Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-10-17

ファイティングポーズ蟷螂

すかし編みのロングマフラー その1

| 22:54

すてきにハンドメイド10月号のテキスト企画、編み始めています。

会社で昼休み時間に無心に編む!編む!編む!

f:id:suuri:20171016083045j:image:left

が・・・2mにはまだ遠く、週末に折り返し地点に到達するかどうか・・・といった感じです。

掛け目と二目一度、表編みと裏編みで作るシンプルな模様です。

調子に乗って編み忘れるのは掛け目。

二目一度でも、私が右上二目一度の操作が好きなようで、気を抜くと、左上二目一度すべきところを右上二目一度にしてしまい、ケロケロ~となること何回か。


しかし、毎段編み終わったらちゃんと確認しているので、大ごとにならずに済んでいます。

f:id:suuri:20171017213346j:image:right

棒針編みの編地ではいい感じにストライプが出ていますが、一方、同じ糸を使って鈎針編みで編んだモチーフだとこんな感じに色が出ます。

鎖編みと細編みベースのモチーフです。モヘアが入ったロービングヤーン、しかも編んでから経年しているため、モヘアが絡み合っていて、ほどくこともままならない感じ。

このままずっと、茶箱の主としてしまいこまれるのかもしれません。

2017-09-25

かのこベース模様のミニマフラー

| 23:15

かのこベース模様のミニマフラー

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年9月号掲載

     使用糸 ★Puppy ミュルティコ 等

     使用針 ★棒針5号/鈎針4/0号


f:id:suuri:20170923202946j:image:left:w250



ミュルティコとエヴァーフィール、二種類の糸を繋いで編み上げました。

ちょっと見た目にはつないであるようには見えないと思います。

鈎針で編んだ縁編み部分はエヴァーフィールです。ミュルティコよりも若干太い糸なので、テキストの編みあがりと違い、縁編み部分は少々太めに編みあがりました。

ミニマフラーの両端はわざと景色が違うように編んだので、結んだ時にどちらを上に見せるかで雰囲気が違ってきます。

このマフラーは編みあがり前から、家族から欲しいとの声がかかりました。

f:id:suuri:20170923155914j:image:right:w250

4月から編み始めたこの企画、半分が終わりました。

今更ながら気が付いたのが「編地を遊ぶ」と修飾語が付いていること。確かに、振り返ってみると鈎針/棒針、色々なテクニックを使った編地が提案されています。

かのこ編みは改めてこうして身に着けるものを編むのはすごく久し振りです。ノット編みもすごく久し振り。こうしてみると、まだまだ知らないテクニック、編地がたくさんありますね。



今後どんな編地が提案されるのか、残り6回を私なりに推理をしてみました。

 〇鈎針/棒針残すところ3回づつと予想

  大番狂わせで、アフガン編みが一回はいるかな?広瀬先生、アフガン編みの本を出されているし。私はプレーンアフガン編みならば出来るなぁ。

 〇棒針編みでは

  アラン模様・・・王道中の王道

  編みこみ模様・・・糸を縦に渡していくアーガイル模様を予想

  ブリオシュ編み・・・近年のトレンド?だから

 〇モチーフつなぎ・・これも王道

  玉編みを前面に押し出した何か・・・何かしか言えない><

  アイリッシュロッシェレースを使ったもの

どれだけ当たるかなぁ・・・というわけで、明日テキスト10月号を購入してきます。

2017-09-17

鳳梨模様の大判ストール 完成

| 22:11

鳳梨(パイナップル)模様の大判ストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年8月号掲載

     使用糸 ★シルクハセガワ MATSU LILY col:SPA BLUE 約240g=約920m

     使用針 ★鈎針4号


f:id:suuri:20170917215201j:image:left


連続でのパイナップル模様です。

このパイナップル模様は、少しスリムなデザインでした。

使用糸は、これもまた連続で、シルクハセガワ社のマツリリー、シルク&レーヨンで、リリアン状の糸です。

指定糸はPuppy社様の新製品:ルチア、指定糸で編みたいなと思わないでもなかったのですが、そこはぐっとこらえて、手持ちの糸で編みました。

ルチアは実物を手に取って拝見しましたが、シルク100%でサラッとした肌触りで光沢は控えめでした。

私が使用したマツリリーはレーヨンが入っているので光沢ははっきりしていて、しかもリリアン状なのでもっちりしています。なので、パイナップル模様もくっきりボリューム感があります。色は薄い水色で、盛夏よりも初秋にかけて活躍できるかなと思っています。

ラベリーで皆様が編みあがった作品をさり気なく木にかけて撮影しているのをよく目にして、自分もやってみたい!と思ってこんな感じで写真を撮りましたが、なんか失敗。風にそよぐような感じを出したかったのに。きっと選んだ百日紅の木がダメだったのだと思うことにします。百日紅は色々な色がありますが、私はこの色が好きです。

選んだ糸、マツリリーはアウトレット販売で購入したもので、他に紺色と白色を購入してあります。マリンストライプのカーディガンを編みたいと思っての購入で、コントラストがきつかったら、クッションの役目に使おうと、この薄い水色も購入したものを今回活用。マリンストライプのカーディガンも、いつか・・・。

f:id:suuri:20170917221938j:image:right:w300

クシュクシュっと首もとで結ぶとこんな感じです。中央から左右に編み進めていくので、縁編みも模様なりで、最終段はピコット編みでまとめます。

ストールの長さでいつも悩みますが、指定の長さになるように模様を増やしました。着用して、もう少し長さが欲しいなと思ったら、まだ糸は残っているので模様単位で簡単に長さを伸ばせるのはうれしいです。

2017-09-12

葛の花

鳳梨模様の大判ストール その2

| 23:35

折り返し地点を過ぎて順調にストールは編みあがりに向けて伸びています。

真ん中から左右に編み進めていくタイプなので、希望する長さの半分まで編み進めたらそこで終わって、反対側を同じ段数だけ編みます。

f:id:suuri:20170901175239j:image:left




マフラーだったりストールだったり、巻き物って長さを決めるのが難しいと私は感じています。テキスト通りの長さにすれば一番いいのかもしれないけれど、やっぱり使い勝手ってあるし、好みもありますからね^^

大抵、私は長すぎることが多く、その経験則を元に、次は短くしていま一つ使い勝手が悪い・・・。大は小を兼ねるとよく言いますが、長いは短いを兼ねるってことはあまりないですね。

2017-08-20

レンゲショウマです

鳳梨模様の大判ストール その1

| 21:58

8月に入って、天候不順な毎日が続いています。天気予報も<曇り時々晴れ、ところにより雷雨>といった、なんでもありじゃん!的なものが多いですね。それでも東日本における冷夏の報道をみると、まだ夏!していると思うところに住んでいます。

f:id:suuri:20170817082350j:image:left:w250

パイナップル模様のプルオーバーは編みあがっていますが、着ていきたい!と思っていた時が肌寒く、タンスにしまわれたままとなっています。着画をアップ出来るようになったらご報告します。

もう一つのパイナップル模様、すてきにハンドメイドで紹介されている大判ストールを編んでいます。糸は指定糸で編みたい!と思ったのですが、手元にある糸で編むという最初の誓いから外れてしまいます。選んだ糸はサラッとしたリリアン状の糸で、薄い水色です。

背中心で左右に編んで行く形で、楽しく編んでいます。