Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-21(Sun)

[]ウールフェスタのお手伝い 20:28 ウールフェスタのお手伝い - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

woolfesta1

ウールフェスタのお手伝いに出かけていました。今日は天気もよくて気持ちのいい一日でした。ウールフェスタは六甲山牧場のチーズ館で開いているのですが、いつも扉が開け放たれているので、風の通り道になっていて、いつもかなり寒いです。今日は紡ぎ車の実演をやっていました。ここ数年毎年お手伝いにあがるのですが、今年は赤ちゃんを連れた家族連れがとても多かったです。若いかっこいいお父さんがいっぱいで素敵でした。お父さんがスリングつけて幼児を抱っこしている姿もあって、びっくりしました。でも、男の人でもスリングってなんだかさまになってかっこよかったです。

家に紡毛機がないので、いつもこのフェスタで紡毛機をさわらせてもらって、紡ぐ練習をしているんですが、今年ようやく紡毛の紡ぎのコツがやっとわかってきました。撚りをためておいて、一気にするするする~とローラッグを引き伸ばして撚りをかけていく。とっても面白い紡ぎで楽しかったです。そしてできるようになって気がつくと、それはそれは綿の紡ぎ方とそっくり同じでした。写真は紡毛機で紡いだ糸です。大きめのかせのほうは一緒に紡ぎをしていた会員さんが紡いだ糸。小さなかせのほうはブイヨンスピンドルで私が紡いだ糸です。どちらも甘撚りのふわふわほわほわの糸です。量亜は少ないけれど、ちょっとしたものなら出来そうなので、編んでみたい糸です。なんだかとっても柔らかい雰囲気で素敵なんです。

ところで、手紡ぎ実演していたときに、トップがあったので、そのまま梳毛に紡いでいたんですが、ちっとも楽しくありませんでした。やっぱりハンドカーダーをちゃんとかけて、トップじゃなく、クリンプがちゃんと残った羊毛で紡がないとつまんないです。トップを紡ぐと、確かにきれいな糸は出来るんですが、表情がないのと、糸に張りがない。やっぱりトップってフェルトに使ってと言われるのが納得した一日でした。

RumikoRumiko2007/10/22 10:07ウールフェスタ、ご家族で楽しまれている様子が伝わってきます。楽しそう~~~。 紡ぎのコツ「撚りをためておいて、一気にするするする~とローラッグを引き伸ばして撚りをかけていく」というのとってもとく分かります。一番右の枷が好みですがスピンドル?きれいな色ですね。
↓のソックスもう出来ちゃっている~~~、朝晩寒くなってきたので私もジェイウォーカー欲しいですぅ。左右の柄の出方の違うところがまたおしゃれですね。

teaangeteaange2007/10/22 11:47◆Rumikoさん
今年のウールフェスタはなんだかとってもファミリーって感じでした。若いお父さんがこんなにいっぱい~~っていうのはちょっとびっくりなんです。牧場って結構高低差があるので、坂がいっぱいでバギーなんてちょっとしんどいと思うんですけれど、今は車でバンバン遊びに出かけちゃうらしく、バギーが多くてびっくりしました。
上の手紡ぎ糸、全部草木染の羊毛なんですよ。とってもかわいい色がいっぱいで楽しんで紡ぎました。あんまりふわふわでうれしくって胸に抱いていると(すっかり変な人だ~笑)とっても暖かいんです。
Jwalker、履いてしばらくしてから、「あれ~~~?これ左右で違うね~~」ってやっと気がつく天然な娘です。自分で染めるとこんな面白いことが出来ちゃうんですよね。世界にひとつです。笑