Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-09-09(Tue)

[][]自分仕様にカスタマイズすること フラットクロシェフック 12:45 自分仕様にカスタマイズすること フラットクロシェフック - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

フラットクロシェフックをちょっとカスタマイズしてみました。

鎖編み目の手前側にフックを入れるのですが、そのままだと、引っかかりやすいので、(↓写真)

f:id:teaange:20080909123010j:image

ちょいと先を丸くなるように、やすりをかけてみました。

アルミで出来てるので、金工用の目の細かい仕上げ用のやすりだと、簡単にきれいになります。(↓写真)

f:id:teaange:20080909123009j:image

こうやると、編むときに目の糸に引っかからなくて楽。

で、自作のアイスキャンデーバークロシェフックと比べると

f:id:teaange:20080909123008j:image

こんな風に違います。

鍵の幅がフラットクロシェフックのほうが広いので、鎖目の編み目がちょっと大きくなります。これがポイント。

目が大きくなると、フックの先を入れやすいし、編みやすい。

伸縮性もよくなりました。

やっぱり実物があるのとないのとでは大違いですね~。

重さはアイスキャンデーバーフックのほうが断然軽いのですけれど、

まぁ、フラットクロシェフックも小さいものだから、気にするほどのことでもなさそうです。

林ことみさんの、アメリカ式の糸のかけ方(右手に糸)だと、

 鎖目にフックをつっこむ  

→フックの先に右手で糸をかけて引き抜く

→フックの1.2cm幅のところまで糸をもってきて緩める

 左手でフックにかけた糸がしまらないように持つ(フックを持ち替える)

→右手で持ってたフックを離して、糸をフックの先にかける

→フックを右手に持ち替えて、引き抜く

という風になるので、慣れが必要。(私の場合)

最初からアメリカ式で編んでいる人にとっては、きっとすんなり編めると思います。

フランス式の編み方(左手に糸)だと

 鎖目にフックをつっこむ

→左にかけている糸をひっかけてフックを抜く

→ゆとりを持たせてフックの広いところまで糸がかかると、

 右人差し指で糸を押さえる(持ち替えなし)

→鎖目にフックを突っ込む(右手でフック上の糸を押さえたまま)

→右手で糸を押さえたまま、左手の糸をゆるめにひっかけて抜く

ということになります。

読むとややこしそうだけれど

やってみると、とっても簡単です。

しろまるしろまる2008/09/09 22:48こんにちは。
スウェーデン鉤針編み(フラットクロッシェ)の続編を楽しみにしていましたが、あっという間にいろいろ試したり調べたりしてあってびっくりです。読むほどに興味津々。これは試してみないと。
黒檀の鉤針も買ったんですね!使用感などこちらも楽しみに待ってます!

うきうき2008/09/10 12:31お久しぶりです。
ボスニアンクロッシェ、気になっていたのですが、買うまでには至らず、さてどんなものかと思っていました。
詳しい説明ありがとうございます。
気分は一変して、試してみたいと思ってます。

teaangeteaange2008/09/10 22:22★うきさん
お久しぶりです。やっとこさネットに戻ってきたような感があります。笑
ボスニアンクロシェ、やってみると面白いです。編み方はとてもシンプルなのでぜひぜひ
★しろまるさん
早速あれこれと作ってみました。輪っかのものは得意です。平編みはちょっと難しいですね~(←一応やってみた人)
編むのはとてもシンプルなやりかたなので、いつかはセーターなぞを編んでみたいともくろんでおりますけれど、いつになることやら。
黒檀の鈎針、まだアクリルたわししか編んでいませんが、とてもいい感触です。またレポートしますね。