Hatena::Groupamimono

teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-14(Thu)

[][]手紡ぎニットレースショール完成 04:16 手紡ぎニットレースショール完成 - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

前の記事で編んでいたニットレースショール完成しました。

f:id:teaange:20170827151125j:image

色合いが優しい。

仕上げのブロッキング作業すると、

模様がくっきりします。

f:id:teaange:20170827230517j:image

f:id:teaange:20170827230243j:image

透け感はこんな感じ。

柔らかくて、軽くて、ほわっと温かい。

使用針 2号棒針

使用糸 手紡ぎ レース糸 45g

サイズ 43×200cm

2017-06-12(Mon)

[][]次は幅広に編んで、ショールサイズにしようと思った 17:39 次は幅広に編んで、ショールサイズにしようと思った - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20170611192019j:image

赤と紫のまだら染スライバーを紡いで、白と合わせて少し淡い感じの糸を作って。

f:id:teaange:20170607110922j:image

編み始めたらこんな感じに。↓

f:id:teaange:20170608012844j:image

f:id:teaange:20170610095735j:image

パターンは手紡ぎニットレーススカーフと同じもの。

とても風合いが優しいので、やっぱりショールサイズが欲しくなってしまった。

2017-06-07(Wed)

[][]染め直して出来上がり 05:49 染め直して出来上がり  - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20170605194714j:image

レインボー染の糸を使ったニットレースは、ワイルドストロベリーの色を薄めに染め重ねて、こんな風になりました。

使用糸 手紡ぎレース糸 27g

使用針 ダブルポイント 2号棒針

23×217cm (仕上げ前18×180cm)

レインボー染の部分は、ほんのりと色合いがわかる程度。

f:id:teaange:20170604162119j:image

染める前


f:id:teaange:20170605194831j:image

透け感はこんな感じ。

f:id:teaange:20170607052924j:image

仕上げると、模様もスキっと出てくるし、風合いがさらっとする。

ニットというよりレース。

f:id:teaange:20170605194111j:image

ブロッキング中

f:id:teaange:20170605161148j:image

編み上がった作品を染めたので、フェルト化と色むらが気になったけれど、問題なく染められた。

糸が気に入らないのも、これで染め直しができるな、と

一人ほくそ笑む。

2017-06-01(Thu)

[] 黄緑色の羊毛は使いづらいので、臙脂に染め直し 19:39  黄緑色の羊毛は使いづらいので、臙脂に染め直し - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20170601192551j:image

ずっと以前にいろんな色を染めてた羊毛の中で、手付かずだったのが、この黄緑色。

このまま紡いで糸にして、作品にしても、黄緑ってとっても難しい色。

なので、思い切って使いやすい臙脂色に染め直してみようと。

f:id:teaange:20170601192548j:image

化学染めは、染めたい色がそのまま出てくるので、出来上がりがきれい。

それでも、鍋の中では、こんな感じ。

ちょっとキレイに染まるのか?って感じだった。

f:id:teaange:20170607155930j:image

染め完了時。

染液が透明になっているのがわかるかな。

化学染めは染料をしっかり入れることができるので、わかりやすい。

乾いてみたら感じが変わるはず。

f:id:teaange:20170607155927j:image

乾いたらこうなった。

羊毛の状態は、少し荒くなったけれど、使うにはまずまず。

紡ぐ時にスピニングオイル(オリーブオイルと水を同量)をスプレーして

油分を補うといいかな。

薄い色から濃い色へは、重ね染めしても、かなりきちんと染まる感じ。

[]やっぱり紡ぎたいのはレース糸 09:38 やっぱり紡ぎたいのはレース糸 - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20170601091401j:image

