Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-10-10(Mon)

[][]Merino Scarf完成 14:03 Merino Scarf完成 - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20051010135629j:imagef:id:teaange:20051010135642j:image

使用糸 手紡ぎ糸 コリデール 8~9番手双糸

針  5号針 

22cm×153cm 50g

メリノスカーフが完成。ドレッシングしようかどうしようか迷ったのだけれど、糸の色が黄色っぽい生成りみたいな部分もあったり、白いところがあったりとまちまちなので、ドレッシングしてレース模様をはっきり出した方が糸の色がそれほど目立たなくてすむので、ドレッシングする仕上げに変更。ドレッシング後は模様がはっきり出てくるし、薄く仕上がる。とても軽いスカーフの完成。やっぱりドレッシングしたら全然別物になっちゃった。本にはドレッシングする仕上げについては書いてないので、編みあがったあと、水通しするくらいで終わる。ほわっとした柔らかい雰囲気になるんだけれど、これは好みでどちらかを選べばいいということになるかな。

りのりの2005/10/11 07:08素敵ですね~~。あの本にこんなスカーフあったかなぁと思ってしまいます。
ところで、ドレッシングとはどのような仕上げ方法か教えていただけませんでしょうか。アメリカで言うwet blocking(水につけた後ピンを使ってばっちり広げてブロックする方法)のことかなぁと想像していますが・・

teaangeteaange2005/10/11 07:35★りのさん
こんにちは。ドレッシング、まさしくそのとおりです。汚毛から洗って紡いだ糸を使っていて脂分が残っているので、60度くらいのモノゲン液につけて、洗って、すすいで仕上げました。市販の糸だったら水通しして、タオルドライしたあとにピンでいっぱいいっぱいに広げて仕上げてもいいかと思います。

candy22candy222005/10/11 14:26こんにちは。右の画像からこのスカーフがとってもふんわりしている様子がうかがえました。メリノだとだんぜん柔らかさが違いますよね! 編み終わった後に毛糸洗い用洗剤で洗うと編んでいる最中についた手の脂や汗がすっきり落ちるので私は市販の糸の時も洗います♪

teaangeteaange2005/10/11 20:18★Candyさん
あ~、名前はメリノスカーフなんですけれど、使った糸はコリデールなんですよ。パターンにはメリノスカーフとあるので、勝手にコリデールスカーフとはかけなくて。紛らわしくてごめんなさい。いつかメリノで編んでみたいと思いますけれど、(フリースから紡いでみたいけれど、フリースを洗うのが気を使うし~~~)なかなか難しいかもです。50gだったらそれほど高くつかないからいいかな~。でも今年は自分のセーターを手紡ぎ糸で作ってみたいと思います。できるのかは謎ですけれど。^^

tocikotociko2005/10/12 03:04昨日、今日と何回もお邪魔してるのだけどあまりのすごさに何を動かいてよいやら、、自分で紡いで自分で編む。。究極の醍醐味だと思います。憧れるのみ!

lum403lum4032005/10/12 04:32teaさん、ご説明ありがとうございました。ほわっとしたのもいいけれど、一手間かけると高級感がでますね。ふと思ったのですがドレッシングって手紡ぎか織りの用語でしょうか。編み物ではあまり聞かないですよね(私が知らないだけか)。

teaangeteaange2005/10/12 10:42★tocikoさん
あまりのすごさ、なんて。^^ 私の場合は編みたいものが市販されてない糸もしくは海外輸入になるので、ついつい自分で作っちゃえ~っていう感覚でやっているだけなんです。使っている羊毛の原価を考えると、びっくりするくらい安いんです。刈り取ったままの毛で汚れやらいろいろ手間はかかりますけれど、525円/kgなんですもの。品種はコリデールなので、ニットから織りまでいろいろと幅広く使えてとても重宝なのです。
★りのさん
ドレッシングという言葉はおしゃれ工房6月号で嶋田さんが使われていた言葉です。シェットランドレースを仕上げる工程の名前になっています。Gossamerwebsを調べてみるとこちらはブロッキングのほうのブロックを使っていました。どちらも同じことなのですけれど、ただ編み物であまり聞かないというのはシェットランドレース、やGossamerでしか使われない仕上げ方だからかもしれないですね。クンストストリッケンも同じ仕上げ方をするんですけれど。