Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-06(Sun)

[]ポンタさんのホッチキスパーティin六甲山牧場 23:21 ポンタさんのホッチキスパーティin六甲山牧場 - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

hotikisu1

いままでずっとやってみたい、というかいつかは必ず参加するんだと思っていたホチキスパーティにやっと参加することができました。今回は神戸ウールの会が開いてくれるので、いつもの牧場です。

天気は雨であいにくだったけれど、それでも午前中はめん羊舎で毛刈りを実演してくださいました。毛刈りされていたのは牧場のスタッフの方だったんですが、初めて女性がされているのをみてびっくり。いままで毛刈りを見に行ったときはいつも男性で、かなり荒っぽいと思っていたのですが、今回はとても丁寧で刈られているヒツジもそれほど苦しくなさそうで、のんびりという感じでやっていました。毛刈りはあちこちバリカンで怪我しちゃうことが多いので、かわいそうであんまりみていられないんですけれど、今回は傷もほとんどなく、きれいでした。それに雨だったので、他のお客様が少なくて、すごく間近でみることができたのはとてもうれしいことでした。やっぱり羊をみるとほっとするんだな~。そのあとすぐにポンタさん実演のスカーディングを見せていただいて、またまたびっくり。ひえ~、あんなにとっちゃうのね~。いままで牧場の毛ってそんなにきちんとスカーディングされてなかったので、全部いっしょくたに袋に入れられちゃって、その中から毛番手も適当にとって、買っていたので、確かに当たりはずれが多かったものなんですが、きちんとスカーディングして毛番手をそろえると、なんてきれいなんでしょ~、って感じです。

その後、場所を移動して、お昼をいただいて、ホチキスパーティとなりました。昼食後に、参加されているメンバーそれぞれが自己紹介しました。ウールの会の会員さんがほとんどだけれど、お二方、会員外の方がいらしていて、いろいろなお話が聞けて、楽しかったです。

皆さんの話を聞いていると、やっぱりウールに触るのが楽しいし、癒しになっているんだな~と実感しました。ここ数ヶ月、ちっともウールに触ってなかったので、久々の感触ににんまりです。やっぱりウールに触ると気持ちいいわ~。家においている2kgのコリデールを洗わなくっちゃ~~~と思いました。洗って真っ白になってふわふわになった羊毛に気持ちいい~って顔をうずめるのが大好きなんですから。

そして、ポンタさんのホチキスパーティはそれはそれは勉強になりました。

hotikisu2

これが憧れの「羊の手帖」ホチキスパーティはこの手帖をつくるワークショップなんです。部位の違いはちゃんとステイプルに現れているので、それもみんな勉強になります。レース糸用の細番手の毛が欲しい私がいつも使うのは一番きれいなショルダー部分になるんです。クリンプは一番細かくてきれいなところ。でも、ニット用や織り用にいろいろ使える羊毛なんですね。捨てるところはないくらい。堆肥にしちゃうベリー(裾物)だって丁寧に洗ってあげればちゃんと使えるんですけれど。その手間ひまかけるところも好きだったりするんです。

hotikisu3

手帖の中はこんな感じ。それぞれの特徴をよく表しているステイプルを、サンプル帖のようにホチキスで止めていきます。グリージーだから次の日には台紙の裏側に羊の脂がしみてました。グリージーのステイプルを触ると、脂が残っているので、指の感触が気持ちいいんです。天然のハンドクリームなんですもの。そして、もちろん羊毛の匂い。グリージーだから汚れも一緒なんだけれど、羊毛の匂いっていいのよね~~。細番手から始まって太番手のステイプルまで。それから羊の品種ごとのステイプルをとめて出来上がり。この手帖、羊毛使いにとっては憧れの手帖なのよね~。作業をしながらいろいろな話をいっぱい聞けて、とっても充実した一日でした。

ここ数ヶ月編物と紡ぎにも見向きもせずに、踊りのお稽古に必死でございます。まだまだ紡ぎや編物に戻れそうもないんだけれど、羊をみて、羊毛に触ると、またやりた~~~~い病が出てきつつあって、早く触りたいな~。とりあえずは19日の会が終わらないと落ち着きませんけれど。