レインボー染のスライバーが少量あったので、レース糸に紡いで編み始めた。

f:id:teaange:20170601091349j:image:w300

撚り合わせは、単糸を引き揃えて、S撚りにスピンドルに巻き取って、

丸い厚紙のボビンに撚りあわせながら巻き取る方法で。

この方法を使うと、レース糸の細番手の糸は格段に撚り合わせが楽になる。

撚り止めは水をスプレーするだけ。

乾いたら出来上がり。

ちなみに、

乾く時に糸が縮むので、

厚紙ボビンはこんな風にヨレる。

f:id:teaange:20170601091355j:image

f:id:teaange:20170601091352j:image

レインボー染の色合いは、作品にしてみるとやっぱり可愛らしい。

子供っぽい感じになるので、このままでは身につけにくくて。

なので、編み上がったら上から色をかけて染め直す。

さて、どんな色をかけようか。

その辺も楽しみの一つ。

2016-12-06(Tue)

[]リストウォーマーって、編み物しない人には、知らないアイテムらしい 11:03 リストウォーマーって、編み物しない人には、知らないアイテムらしい - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20161206105310j:image

手持ちの手紡ぎ糸で自分用のバスケット編みのリストウォーマーを

グリーン系の糸は一対分なかったので、

片方はえんじ系の糸で。

使用針 ダブルポイント2号針

8目16段 5パーツ

少し大きめなので、

仕上げでフェルト化して縮める予定。

編みあがりのままのポコポコした編み地も

それはそれで綺麗なんだけどね。

えんじの羊毛は2度染めして色を変えたもの。

そちらは、別記事で。

2016-09-17(Sat)ぼちぼちと紡ぎはやっています。

[][]バスケット編みのリストウォーマー 17:32 バスケット編みのリストウォーマー - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20160917172011j:image

f:id:teaange:20160917172012j:image

f:id:teaange:20160917172013j:image

f:id:teaange:20160917172014j:image

f:id:teaange:20160917172015j:image

f:id:teaange:20160917172016j:image

9/13に神戸ウールの会でバスケット編みの講習をしました。

サンプルのリストウォーマーたち。

林ことみ先生の本から。

パターンは5目10段のところを

6目12段へ変更。

使用針は3号棒針

やっぱり自分で段染めに糸を紡いで編んでいくのが楽しくて仕方がないです。

でも、右肩が五十肩で、結構制限があって

作業するのは厳しいですが。

今年の六甲山牧場のウールフェスタ

開催は11月の日、祝日なんです。

去年は私は牧場に行っていなかったので、

今年はフェスタにお当番で上がろうかなって思っています。

久しぶりに紡ぎ車で紡ぎ実演やろうかな~。

clematis2clematis22016/09/20 10:25こんにちは、クレマチスと申します。
いつか ウールフェスタにおじゃましたいと思いつつ
なかなか行けなくて残念に思っていました。
今年は10月末に大阪に行く予定が入っているので
是非そちらにも足を伸ばして・・と思っていましたが
11月だけなのでしょうか?残念です。

molly0808molly08082016/09/20 13:34とってもご無沙汰しています。
ずーっと前からこちらにお邪魔しては、紡ぎがしたいと口ばかりでしたが、
やっと最近本当に紡ぎを始めました。楽しいです♪
HPの方も見せていただいています。
近くならウールフェスタにお邪魔したいところです。
フェスタの様子、こちらにでも見せていただけると嬉しいです。

2015-04-13(Mon)

[] キュートながま口 完成 15:01   キュートながま口 完成  - teaの羊ざんまい ほわほわもふもふ を含むブックマーク

f:id:teaange:20150413145457j:image

f:id:teaange:20150413145505j:image

f:id:teaange:20150413145509j:image

ちっちゃながま口、完成しました。

模様はレシピ通りにはせずに、アレンジしています。

何が一番難しかったって、口金をつける工程でした。

縫う前に、口金にフェルトの生地を目打ちで押し込むんですが、

やってもやっても、するん、と抜けてしまう。

諦めて、仮縫いしながら、少しづつ押し込んでの繰り返しで縫い付けました。

試しにコインを入れたら、選べません。

500円も入るけど、出たがりません。笑。

さて、何を入れようかしら。