Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-03-26

Vortex Shawl (渦巻きショール) ラップアンドターン 出来ているかな?

| 20:56

渦巻きショール ラップアンドターン

     デザイン★ベルンド・ケストラー

          世界の編物2016-2017秋冬号

     使用糸 ★ハンブルグ col.951 6.9玉

     使用針 ★棒針 6号

     サイズ ★フリー

     注意  ★編み図に誤りがあります。訂正が出ていますので

          ヴォーグ社のHPから確認をしてください。         

f:id:suuri:20161103122337j:image:left:w200

引き返し編みが苦手・・・というよりも、避けて通っていた私が、このショールを編みたいと思ってチャレンジしました。

なぜに引き返し編みが苦手なのか・・・

学生のころ、手芸屋さんで開いていた棒針の編み物教室に通っていたことがあります。そこのお店で買った毛糸で編むというスタイルで、テキストに沿って一年通えば長袖セーターが編みあがるというものだったと思います。難点は・・・通う曜日とかは決まっているのに、先生が都度違うという点。二週間に一回通っていて、最初のころは一回通うと小物が一つ編みあがるところまで教えてもらえ、自宅で完成させるペースだったのです。ステップアップしていき、ベストを編むところまで来ると、一回で飲みこめなくて、次の回でも同じところを確認し、間違っていたら編み直しというペースに入った時、私の躓きは「肩の引き返し編み」でした。掛け目をして編地をひっくり返して~云々。そこがよくわからない。で、次の回でもう一度教えてもらうと、今度は編み目マーカーをいれてひっくり返し、シンカーループをひっかけて~云々(だったと思う)。つまり違う先生に教えてもらうことになり、最終的な形になる時は同じなのだろうけれど、そこまでの道のりが微妙に違う・・・。で、こんがらがってしまったのですね。良くわからぬまま、ベストをなんとか編み上げ、最後のセーターの時も同じ躓きが発生し、最後は、先生が「こうしてこうやればいいのよ」とうにゅうにゅ針を動かして何かが起こり、引き返し編みが出来上がる=自分でやっていない。そして一年が終わったのでした。ちゃんちゃん。

f:id:suuri:20170312212702j:image:right:w250


以後、なんちゃって引き返し編み、もしくは引き返し編みがないものを編むという、裏街道を歩むがごとく避けてきましたが、今回はガーター編みの編地を引き返していくというので、編み直しも簡単かなと頑張ってみました。



