうなっているのではないかと
怖くなるときがあります。
常に気を引き締めていかないといけませんね。

teaangeteaange2009/10/13 14:55★pookiさん
ブログが個人の日記である以上、気持ちが先走ってっていうのは、当然なのでしょう。ただ表現には気をつけたいなと思ったんです。兼ね合いが難しいですね。

★ヘブリーさん
この文章は自戒の意味で書いてみました。気をつけないといけないと思いますけれども、私もなかなかできていません。難しいですね~。年齢に関係ないってのは本当ですね。私も年ばっかりいっていますが、なかなか出来ないことが多いです。

teaangeteaange2009/10/13 15:13★chi4piyoさん
ブログは個人の日記なので、表現まで制約してほしくないし、自由でいいじゃんって気持ちもすごくよくわかります。私はchi4piyoさんのありのままが表現されているchi4piyoさんのブログは大好きです。
私自身がブログを書くにあたって、自分で注意しておきたいことという意味合いで書いたものです。
だから他のブログに完璧な文章を求めているというわけではないんですよ。だって自分だってなかなかできないんですもの。でも、自分はそういうことを踏まえてちゃんと書きたいってことだけなんです。

★susugiさん
そうそう、ネチケットって言いましたね。htmlのメールや、重い画像はUPするなとか、テキストメールでないといけないとか。個人のHPの感想も掲示板でやりとりでしたね。表現の解釈の食い違いとか、本当にいろいろ気を使いました。子供たちがブログを持つような年齢になってきたので、そういうことも含めて、そろそろちゃんと教えないといけない時期にきているなと思っています。
昔の日記って、人に読まれるものではなかったのに、今の時代の日記(ブログ)は人に読んでもらうのが前提なんですものね。

★糸作さん
お仕事でお忙しいのにコメントいただいて恐縮です。ありがとうございます。
私も読み返し読み返しするのですが、妙な文章書いていることも多いです。
間違えている部分については、気がついたら訂正していますけれども、文章表現って本当に難しいです。
でも、ちょっとだけ気をつけていれば、大丈夫じゃないかなと思います。ほんのちょっとの気遣いですね。
四角四面にこうしないととか、あるいは、この表現で誰かが不快な思いをするんじゃないだろうか、この表現にしたら、こう思われるんじゃないかなんて考えていたら、ブログって書けなくなってしまいますし。
糸作さんのブログ、いつも楽しみにしているんですよ。