Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-10-17(Mon)

[]ついてないことは重なる 22:19 ついてないことは重なる - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

シェットランドレース、間違いなおしに結局5段ほどいて、やっと直った~と喜んで、さぁ、今日はドヰ手芸店で藤戸先生のタティング教室だ~と道中のバスと電車の中で編もうと持っていったら、見事にドヰ手芸店に用具を入れた巾着を忘れてしまった~。三宮から帰るときにない!って気がついたのだけれど、おそらくドヰ手芸店で忘れてるんだろうと思ったので、自宅に帰ってから電話して確認。ちゃんと保管していただいていた。20日に再び行く用事があるので、そのときまでとっておいてもらうことになった。あ~、よかった。そういうところもドヰさんはとっても親切。店員さんの応対もとても親切なので、このごろは手芸関連はずっとドヰさんで購入することばかり。この前ユザワヤに行ったら、店員の応対もひどく、どんどん買い物しにくい店になってしまっている。やっぱりいきたくない店ね~って感じ。シェットランドレースはしばらくお休みしろ~~~ってことなのかしらね~。ちぇ……。しかも5模様目だと思っていたのに、4模様だったし……。しだの葉のパターン恐るべし。

[]輪針ばんざい! 22:19 輪針ばんざい! - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

フレックス針を片方なくしてしまったので、仕方なく「匠」で編んでいたのだけれど、やっぱり「匠」だと針が踊るので扱いにくいし、なぜか編み目が閉まってくる。今日はドヰ手芸店で針が金属のほうの輪針を買ってきて、そちらに変更したら、するすると糸が滑るのでとても編みやすい。輪針万歳。シェットランドレースやクンストストリッケンを編むために、金属針の輪針を使っているのでよくわかるのだけれど、金属針のほうが滑りやすく編みやすく感じる。クンストストリッケンの最初の5段くらいはとても小さな輪の状態から2目とか3目ずつ増やしていくので、編みにくいとどうしようもない。それでもクンストストリッケンはとても早く作品が仕上がるので大好きなレース。同じサイズのドイリーをタティングで作ろうと思ったら全然日数が違ってくるので、クンストはいいわ~~~って感じ。ただ、レース糸なので、目を落としたら悲惨な目にあってしまう。手紡ぎのレース糸だと、目を落としてもぱらぱらぱらとほどけることはなくて、その場で羊毛の繊維が多少絡まってくれているので、なんとかすることができるのだけれど、コットンのレース糸はぱらぱらぱら~~~。結局ぴ~~~~~と全部ほどいて編みなおすこともしばしば起こる。掛け目と2目一度が多いので補修がとても難しいから。