Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-07-09(Thu)

[][]紡いでは編み、編んでは紡ぎ レース糸を紡ぐとき 13:30 紡いでは編み、編んでは紡ぎ レース糸を紡ぐとき - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

波乗りショールは順調に編み進んでいるんだけれど、糸がどうも足りなさそうな気配。ということで、紡いでます。

紡ぐのに飽きちゃったら、編みに戻り、編むのが一段落したら、また紡ぎに戻りを繰り返しています。

紡ぎに慣れてきて、紡ぐ糸の太さがそろってきたら、こうやって、紡いでは編み、編んでは紡ぎということが出来るようになってきます。

最初から、ショールに100g紡ごうなんて取り掛かると、レース糸なので、とっても出来ません。1gのほぐした毛が糸になるまでに、すっごく時間がかかるのですもの。だから、最初から何g紡ぐなんて用意して、取り掛かると、とってもしんどいことになります。

毛糸紡ぐときだったら、ステイプル数本とか、セミ梳毛糸のときだったら、カードがけした羊毛数枚とか、で、区切りをつけてます。

このごろ編み物Gの皆さんのなかで、手紡ぎがはやってるみたいです。

あちこちでスピンドルで、紡毛機で、それぞれ紡がれた糸を見ていると、見ているこちらまで癒されます。あれって不思議。市販の糸玉を見ているだけだと、それほど思わないけれど、手紡ぎの糸だと、どれもこれも個性が出てくるようで、見ているだけでも楽しいです。

糸から自分で作ってしまって、編み物するって、憧れなんですね。

私は紡ぎから入っちゃったんで、よくわからないんですが、紡ぎをはじめた方たちにとって、私のやってることって憧れなんでしょうか?

目標にされてるのは、なんだかこそばゆい感じがします。

(だって、皆さんが紡がれている糸って、みんな可愛いし、きれいだし、個性的だし、あこがれるんですもん)

eko1971eko19712009/07/09 13:39ekoです♪
うひゃ~!!!私今まさにそれをやってってますよ(汗)…さすがに100gは無理だろうと思い、25gの単糸×2で、50gの双糸にしようかと。紡いでも紡いでも全く先が見えずどうしたものかと思っていた所であります。しかもけっこう太さにばらつきが出ている様子…傷が浅いうちに路線変更したほうがいいですね。

teaangeteaange2009/07/09 14:52★ekoさん
レース糸の場合、10gでも多いなと思いますよ。25gなんて、う~~ん。確かに紡毛機のボビンには100g巻けるんですけれどね~。そんなことやってると、しんどくなっちゃいます。
なので、私は普段は1gか2gのカードがけした羊毛を幾枚かって感じですね。中細に紡ぐときはすぐになくなるんだけれど、レース糸の場合は、紡ぎの途中でも、カードがけを何度もやりなおしたりします。
もっともっと少ないgでまとめられた方がいいかも。

saomingsaomingsaomingsaoming2009/07/09 21:08さおみんです。ちょいとソボクなギモン。
レース糸も双糸なんですか?? 単糸では編めないの???

teaangeteaange2009/07/09 21:52双糸のときもありますし、単糸でも。
どちらでもいいんです。
レースは掛け目が多いので、単糸でも斜行を気にしなくていいんですよ。
双糸でも、単糸でも、糸の上がりはS撚りに仕上げます。

ArachneArachne2009/07/09 23:16まだ安定した太さに紡げないので、本当は一気に紡いでから編むほうがいいのでしょうけど、ついつい途中で編んでしまいます。まだレースは練習だけで、実際に作品の分量を紡ごうとしているのは並太くらいの太い糸なんですが、それでも一玉分は一気に紡ごうと思って40g計ったらあまりの量にしばし呆然としました。糸玉になるとちっちゃいのに~……レースだと更に気が遠くなるような時間がかかりますよね。
ちなみに私の周りの編み物好きな人たちの中には、紡ごうという人は今のところいません。何を物好きな、という目で見ている人と、手紡ぎの糸は好きだけど自分で紡ぐ時間がもったいないという人がいます。なので本当に人によるのでしょうね。私にとっては本当に憧れです。レースを編んで、足りなくなったらまた紡いで……って、早くできるようになりたいです。

