Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-12-01(Fri)

[]ハンドカーダーの選び方 10:30 ハンドカーダーの選び方 - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

handcarder1

手紡ぎをすると、必要になってくるのが羊毛をふわふわにほぐして繊維の向きを揃えるのに使うハンドカーダー。いろいろなサイズがあるけれど、かなりの頻度で使うものなので、選ぶのにこつがいります。

1.重さが軽いこと これ重要 

2.針目は2種類あります。

 粗め ロムニー以上の太番手(毛番手) 羊毛の繊維が太いもの用

    お店に行くとハンドカーダーくださいっていうと、大抵これをもってこられます。

 細かい目 コットン、メリノ、シェットランド、コリデールなどの細番手用(毛番手) 羊毛の繊維が細いもの用。シルクやアルパカ、カシミアなどの獣毛を混紡するときや、色をきれいに混色したいときなどはこちらが便利。

2つのポイントで選ぶことが重要。自分がどんな糸を紡ぎたいのかによって使うカーダーも変わります。私は中細以下の細番手をよく紡ぐので、いつも使っているのはコットン用のスチューデントミニというサイズです。アシュフォードから出ているもので一番軽いのがこのタイプ。

写真の画像では

A アシュフォード スチューデントミニ コットン用

B アシュフォード スチューデントミニ ウール用

C おそらく川島テキスタイルの紡ぎ教室で購入されたもの。ウール用

  (神戸ウールの会経由で手元に来たので、よくわからないのです)

追記 基本的にハンドカーダーの種類はAとBの2種類です。そのどちらかを選ぶということになりますが、普通サイズのものは上記のものよりも一回り大きいです。その分重くなります。でも、大きいからといって上のものよりもたくさんカードがけができるかというと、そうでもありません。一度にカードできる量はスチューデントミニのサイズでも普通のサイズでも変らないです。ちなみに普通のサイズのアシュフォードのハンドカーダーは重いので私は持っていません。

現在アシュフォードのスチューデントミニのタイプは写真のものより合板が厚くなっているので、このタイプのものよりちょっと重い目になっています。

針布の細かさは以下の写真を参考にしてください。

handcarder2

marymary2006/12/01 16:56teaさん初めまして。最近つむぎを初め、HPやこちらのブログを毎日徘徊させていただいてます(・-・*)
ちょうど染色ロムニーのセットを買ったので自分で混ぜたい!とカーダーが欲しくて探していたところだったのです。自分ではどれがいいのかわからず困っていました。この記事を見てお礼を言わずにはいられなくなりました(笑)有難うございます!!参考にさせていただきます。
キーウィクラフトの糸もとっても素敵ですね!スライバーの糸があるのでちょっと試してみようと思います。
http://marycitrus.exblog.jp/

nayuta_amiaminayuta_amiami2006/12/01 21:48キーウィクラフト!名前だけは聞いたことあったのですが、こういうものだったのですね~、理解できて嬉しい!詳しく書いてくださいってありがとうございます(*^▽^*)
ハンドカーダー、こんなに種類があるんですね。私が持ってるのはアシュフォードの普通のやつ…。でもコリデールやメリノをよく使うので、本当は細かいのが必要だったのかしら…!

CoutureCouture2006/12/01 22:04おぉ。。。購入したいと思っていた矢先なので、とっても参考になりました!
ただ「カーダー下さい」じゃだめですね(笑)!
あやまちを犯す前で助かりましたよ^^。
teaさんのブログは毎度毎度勉強になります♪
ありがとうございました~!

teaangeteaange2006/12/01 22:13◆maryさん
maryさんのブログ、じつはこっそりと覗いておりました。maryさんも紡ぎのせかいに入ってきましたね~。楽しい楽しい紡ぎなので、いっぱいくるくるして癒されてくださいませ。ハンドカーダーはよくわからなかったら、店員さんが適当にこれ、って買わされてしまうので、知っていて買うほうがいいですよね。私の場合はウールもするし、コットンも紡ぐので両方必要だったんです。
◆なゆたさん
キーウィクラフト、やってみると面白いです。メリノだから手のひらでごしごしやっているだけでも、絡まって糸になっていますし。グリージーでやるときは、Gパンでというわけにもいかないでしょうから、エプロンでやらないとダメでしょうね~。ハンドカーダーのかけかたがまだまだっていうのはもしかしたら細番手のほうがよかったのかもしれないですね。両方持っていると便利ですけれど、ネップなども細番手のものだとかなりきれいにほぐれてくれます。
◆Coutureさん
そろそろ皆さんハンドカーダーを買われる頃じゃないかと思って、そうそう、これを書いておかなくっちゃと写真を撮ってみたんです。ウール用のものでなくてもコットン用の細番手のほうが使い道が多いかなって思ったりもしますね。

junk111junk1112006/12/02 01:20teaさん、こんにちは!先日はブログに来ていただいてありがとうございます。ハンドカーダーって色々あるんですねえ、知りませんでした。今のところ洗い済みのフリースを適当にほぐしながら混ぜて紡いだりしてるんですがやっぱりカーダーは必須ですか?
キーウィクラフトって初めて聞きました。そうか〜、市販の毛糸で無撚糸っていうのはどうやって糸になるの?と紡ぎをはじめてから気が付いて不思議に思ってたんです。こういう方法があるんですね〜やってみたいです!

teaangeteaange2006/12/02 06:57◆junkさん
ハンドカーダーは2種類あるのですが、どちらかですね。私は両方持っていますが、両方持っていると便利なことは便利です。きれいで、太さを均一に紡ごうと思うのなら、ハンドカーダーは必需品になります。手でほぐしただけで紡ぐとどうしてもスラブは出てきますから。
市販の無撚糸はキーウィクラフトのような手間はしていないと思います。市販の毛糸ってトップのスライバーを少しずつ撚りをかけながら伸ばしていくという工程でどんどん細くしていくんですが、撚りをかけてないというところから、撚りをかけずに伸ばすだけをしているんじゃないかと思うのです。その辺は紡績工場で聞いてみないとわからないことですね。切れにくいように油を添加しているみたいですし。

funfunfungifunfunfungi2006/12/02 21:57teaさん、カーダーの情報ありがとうございます。
最初はペット用のすき櫛から始めようと思っているのですが、やはり欲しくなるとは思うので大変参考になりました。実はクリスマス頃にアナンダさんに行けそうなのです。

teaangeteaange2006/12/03 22:26◆ふくさん
ペット用の櫛も使えるので、私は持っていますよ~。梳毛糸を紡ぐのに必要なんです。櫛だけでもいいんですが、混色や混紡する場合はハンドカーダーは欠かせません。アナンダ行かれるんですね。よかったですね~。いっぱい毛を買われるんでしょうね。