Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-08-20

レンゲショウマです

鳳梨模様の大判ストール その1

| 21:58

8月に入って、天候不順な毎日が続いています。天気予報も<曇り時々晴れ、ところにより雷雨>といった、なんでもありじゃん!的なものが多いですね。それでも東日本における冷夏の報道をみると、まだ夏!していると思うところに住んでいます。

f:id:suuri:20170817082350j:image:left:w250

パイナップル模様のプルオーバーは編みあがっていますが、着ていきたい!と思っていた時が肌寒く、タンスにしまわれたままとなっています。着画をアップ出来るようになったらご報告します。

もう一つのパイナップル模様、すてきにハンドメイドで紹介されている大判ストールを編んでいます。糸は指定糸で編みたい!と思ったのですが、手元にある糸で編むという最初の誓いから外れてしまいます。選んだ糸はサラッとしたリリアン状の糸で、薄い水色です。

背中心で左右に編んで行く形で、楽しく編んでいます。

2017-08-13

三角ショール 完成

| 18:28

木の葉模様の三角ショール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年月7号掲載

     使用糸 ★シルクハセガワSUZU(注) 100g

     使用針 ★輪針80cm 3号

     サイズ ★底辺(幅)106cm×高さ(丈)52cm

f:id:suuri:20170813182800j:image:left:w250


指定サイズは底辺116cm×高さ58cmでしたが、糸量から考えて、サイズを小さくしました。

指定サイズだと、葉っぱモチーフの模様が一辺21模様出来るところ、17模様にしてあります。大げさにならず、肩を覆ってくれるサイズ感は、冷房が効いたところにいる時に羽織るのにちょうどいいかなと感じました。

シルクとコットンの混紡糸で、さらっとした肌触りです。

一か月遅れですが、なんとか編みあがりました。

久しぶりの三角ショール、おそらく3年ぶりくらいです。前に編んだものは家族にプレゼントをしました。どうも三角ショールは自分が羽織るとおさまりがわるいというか、しっくりしないのですが、このサイズは肩に羽織っても大げさじゃないし、いいかもしれません。バッグに入れておくにも邪魔にならないのでさっそく使おうと思います。

f:id:suuri:20170813134257j:image:right:w230

後姿を見ると、もうちょっと大きい方が二の腕が隠れたか・・・と思ったり。でも、そうすると、腕のところが邪魔に感じるだろうし、悩ましいところです。

鈎針編みで編むフリンジは、広瀬先生の作品ではよく採用されています。この糸はとても軽いので綺麗に落ちてくれないのですが、もう少し重さのある糸だったら、綺麗に落ちて先端にあるクローバーのモチーフが綺麗だと思います。

(注:使用糸について)

シルクハセガワ社様の企画販売:ハッピーボックス(福袋)を購入した際に入っていた糸で、ラベルはありませんでした。しかし、自分がプロパーで購入し手元にあったSUZUと比較し、同じ糸だと思われるため、このように表記しました。優しいオレンジシャーベットのような色で、現在販売されている糸のどれに当てはまるのかはわかりませんでした。

2017-08-12

宇治金時 穴の底には餡子

三角ショール その2

| 19:57

f:id:suuri:20170809081458j:image:left

無事本体が編みあがりました。編み終わりは、裏から表編みの伏目です。伏目はついついきつくなってしまうので、ここも慎重に。





私はこのショールを編む前に、同じ編み図を使って棒針編みで編む木の葉模様のモチーフを編みました。

f:id:suuri:20170809081523j:image:right

そのモチーフが、ショールの中で浮き上がるようにデザインされているとなっていて、実際テキストに掲載されている写真はそれっぽくなっていましたが、私は疑心暗鬼でした。レリーフのように浮き上がるのだろうかと・・・。ガーター編みの編地の中で、木の葉模様のところはメリヤス編みになっています。そして葉っぱは増目と減目が入るのできちんと浮き上がって見えています。

このデザイン、多分糸の色は単色の方がより葉っぱの部分が浮き上がって見えていいのだろうと思いました。

あとはフリンジを編みつけて整えて完成!もう一息です。

2017-07-30

かえるのるーくん 和菓子

三角ショール その1

| 22:43

f:id:suuri:20170730222104j:image:left

下の投稿で泣き言を言っています三角ストール、輪針を買い求め、いよいよ本格的にスタートです。

両サイドで1目づつ、中央で2目、2段で4目づつ増えていくストールです。

ケロケロの要因は、両サイドの増し目=掛け目を忘れる、もしくは戻る段で必要のない掛け目をしてしまう、ですね・・・。

糸はシルクハセガワさんで購入したハッピーボックス(福袋)に入っていた糸です。お買い得なボックスなので、中にはラベル(糸の名前等)がついていない糸も入っていました。これもその一つ。プロパーで購入した糸が手元にあるので間違いはないと思うのですが、商品名:SUZU(スズ)。色は不明です。

