Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-11-18(Tue)

[]木枠を洗う 00:33 木枠を洗う - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20081118003109j:image

中古で手に入れた木枠なので、かなり黒ずんでいます。

なので、そのまま糸を巻いて、撚り止めのために蒸したら、糸に色がつきそうだったんです。下のエントリ画像が洗う前。

桐の箪笥を手入れする番組を見ていたら、いきなり水を使って洗っていました。

それならば、この古い道具も洗えば生き返るのではと思ったわけ。

ということで、洗ってみました。

見違えるようにきれいになりました。

真ん中のクロスになっている部分が以前の色です。

糸を巻く部分がきれいになればいいので、このくらいにしておきます。

洗う前は組み合わさった部分が少々かたかたとひずみが出ていたのだけれど、洗って水分を含むときれいにピシッとひずみもなくなりました。

この小さいサイズだと手持ちの鍋で蒸して撚り止めができるので、重宝します。

それから、木枠の穴に差し込んで使う木の棒は両端をちょっと削って、スピンドルに変身しました。中央が膨らんでいる棒だと、このようにスピンドルとして使うことができます。

回転は速いので、レース糸のような細番手の糸向きです。コットンやカシミアも紡げます。

hiroccihirocci2008/11/18 08:39私もこれ欲しいと思っていたところです。洗うとこんなにきれいになるんですね。びっくりしました。
木枠も長いこと眠っていたのがまた活躍できる場を与えられて喜んでいると思います。
こんな日本伝統?の木工製品がとっても美しく感じられるって私も歳を取ったかな~と苦笑いですが。

hisahisa2008/11/18 13:02ごぶさたしています。私もびっくりしました。
洗っても良いものなんですね?ごしごし?スポンジで?
しかもツヤがありますね。
汚れたまま使っていて恥ずかしいです。洗ってみます~

teaangeteaange2008/11/18 19:51★hirocciさん
この小さいサイズの木枠は重宝します。サイズの大きな織り物だと大きなもののほうがいいんですけれど、そっちは寸胴の業務用の大きな鍋でないと、入らないサイズなんです。
自宅の小さなキッチンで普通のお鍋を使って蒸すのには、この小さいサイズがいいです。
昔の木工品って、よく考えられています。無駄がないし、シンプルでいて、機能的。
私も大好きなんです。

teaangeteaange2008/11/18 19:53★hisaさん
こんにちは。
木枠を洗うのは石鹸とアクリルたわしでこすってみました。もともとが木なので、水分を含んだ状態だと、ブラシやらたわしを使うと、ちょっと削れてしまうかも。
洗って陰干しして乾かしたあとに、目の細かい紙やすりでやすりがけして仕上げてあります。
洗ってみると、びっくりするくらい茶色の水が出てきますよ。笑