Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-10-03(Mon)

[]Merino Scarf  Merino Scarf  - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20051003215740j:image 

メリノスカーフはここまで進んだ。ほぼ本に書かれているとおりのサイズになりそう。幅20cm 長さ150cmくらいで50gでできるはず。手紡ぎをはじめたころの細番手の糸なので、汚毛洗いもきちんとできていないので脂分が残っている。ちょっとねとっとしているので編みにくいし、しかも糸は甘撚りではなく、撚りがきつめのちょっと重い糸。今だともっとふわっと軽く紡げるのに、糸としての出来はいまいちだから、編んでいても、下手だな~~~って思いながら作っている。こうやっているとまた新しく糸を紡いで、きちんとした作品を作りたいと思ってしまう。本ではメリノを使っているのでもっと柔らかい腰のない風合いになっているけれど、コリデールを使っているので、ちょっと張りがある感じ。仕上げにモノゲンで洗って脂分を落としたらもうちょっとは手触りもよくなるかしら。

puyokichipuyokichi2005/10/03 21:05はじめてコメントさせていただきます。色々なスピンドルを見る事ができて嬉しい♪
紡ぎはやってみたいな〜と思うものの、編むのだけで精一杯です(^^;)
手紡ぎの糸でフェアアイル,憧れです。

w_designw_design2005/10/03 21:12teaさん、これ、とっても参考になります!!いまはほとんどまだ着手できませんが、私の次の目標はてつむぎなので、これからもいろいろとご教授いただければ幸いです。それにしても、こんなに(しかももっとお持ちなんですよね)たくさんのスピンドルをお持ちとは、びっくりです。それぞれ、重さや長さなどちょっとずつ違うので、レースにはこのタイプ、細いのはこれ、太いのはこれ、など、適応するものが違ってくるのですね。参考になります。私は先日初めて購入したひつじさんの絵がホイールの部分に描いてあるものしか持っていません。今年中に初めててつむぎができそうだったら、ブログにのせてみようと思っていますので、ぜひご指導くださいね。
それから、先日のスティッチマーカー、ご自身で作られたのですね!!すばらしい!!私はどこで材料を買うのかさえ検討つかず、結局全部購入したのですが、自分でオリジナルのものが作れるようになったら、それが一番なのでしょうね。重さも輪の大きさも自由自在に変えられますものね。とても素敵です。

hiiragi5volhiiragi5vol2005/10/03 23:29スピンドリルってあまり見たことないんですが、いろんな種類があるんですね。
メリノスカーフも手触りがよさそう!!

teaangeteaange2005/10/05 14:34★puyokichiさん 
はじめまして。スピンドルはいろいろと持っていますけれど、基本はドロップスピンドルのみでどの番手の糸も紡げるんです。でも、スピンドルで紡ぐのを極めたいななんて思っちゃったら、各種のスピンドルの紡ぎにはまってしまいました。オールラウンドにこなしたいもので。
★wakanaさん
基本はドロップスピンドルだけで、ホイールの重さを変えるだけでどんな糸も紡ぐことができます。そういう意味においては、ドロップスピンドル一つあれば充分なのです。世界各地にはいろいろなスピンドルがあるのですけれど、そのどれもを紡げるようになりたくて、ほぼ全種類のスピンドルスピニングを練習しちゃいました。そちらにはクラフトマン達が作る芸術的なスピンドルがとても多いですよね。そういうのも憧れの一つなんですけれど、ちょっと高くて手が出ないんです。自分に使いやすいものって最初はよくわからないですものね。ステッチマーカーはビーズアクセが流行りだした頃にいっぱい買ってしまった在庫ビーズがあったのでそれを使いました。Tピンとビーズ数個でできてしまうし、針にあわせて作れるので重宝です。
★ひいらぎさん
スピンドルは世界各地にいろいろな種類があります。紡ぎ車(紡毛機)で紡いでいる地域は限られているというか、どっちが多いかというとスピンドルスピニングのほうが広い範囲で使われている道具だと思います。どこでもいつでもスピンドルですし、そういうところでは糸紡ぎは生活の糧になりますから。原始時代から人間が使っていた道具なんですよ。メリノスカーフ、コリデールで作っているので、メリノほどは柔らかくないのですけれど、ふわっとしています。モノゲンで仕上げ洗いをしたらもうちょっと柔らかくなるはずなんです。