この糸は、ギンガとコットンギマテープのコンビネーションです。ギンガは色味はパフかな、ちょっとクリームがかった色です。コットンギマテープは薄い桃色です。すごく優しい色です。

針は3号針で編んでいます。

ちょこっと皆様のお知恵を拝借

私は、いままで棒針で編むことも少なく、まして輪針を使う機会はあまりなかったので、その都度購入をしていたのですが、近くに手芸店が少なくなり、あっても手芸材料・道具を在庫していることが少ない為、思った時にすぐ道具が購入できない状況を考え、ひと通り購入しようかと思いいたりました。

輪針には、一般的なものと、付け替え出来るタイプとありますが、皆様はどちらを使われていますか?私はクロバー社様の匠を使っています。

fumiko1955fumiko19552017/07/31 13:03始めまして、かな?
輪針は、付け替え用でしたら、ちゅーりっぷさんの、キャリーCのロング、が良いと思います。匠の付け替え用は針が短いので編みにくいです。接合部分のねじが緩むときがあります、
付け替え用でない輪針なら、匠の輪針が良いと思います。
ただ、値段が高いのでちょっと難点です。
匠の付け替え用、キャリーCの付け替え用、3種持っています、
輪針は編み物歴が長いので、ほとんどの号数の40センチ、と60センチは持っています、
今はキャリーCのロングをよく使います、ただ針の大きさが日本の規格と違うので、注意する必要があります。
針が金属でもプラでも竹でもあまりこだわりはありません。

suurisuuri2017/07/31 22:19こんばんは^^コメントありがとうございます。
そうか!針の素材もポイントなのですね。
私は何も考えず、針=竹素材と考えていました。
輪針は長さがいくつもあって、何をどこから揃えていけばいいのやらです。長さは、編みたいものよりもどれくらいの長さがあればいいのかの加減もわからないです。
ただ、輪針の方が棒針で編むよりも、編む途中のものを片付けるのが簡単だし、キャップが必要なくて楽ちんだなと感じています。
匠の輪針は糸のすべりがよくてストレスなく編めます。

2017-07-05

お散歩用ミニバック 完成

| 23:22

赤いお散歩バック

     デザイン★パピー事業部 ヨーロッパの手あみ 2016/春夏

     使用糸 ★ミネラーレ 505(赤から青のグラデーション) 1.3玉

     使用針 ★鈎針 3/0号

     サイズ ★高さ9㎝×幅17㎝

     付属品 ★1.3cmボタン×1

     変更点 ★指定鈎針は4/0号でした。

          持ち手は細編みでひもを編んで二つ折りにする指定ですが

          3本糸でスレッドコードを編みました。

f:id:suuri:20170629081240j:image:right:w290




デニムに合う色を探してこの色になりました。

写真では紫系に写っていますが、そこの部分の糸ははっきりした青で、赤い細い糸でカバーしています。

ボタンはアンティークのお店で見つけた80年くらい前のフランス製ガラスボタンです。

スマホとハンカチ、小銭入れをいれてちょうどいいサイズになりました。

毛糸でバッグを編むというと、まず思い浮かべるのは、下田直子さんがデザインされたカチッとしたバッグです。(鈎針編み限定ですね)

どの本とは覚えていないのですが、確か、針の号数を落としてきつめきつめに編むといいというようなアドバイスが書いてあったように記憶しています。実用に耐えうるものをという意味もあったのかもしれません。それだからというわけではありませんが、私が鈎針編みでバッグを作る時は、指定針よりも号数を落として編むようにしています。

このバックは形が綺麗だから編んでみたいと思い、毛糸やさんで実際に糸をみて購入。デニムに合う色だからと選んだけれど、購入後に販売終了色だとわかり少々複雑。いい色だとおもうんだけどなぁ。

f:id:suuri:20170621225718j:image:left:w200

ボタンは、時々立ち寄るアンティークショップで目を付けていたものです。綺麗な空色で、指定サイズとぴったり!

ボタンが決まったところで編み始め。底の部分を細編みで編んで行きます。この時点で、幅は約17㎝、テキストの完成図では22㎝ですので、一回り小ぶりに出来上がる予定

f:id:suuri:20170629081305j:image:right:w250

ここで私は大きな失敗を・・・。

デザインをよく確認していなかったのですが、持ち手になる紐を、本体サイドの模様編みの部分を利用して通し、それを引っ張ることでギャザーを寄せてバッグの形を整えているようになっています。

本体を小さく編んだので、指定の方法で持ち手の紐を作っても、模様編みの間に出来たわずかな隙間に通すことが出来ないのです。

試行錯誤の末、共糸を一本添えることで、太さと強度を調整したスレッドコードを使うことで一件落着・・・かな。

私が、編み図の見方が下手なせいもありますが、持ち手の紐のつけ方がなかなかわからず苦労しました。

お気に入りのこのバッグ、今朝のウォーキングから持ち歩いています。