Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-21(Wed)

[][]AiryScarf完成 00:10 AiryScarf完成 - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

airy4AiryScarfが完成。指定糸ではなかったので、適当に編んでしまいました。ドレッシングすると長さが長くなるので、編みあがりも適当な長さで終わって。仕上げ前はほわほわとした編地で、かなりばねがあって、弾んでいました。ガーターなので、ふちは結構がたがた。お世辞にもきれいとは言えないな~。





airy5ドレッシングして仕上げると、こんな風に澄ましたお嬢さんみたいな編地に変身。シンプルな編地なので、アイレットが結構効いてます。ドレッシングはピンうちで仕上げるので、細かくピンを打たないとふちが波打ってしまうところがちょっといただけないんだけれど。こういうときはやっぱりシェットランドレースのようにエジングがあればいいんだけれど。

airy6編地のアップはこんな感じ。手紡ぎ糸なので、毛羽が出ていてほわっとしています。空気をまとうような感じになりました。手紡ぎ糸 コリデール 5g 仕様針 4号輪針 13cm×100cm になりました。ドレッシングで結構伸びました。紡いだ糸玉は11gだったので、半分の量で出来ました。5gなんて軽さなので、やっぱり霞みたいです。写真だと柔らかくてほわほわで軽くて暖かくて、なんとも言えない風合いが全然出てないのが残念。実物を手にとってもらうのが一番なんですけれどね~。とにかく軽くて暖かです。このスカーフだと、シルクのスカーフは使えなくなりそうだわ~。もう一つのメリノスカーフも編んであげなくちゃ~。つばめの尻尾も編んでみたいんだけれど、パターンを手に入れてないので、残念~。やっぱりニットレースが好きだから、編んでみたい~。


airy7どのくらい透けているかというと、このくらい。フラッシュ無しで撮ってみました。透け透けなので、薄いです。この太さの糸だと気楽に紡げるし、単糸だとシェットランドレースにはちょうどいい太さの糸になりそうです。でも憧れは80番手。もっともっと細く紡げるようになりたいな~。

yuliet2yuliet22007/02/21 11:12素晴らしいスカーフの完成ですね♪なんとも言えない風合い、ちゃあんと伝わってきますよ。でも、もっとよく知る為に触れてみたい!です。(笑)13×100cmで5g。憧れを通り越して驚異の世界です。

amimonosukiamimonosuki2007/02/21 11:57てるてるです。完成おめでとうございます。5gとは、超驚きの世界です。六甲山牧場に昨年行き、紡がれた毛糸を記念に買ってきてあります。マフラーかストールを編みたいと思いつつ・・・実物を拝見してみたい・・・ですね。

hiroccihirocci2007/02/21 16:48一体5グラムってどのくらいの軽さなのでしょうか??
これは直に手にとって確かめたい!ホントに空気みたいなんでしょうね。

akochicraftsakochicrafts2007/02/21 17:58なんとも言えない透け感で美しいですね!!
かなり細いんでしょうね。だって5gって…。
本物(っていう言い方も変ですかね?)シェットランドレースはもっと細いんでしょうか?
手元に同じ六甲山の羊毛があるとつい挑戦してみたくはなるんですけど、私にはまだまだ修行が必要ですね。

nkttmamankttmama2007/02/21 18:12ほんとに触れてみたい。まとってみたい。春ですね。

yuu-kouyuu-kou2007/02/21 18:26たった5グラム~!すごいですね。オールシーズン使えるスカーフですね。実物、拝見できるといいな~。

CoutureCouture2007/02/21 20:07縫い糸を編んだような感じかしら。。。と思わず糸を手に取ってしまいました(笑)。
一番下の写真はしゃぼん玉のようなイメージですね♪
本当に素敵です…いつもながらさすが…です!

