Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-27(Wed)

[][]双糸の撚り加減 20:49 双糸の撚り加減 - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

yori2双糸にあわせたときに、スピンドルに巻き取る前に糸を緩めてみると撚り加減がよくわかります。これは撚りが甘いです。編んでいて糸割れを起こします。





yori1これがちょうどいい撚り加減。単糸だけで糸をゆるめるとくるくると勝手に双糸になるのですが、それと同じように撚り合わせるといいのです。このときは撚り止めは必要ありません。撚り止めが必要かどうかはかせにあげると、よくわかります。かせあげしたときに、くるくるとねじれれば、撚り止めが必要ですが、くるくるねじれなければ撚り止めはしなくていいです。

yori3双糸にあわせたときに、こんな風にちりちりとよじれると撚り加減は強すぎです。ただし、レース糸のような細番手の糸のときには、少し強度が必要になるので、ちょうどいい撚り加減にはしないで、ちょっと強めに撚り合せます。

うきうき2006/09/27 21:36ハンドカーダーの件ありがとうございます。参考にします。
うーんやっぱりすごっく分かり易くてtaeさん素敵です。
知らない人にわかるように説明するってむずかいしいもの。
甘えさせてください。
単糸のときの撚りはどのくらいになるのでしょうか?
単糸、Z撚りではカギ編みに向きませんか?
やはり撚り止めは必要でしょうか?
現状はスピンドルの棒に巻きつける時、一番下の写真のようになっています。
質問ばかりですみません。

teaangeteaange2006/09/28 20:06単糸のときの撚りですが、垂直線に対して、20度くらいの角度がちょうどいい撚り加減になるんです。でも、これって難しいですよね。私も普段、撚り加減を角度表を使って確認するということはしていません。いろいろ試してみて、このくらいがいいかなと自分で実感されるのが一番でしょうね。
それから単糸だけのときは糸をゆるめるとちりちりとよじれます。ですので、単糸だけで編物に使う場合は必ず撚り止めが必要です。普通糸はS撚りで仕上げるんですが、Z撚りでも大丈夫かな。双糸にあわせたほうが糸がふんわりとするので、ニットには双糸のほうが向いているんですけれどね。