Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-05-18

タイムリー?木香薔薇

この糸を購入したわけ その1 デッラルバ

| 20:41

編み上げるスピードよりもはるかに速いのが、糸が我が家にやってくるスピード。なんてことはない、糸をそれだけたくさん購入しているだけなんですけどね。

購入するからにはそれなりの理由=編みたいものがあったわけですが・・・どういうわけか編まれることなく箱の中に鎮座していたりして。

4月から、【すてきにハンドメイドのテキスト企画を手元にある糸で黙々と編もう】と思い立ち、開かずの箱ならぬ、茶箱を開けてがさごそ糸を探しています。久しぶりに目にする糸の数々・・・思い出がよみがえり、探す手も止まり気味。

というわけで、罪滅ぼしもかねて、糸を購入した言い訳を書きます。

f:id:suuri:20170428081629j:image:left:w280

★デッラルバ★

ピーさんの2011年新製品です。

ストレート糸にループ糸が絡んで、複雑なグラデーションの合太糸です。

メインの色は朱色、カーキやパープルに変化する素敵な糸です。

購入したきっかけ:間違い

そう、間違って購入してしまった糸なのです。




編みたかったのは【手編みの本。vol.10】で紹介されていた、ゴム編みのネックウォーマーとアームウォーマーでした。

こげ茶のジャケットに合わせようと思って毛糸屋さんに行き、似合うなと思ってこの糸を購入しました。早速ゲージを取るため、ゴム編みをあみあみ。服ではないから、それほどゲージに拘らなくてもいいなと思っていたのですが、なんか本の写真と編地が違う。色が違うからかなと思ったけれど、ふわふわすぎる気が・・・。

糸のラベルを見て気が付く・・・私が購入したのは【デッラルバ】、本の指定糸は【ヴィツェンツァ】。糸を間違えていたのです。

どちらも編み進めていくと表情が違う糸が出てきて編地に変化が出来るのがポイントの糸だった。デッラルバはその年の新製品、ヴィツェンツァは多分その前年の新製品。お店の目立つところにあったのはデッラルバ。そして自分が編みたかったのは穏やかな色の変化のものだから、印象的な色遣いのヴィツェンツァよりもデッラルバに目がいったんだと思います。

試し編みをしての結論・・・うーんなんか違う。

そして、本の指定糸指定色を購入し直して編み、その冬、大活躍をしてもらいました。

で、このデッラルバはというと、編みこみセーターの一色として使えるかなぁと思い、ずっと茶箱の中にありましたが、約6年の歳月を経て、ショールに変身する予定です。

追伸:黄色グリーン系のデッラルバも茶箱に入っています。これもまたいつか・・・|д゚)

molly0808molly0808 2017/05/21 10:33 編みびとあるあるですね〜♪
ショールに変身楽しみです!

下の記事のウィングレットショール
タッセル付きで素敵です♪
編み直しされたのにすぐに完成、おめでとうございます!

suurisuuri 2017/05/24 21:12 コメントありがとうございます。
すぐじゃないですよ~GWがあったからなんとかなんとかです。

ショールに変身の方は、レース編みなので、目を落とさないかおっかなびっくり編み進めています。

ゲスト



トラックバック - http://amimono.g.hatena.ne.jp/suuri/20170518