Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-04-16

編みたいと思って挫折した思い出 その1

| 22:47

編みたいと思って、糸を購入していざ!出陣ならぬ、編むぞーと思ったのに、完成に至らなかったもろもろ・・・。ありすぎる><

苦い青春の思い出と言えればいいですが、編まれることなくケースに詰められた糸は現実として目の前にあるわけです。それら苦い現実は年二回の衣替えのシーズンに目にして、いつもなら見ないふり~をしていましたが、さすがに今回はそういうわけにもいきませんでした。約一年近く、あまり編んでいなかったのに、糸は順調に増えていたわけだから。

この春夏シーズンは、すでに二着分の糸を購入済。これ以上は買わない!心づもりで行きます。

で、手元にある糸を活用して、方眼編みのストールを編み始めたわけです。

風工房のマリンニット

風工房のマリンニット

本来編みたかったのは、この本に掲載されていた、セーターです。

指定糸:ヘイズで、太い針でざっくり編んで行くデザインでした。掛け目と二目一度で

ガーター編みのレース模様とメリヤス編みでボーダーになります。

このデザインは、前後身頃を長方形に編み、肩と脇を綴じ、袖をちょっと編む=肩の引き返し編みがないのが、私の中ではアピールポイントが高かったです。

この本2014年発行、3年前の本です。

私は、シーズンごとに出るPuppyさんの編物本や毛糸だま、時々購入するベストアイズコレクション等の編物本以外にデザイナーさんの名前で出る編物本はあまり購入しません。答えはシンプルに・・・引き返し編みがあると敬遠するから。この本は、直線的なデザインが多くて、これは編めそう!と思ったものがいくつかあったので購入しました。

で、挫折した理由は、前の記事でも書きましたが、何度も掛け目を落としたことです。

調子に乗ってきたなぁと思うとつるんと落とす。

ガーター編みで毎段掛け目と二目一度があったので、間違えたところを修復するのも大変で、挫折・・・。

実は、今回糸を流用するにあたり、もう一度このセーターにトライしたいと思わないでもなかったのですが、すでにラッピング用で使ってしまっていて必要量に足りませんでした。もうちょっと太めの糸、毛糸で初秋用ぽい明るい色でいつかトライ出来たらいいな。

ゲスト



トラックバック - http://amimono.g.hatena.ne.jp/suuri/20170416