funfunfungifunfunfungi2007/02/21 22:14空気を纏うスカーフなんですね。私はシェトランドを枇杷で染めて、30gぐらいで、どれくらい編めるか試してみようと思っています。5gは無理でもできるだけ軽く細く紡げたら、母たちに編んであげたいな。

teaangeteaange2007/02/21 23:52たくさんのコメントありがとうございます。
◆ゆりえさん
このくらいの細さの糸だったら、普段使いのニットレースにちょうどいいかな~なんて思っているんですが、梳毛糸でちゃんと紡ぐともっときりっとしたものになりそうです。でも、櫛で梳毛糸ってついつい面倒なので、カードがけしてセミ梳毛に紡いでます。だから毛羽があるんですよ~。薄くて軽くて、なんだけれど、さすがウールで暖かいんです。
◆てるてるさん
牧場の紡績糸、あれは撚りがきつすぎるんです。織りの経糸用みたいでニットにはちょっと硬いな~っていう糸なので、ちょっと残念なんです。太目の針でざくざくと編まれたほうがいいかなと思います。コリデールなのに、ちょっとちくちくするのが玉に瑕ってところでしょうか。
◆hirocchiさん
一円玉5枚分しかありません。編みながら、これはもしかしたら11gの糸玉半分で済みそうって思いましたけれど、ばっちりでした。本には25gで二つは充分編めるって書いてあるので、それを考えても、半分の重量ですよね。
◆Akochiさん
シェットランドレースって、セレモニー(洗礼式や結婚式)などに使われるものはリングショールっていって、大判のショールがリングにするりと通ってしまうくらいのものなんです。伝統的なものはもっと細い糸で編まれるわけなんですが、普段使いのショールになるとこのくらいか、もうちょっと太目の糸でも編んでいるんじゃないかしら。牧場のコリデール、ネックのあたりの毛だと、細番手なので、細い細いレース糸は作れますよ~。
◆なほポンさん
触ってみても、ほわほわなので、頼りないかもしれないですね~。まとってみると、薄いのに暖かです。暖かな空気が周りにあるみたいです。
◆yuu-kouさん
実物は絶対見ることができますよ~。スピンドルオフ、2回目はいつごろがいいでしょうね~。今から楽しみなんですけれど~。それまでにはもうちょっとあれこれと編んでみようかな~。
◆Coutureさん
そうそう、縫い糸を編んだって感じですね~。でも縫い糸には毛羽がないので、ちょっと違うかしら。アイレットの部分がしゃぼんだまみたいに見えますね。色違いでも編んでみたいパターンです。これ以上はないってくらい簡単なんですもの。絹糸で編んだらおしゃれでしょうね~。
◆ふくさん
びわで染めた糸、みましたよ~。とっても優しい色で素敵です。ふくさんはもうかなり細番手に紡げていらっしゃるから、針を太めにしてレースを編まれても、おしゃれで素敵だと思いますよ。あのビーズの手作りスピンドル、可愛くておしゃれで最高です。

bodhitreebodhitree2007/02/22 02:40Teaさん、とっても美しいスカーフですね! まだ手紡ぎは未知の世界の私にとって、自分で紡いだ(しかもこんなに細く)糸で編むなんて、もう夢のまた夢。。。しかも5g、すごいです。

RumikoRumiko2007/02/22 09:00わあ~~~、触れてみたい!!! 繊細さにすごく惹かれます♪ まさしくAiryですねっ。

teaangeteaange2007/02/23 16:09◆yumさん
手紡ぎってそちらのほうが盛んなのではないかしら。少なくとも素敵なクラフトマンが作るスピンドルはそちらでいっぱいあるな~とうらやましいんですよ~。紡ぐのは本当にシンプルな動作なので、難しくないです。ぜひぜひ挑戦してみてください。楽しいですよ~。
◆Rumikoさん
空気みたいなスカーフになりましたよ。あまりに軽いので身につけているのに気がつかないくらいかも。それでいてほわっと暖かいので気持ちいいです。