Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2018-02-10

リーフ模様のモヘアストール その3

| 23:13

まだこれを編んでいるのか?と思われてしまうかな・・・一週間で編みあがりそうと豪語したのが1/25。現在は2/10です。

f:id:suuri:20180210225354j:image:left

このストールは持っている糸を編みきってしまうを目標に編み始めました。持っているのは4玉です。中央から左右に編み進めていくタイプなので、丁度2玉で半分編めば編み切り作戦は大成功です。

2玉で切りよく編みあがり、さああと半分と編み進めていき、最後の縁編みの段で気が付くわけです。4段一模様のこの編地、片側73段編んで縁編みを2段がテキストの指示。

が、私は55段編んで縁編みを2段編んでいたのです。指定糸とゲージがだいぶ違うこともあり、気を付けていたつもりがこの有様です。その2でアップしてある編地が間違っている証拠の写真!縁編みをほどいてあと2段編み足して再度縁編みを付ければいいのですが、そんなに糸は残っていない。じゃあ片側の段数を調整して、糸を足せばいいのではと思っても、背中心のデザインだからシンメトリーじゃないとおかしい。

一旦は2段糸をほどいて縁編みを足してみましたが、糸が余って少々もったいない。で、やはり最初に思ったように糸を編みきることを優先してみました。

それほど雰囲気は変わらないと思います・・・思いたい><明日にはアイロンをかけて完成です。

2018-01-27

東京土産

リーフ模様のモヘアストール その2

| 08:17

ゲージを取ることは準備として大切なことですが、指定糸と違う糸で編む場合はもっと重要です。今回のモヘアストールはスペックも糸の長さも違っているので、編む針の号数から試行錯誤。

その1でアップした画像は、試し編みの画像です。鈎針は号数を3号から8号で編んでみて、編む途中でノットが引っかからない号数を選びました。手前は8号で編んでいるからすごくゆるゆるな感じです。

f:id:suuri:20180127081721j:image:left

号数が決まったら、糸をほどいて、6号で再度試し編み。4玉で編み切りを目指すので、サイズを決定するためのものです。ある程度編んだら、そこで糸を切ってまたほどき、糸の長さを計ります。今回はちょっと慎重にやりました。だって追加出来ない糸で、4段一模様なので、糸がたくさん余ってしまうとか、あとちょっとできりがいいのに~と、モヤモヤしたくなかったから。


モヘア糸は絡んでほどきににくく、ノットがあるからさらにほどきにくかった><

2018-01-25

熱海の甘味処

リーフ模様のモヘアストール その1

| 21:09

購入後5年以上経過しています、イテアがついに形に!

指定糸はリッチモア社様の【タフティ】合太程度のモヘア糸の中にラメのネップが上品に輝く糸だそうです。ラメのネップという指定はハードルが高いです。ラメが入った糸でまず思い浮かんだのがPuppy社様の【シルクモヘヤラメ】。太さもいい感じですが、ラメの印象が強いように思えたのと、何よりも長さが足らないので断念。この【タフティ】は20gで140mもある糸なのです。次に思い浮かんだのは、リッチモア社様の販売終了品である【シャンゼリア】ラメのネップというところも一緒です。手芸屋さんの閉店時に購入したものがありますが、こちらも糸の長さが足らない。

ラメがなくてもいいかなと思いモヘアつながりで思い出したのがPuppy社様のモヘアマルティ。何色か手元にあるのですが、だいたい4玉~6玉。こちらも長さが足らないし、何よりこれは編みたいものがあるので(いまだに諦めきれずいます)そのままそーっと茶箱にしまい込みました。

f:id:suuri:20180116081110j:image:left

そしてたどり着いたのが、シルクハセガワ社様のイテアです。

スペック的に指定糸よりも太いため、鈎針は6号で編んでいます。ゲージを取るための試し編みをしたところ、指定の目数段数を編むと1.8倍の大きさになるので、4玉で編みきれるようにサイズ調整をしています。

やっぱり鈎針編みだと編む手は早い!一週間で編みあがりそうです。

2017-12-03

ケープ 完成

| 22:50

放射状の模様のショートケープ

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年11月号掲載

     使用糸 ★シルクハセガワ ワンジュ col.27 ライトグレー 約140g

     使用針 ★鈎針5/0号

     サイズ ★長さ約32cm

f:id:suuri:20171203224501p:image:left

11月のテキスト企画、ショートケープが無事編みあがりました。

テキストでは厚紙を芯にしてくるみボタンを編み、付けるデザインになっていましたが、指定糸ではなく、柔らかめの糸で編んだのでどうにも心もとなく、あきらめました。

テキストの指定よりも約5㎝ほど長めに編みあがっているのでショートケープと言えないかもしれません。でもこの長さでちょうどよかったかなと思います。

f:id:suuri:20171203225200p:image:right:w300

近くに手芸店がないのでボタンを探すのも四苦八苦。

これはアンティークショップで見つけたレトロなボタンです。ボタンを探すのが面倒でついついボタンのないデザインを編んでしまいますが、やっぱりかわいいボタンは素敵です。

f:id:suuri:20171203225156p:image:left:w350

後ろ姿はこのような感じです。

ケープは実用的なものではないと思っていたのですが、外出先に持っていき室内でちょっと寒い時に羽織ったり、ひざ掛けの代わりにしたりとさっそくの活躍でした。

母から編んでほしいといわれましたが、同じものをもう一着編むのは、ちょっとインターバルが欲しいな・・・別のデザインでいいのがあればと今スタイルブックをチェック中です。

2017-11-23

全部お菓子で出来ています

ケープ その1

| 12:58

編むのだろうかと疑問を呈しておきながら、編んでいます。

この画像は約10日ほど前のもので、風邪がようやく治りかけてきたころのものです。4月からずっと編んでいる企画ですし、風邪ひき中は肩から背中がすごく寒く感じたので、ケープ一枚あるだけで暖かさが違う!ボタンで留めるからショールと違ってずり落ちてこないし、着ぶくれしていても羽織れるよと思い、俄然編む手が早くなりました。

f:id:suuri:20171113082927j:image:left

多分今日中に編みあがり、久しぶりに日差しが出て暖かいので、柔軟剤で仕上げまで持っていきたいと思っています。

今年編んでいる中で最速の編みあがりかもしれません。

来月のテキストが販売になっているので本屋さんに行かないと!多分棒針編みで大物じゃないかと想像しているので早めに編み始めないと。