Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-08(Thu)

teaange20071108

[][][]順調に進んでいます 16:07 順調に進んでいます - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

wab4Wabenschalはここまで進んできました。メリヤスのところはガーターにかえて、モチーフは7つの幅でやってます。ブロッキングでもう少し広がる予定ですが、ちょうどいいスカーフになりそうです。長さは適当に編もうかな。慣れてくると、パターンがわかってきて、楽に編めるようになりました。でも、手元を照らすスタンドは必須。目が見にくくなってきたかしらね~。また視力が落ちているかもしれない。使っている針は2号の短い針。ちょうどいい幅で使いやすいです。気をつけないといけないのはおしりから目を落とさないこと。

追記 

編んでいて感じたこと。この糸は部分的にフリースから紡いだ部分と、トップから紡いだ部分が混在しているのですが、糸の仕上がり具合を見ると、どうも張りが弱い感じがします。要は、くたっとした感じがあるということ。メリノほどではないのですが、糸が柔らかい。柔らかい部分っていうのは、やっぱりトップの毛を紡いだ部分なのです。羊毛はもともとはなみなみの縮れがあるものなんですが、トップというのはそのなみなみの縮れを機械で伸ばして伸ばしてまっすぐに加工しているもの。だから、紡ぐときも紡ぎにくく、出来たいとはふくらみのない面白みのない糸になっちゃう。トップから紡ぐ糸で織ったマフラーは縮絨するとくたっとしてしまうというのは、この辺からきているんでしょうね。違いがはっきりとわかるようになりました。やっぱりトップはフェルトに使ってというのは、当たりだったんですね。

toricottoricot2007/11/09 10:24あちこちで「メリヤス部分が丸まってしまう」という声があがってますが、なるほど、ガーターに変えれば丸まらなくてよさそうですね。いつか挑戦するときには、参考にさせてもらおっと。手作りウール展は、残念ながら仕事の打ち合わせが延びて行けませんでした(他の日も知り合いの犬を預かってて行けず。涙)。↓の写真をくいいるように見つめて我慢します。

teaangeteaange2007/11/09 16:59◆toricotさん
シェットランドレース風にガーターにしてみました。身につけたときも丸まらないです。糸が細いので3目一度はぜんぜん気になりませんが、糸が太いと3目一度がちょっと厚くなるかなって思いました。
手作りウール展、残念でしたね。もっといろいろとあったんですが、お店の奥のほうは照明が暗くて、写真撮らなかったんです。前半は出かけてないので、どんな作品が出ていたのかわからないのですが、今度こんな会があったら、また見に行こうと思いました。