Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2018-01-14

交差模様のマフラー 完成

| 11:13

交差模様のマフラー

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年12月号掲載

     使用糸 ★Puppy ドラジェ col.104 ライトブルー 80g 編切

     使用針 ★棒針10/0号

     サイズ ★長さ約110cm

f:id:suuri:20180112132120j:image:left


12月のテキスト企画が編みあがりました。

本当はポンポンを両端につけるところがポイントですが、リリヤーン状糸の関係から今回は省略。

ポコポコした大きなネップが出るのがこの糸の特徴です。

普通にメリヤス編みにしても目立ちますが、交差編みになっていることで、ネップが複雑に出てきました。

糸自体は、レーヨンが入っていたりすることもあり、暖かさよりもデザイン性・刺し色として使えるマフラーになりました。

若干短いかなと思える長さですが、首にひと巻、もしくは首にかけるだけで、コートからちらっとみえるくらいの感じで使おうと思います。

もこもこしていて、見た目は暖かいように思えますが、それほどでも・・・。

レーヨンが入っているのでさらっとした感じで、梅春物のような色も相まって、早春を感じる小物になったかなと思います。

2018-01-07

蝋梅・・・春が近づいてき

年越しKCAL2017-2018 ラトビア伝統模様の帽子 追加

| 19:38

f:id:suuri:20180107115111j:image:left


昨日、着用写真を撮影するために海岸沿いに出たら、富士山が綺麗に見えました。

上手く帽子と富士山のコラボ写真を撮影できなかったのが残念で、リハビリもかねてしているウォーキングの行き先を近くの小高い山に変更!富士山とのコラボ写真です。


満足!悔いナーシ。

富士山との背比べは、世界遺産★富士山に遠慮して。

ブリティッシュエロイカのこの紺とアイボリーは本当に素敵な色です。

2018-01-06

年越しKCAL2017-2018 ラトビア伝統模様の帽子 完成

| 20:48

f:id:suuri:20180104075204j:image:right:w250

昨夜編みあがり、スチームでふんわり仕上げ、無事完成しました。

まずは、竹千代君にモデルを頼みます。・・・ちょっと竹千代君にはサイズが小さい感じです。

f:id:suuri:20180104080042j:image:left:w280

f:id:suuri:20180106152611j:image:left:w300

















次にモデルになってもらったのは、母です。

母は虎視眈々とこの帽子を狙っています。なので、べた褒め!

褒められるとやっぱりうれしいもので、母用にもうひとつこの帽子を編むことになりました。

悩んで悩んで購入した輪針も使ってみれば、快適です。付替式なので針とコードを繋ぐジョイントとの部分でちょっと引っかかったり、ねじが緩んでしまうこともありましたが、これも回数を編めば慣れてくるのかなと思います。

2018-01-02

年越しKCAL2017-2018 ラトビア伝統模様の帽子 その4

| 18:34

f:id:suuri:20180101200019j:image:left:w350

元日も、隙を見てはちょっとづつ編んでいた帽子は、いよいよ減目手前まで来ました。

この帽子雑誌掲載時の写真だとこの星模様のところから上が、光線の加減によって見えにくいのですが、こんな感じで並んでいて、ドットのようで素敵です。

さて、ここで新たな課題が!

輪針でここまで編んできましたが、いよいよ目が減っていきます。どのタイミングで短い棒針に持ち替えたらいいのだろうか・・・。



そして、輪編みの宿命?スタート部分の段差が気になります。特に編み始めの矢羽模様のところ。皆さんどうやってつじつまを合わせているのだろうか。

2017-12-31

年越しKCAL2017-2018 ラトビア伝統模様の帽子 その3

| 19:35

f:id:suuri:20171231131235j:image:left

模様編みパートⅭに突入し、紺色メインのパートが終了です。2017年はここまで。

今年はリハビリもかねて、小物メインで編み物ライフを送ってまいりましたが、来る新年はウェアを編みたい!と思っております。

一年の計は元旦にありといわれています。あと数時間後の新年・元旦に来年の計画を発表~したいなと思いながら、すてきにハンドメイド12月号のマフラーを編んでいます。