f:id:suuri:20170312123111j:image:left:w250


これで正しいのか・・・不安なのですが、一応渦巻き模様が出てきています。

母に着用してもらいました。小柄な母にはちょっと大きめのようですが、とても暖かいと好評です。

どう纏ったら、渦巻きが綺麗に見えるのか、四苦八苦しました。

毛糸は1玉余分に購入してあるので、頃合いを見て、ポンポンを作って先っぽに付けようと思っています。

f:id:suuri:20170312123133j:image:right

2017-03-07

ジャーマンレースショール

| 22:48

ジャーマンレースショール 久しぶりレース編み

     デザイン★ベルンド・ケストラー

          ベルンド・ケストラーのネックウェア

     使用糸 ★ソフトスパンシーク(5番:赤と黒の段染)3玉

     使用針 ★棒針 7号

     サイズ ★         

f:id:suuri:20170227174158j:image:left:w200

編んでみたいと思ったショールは、幅43㎝×長さ200cmでした。

大きさにおののき、これは練習をしなくてはと思い、手元にあった段染の毛糸を使って編みきりサイズで作ってみました。

この毛糸は、甘撚りで、スパンコールが入った糸が引きそろえられています。

練習と思って編んでいたので、着用する気はなかった・・・ハデだし。

が、着用してみると意外といい感じでした。


f:id:suuri:20170224093759j:image:right:w250

首元でリボン結びをして着用するのがお気に入りです。

でも・・・これだとオールドシェイル模様が生きていませんね。反省。

今回は2色の段染ですが、もっとマルチでロングピッチの段染だと、大きなサイズに編めば華やかになりますね。


f:id:suuri:20170227174206j:image:left:w350



模様をアップに。

往復編みで編んでいき、24目1模様になっています。

私は2模様で作りました。

ゲージを取る時に糸の長さを確認し、3玉の毛糸が上手く同じピッチで赤と黒の色が変わるように調整して編みました。



デザイン掲載本はこちら。他にも編みたいものがいくつかあります。

2016-02-07

バレンタイン準備は万端!?スタークロッシェに挑戦

| 20:31

苺チョコ色のテーブルウェア~自己流~

     デザイン★自己流

     使用糸 ★こっとん物語(8)0.7玉 (17)0.7玉 

     使用針 ★鈎針 10/0号

     サイズ ★菓子鉢:深さ8㎝くらい

         ★ポットマット:直径15㎝くらい         

f:id:suuri:20160207154150j:image:left:w350

バレンタインに事よせてというわけではないですが、極太のコットン糸が手元にあったので、前から気になっていた編み方、スタークロシェで、お菓子鉢とポットマットを編んでみました。菓子鉢は、バッグを編む編み図から自己流で編んでみました。縁編みが思いもかけずかわいく編めた・・・ような気がします。中に入れているのは、焼き菓子。バレンタインの時には、チョコレートクッキーをいれる予定です。


f:id:suuri:20160207170344j:image:right:w200

これは、ひっくり返せば小さなに帽子なるなぁって今気が付きました。

スタークロッシェは、記号を見るとなんか難しそうですが、編み始めると楽しい編み方でした。で、調子に乗って、ポットマットを編もうと思ったのですが、丸く編むのに四苦八苦しました。

つれないように平らな編地になるように何度か試行錯誤をしました。


f:id:suuri:20160207171540j:image:left:w380




この糸は、太いコットン糸ですが、柔らかくて編みやすかったです。

糸がまだ余っているので、コースターも編めたらいいなと思います。

2016-01-16

年越しで編んでいた チュニックセーター

| 23:49

三色モノトーンチュニック~RichMore Best Eye's Collections vol.123 2015年夏号 p29より~

     デザイン★藤谷 沙恵

     使用糸 ★ソフアルパカ(12)3玉 (25)2玉 (110)1.6玉

     使用針 ★鈎針 5/0号

     変更点 ★オリジナル使用糸:コリーヌ

          もともとは春夏用糸を使用していますが、私は秋冬用に          

f:id:suuri:20160103133907j:image:left:w250

これは昨年末から編みはじめ、新年早々編みあがったものです。つまり年越しセーターでしょうか??新年早々に母の誕生日があるので、母に似合うかなぁと思って編みはじめたのですが、編んでいる最中の母のコメントは辛辣でした。曰く、コントラストが激しすぎて似合わない。ボーダーは太って見える。

た・・・確かに、値段が安くなっていた糸からチョイスしたけれど、モノトーンで合わせているし、糸は暖かい素材だし悪くないはず・・・。

f:id:suuri:20160103133846j:image:right:w180










いざ着用してからの感想は、「意外と暖かい」というもの。着丈は腰下まであるし、薄手だから、コートの下に着てももこもこしないしと、喜んでもらえてホッとしました。

気にしていた色目も、持っている洋服とのコーディネートが出来るらしく、色々と合わせて試着してくれました。唯一の不満?は裾のフリルが若々しすぎるといったものでした。

誕生日の食事会にも着てくれて、うれしかった^-^ノ

2015-12-19

鈎針あみで編んだクリスマスオーナメントで飾るクリスマスリース

| 22:23

f:id:suuri:20151219214959j:image

クリスマスリース~いくつかの編み図およびオリジナルで編んだパーツをまとめて~

     デザイン★風工房/その他

     使用糸 ★並太(10ply)程度のウール糸

         ★GINGA-3(42:チョコレート)シルクハセガワ

     使用針 ★鈎針 3.0/4.0号

     サイズ ★直径約16㎝のリースに編んだオーナメントを括り付ける

ほんわかした感じにクリスマスリースが編みあがりました

リースの土台は、藤棚の蔓を切って乾燥させたものです。オーナメントをあまり編まなくても形になるようにと思って直径16センチにしましたが、オーナメントを編む糸が太く、オーナメント自体が大きくなってしまい、逆に土台が小さすぎる感じに・・・

f:id:suuri:20151206221314j:image:right

糸はほとんどを残り糸、クリスマスカラーを中心に、単色のみで編みました。ストレート糸はやっぱり編みやすいと思いました。ファンシーな糸は編んでいる時は楽しいし、編みあがっても楽しいんだけど、残りの糸の活用方法がなくて、籠に溜まっていく一方です。

f:id:suuri:20151219211102j:image:left

今回のオーナメント、お気に入りは松ぼっくりです。これは糸の勝利という感じですが、この糸を見つけた時、松ぼっくりしかない!って。

色々な色が混ざった糸ですが、ちょっと枯れたような感じとか、苔がついたかのようなグリーンのネップがまさに松ぼっくりにうってつけ。

このリースを壁にかけたら一気に部屋がクリスマスムードになりました。