susugisusugi2009/07/10 01:01こんばんは。
今日はタティング、あんまり進みませんでした。来週は早めに行こうかしら(笑)。家で編もうという発想がないのが我ながら不思議ですが、家じゃないと編めない藤戸先生の通称「ダリア」をカラフルに編んでいるので仕方ないかな。
「花のあいさつ」の糸はローズ色が大量に必要で紡いでて飽きちゃうので、エジング分は編みながら紡ぐことになりそうです。
アナンダさんからアイスランドとフォークランドのスカードが届きました。アイスランドは事前に「ごみと汚れが多くで状態はそんなに良くない」と言われたんです。でも見本帳で見るときれいだし(当たり前ですよね)好みだし、フリースじゃないし、と高をくくっていたら、実物を見て一瞬固まりました・・・とってもすごいところは、土と草と羊毛が渾然一体となって半ばフェルト化、割とすごいところは毛先が脂でべったり、繊維も絡んでややフェルト化。きれいなところは、氷河のような輝く白。クリンプはほとんどなくて直毛に近いんですが、なんともいえない柔らかさと優しさがあって魅力的です。紡ぐのは「花~」の後だけど、かわいそうなので先に解毛だけ済ませる予定です。
フォークランド(コリだそうです)はきれいの一言。ごみもなくて、ほぐしてそのまま紡げそう。色は初雪の白。こっちも魅力的。
北の果てと南の果ての寒いところからやってきた羊、何に変身させてあげようか考えるだけでわくわくします。早く紡ぎたいっ!ということは「花~」を頑張らねば・・・
あ、台所の流しの下に手作り薬酒としょうがのはちみつ漬けがありました。作るだけで満足するのが悪い癖ですね。冷房対策に飲んで、食べて、次は冬用を作らなくっちゃ。(どうしてこう長いの・・・)

teaangeteaange2009/07/10 21:51★アラクネさん
双糸にしたときに、並太って、結構太いですね。
紡ぐときなんですけれど、自分が一番紡ぎやすい太さって、ありませんか?
その太さを基準にして、双糸にするか、また3つ撚りにするか、4つ撚りにするか、で仕上がりの糸の太さを変えるといいと思いますよ。そのほうがずっとずっと楽だし、きれいに出来ます。
シェットランドレース用の糸は、市販じゃいまいちなので、自分で紡ぐしかありません。
きっとすぐに出来るようになると思いますよ。

ArachneArachne2009/07/10 22:09ナバホ撚りにしています>並太
今紡いでいるものの前に双糸で中細を紡いでまして、同じくらいに紡いで3つ撚りにしたら合太くらいになってウェアものにいいかな、と思ったんですが、中細のときより太く紡いでしまったらしくて撚り止めしてみたら予想外にボリュームがでてしまいました。
自分にとって紡ぎやすい太さがまだ安定していないからなんでしょうね。元の羊毛の状態とかにも左右されてる気がします。
こればっかりは量を紡いで慣れるしかないと思うので、がんがん紡ごうと思います。

teaangeteaange2009/07/10 23:01★susugiさん
花のあいさつは、古いパターンのショールですね。あの編み方、私好きです。
アナンダさんから届いたのは、え?洗い済みのスカードなのに、あちこち汚れていたのかしら?脂が残ってるのだったら、私だったら、再度洗いますね。脱水かけた時点で、ほぐすようにしたら、フェルト化している部分もかなりほぐれますし。
長いコメント、大丈夫ですよ~。たくさんお話していってください。

★アラクネさん
ナバホ撚りだったんですね。私も太目の糸がほしいときはナバホ撚りにします。
ある程度、紡ぐと、あとは手が安定してくるから、それほど、頑張らなくても大丈夫になりますよ。