Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-06-22

連続モチーフ編みのストール 完成

| 22:19

紫陽花模様のストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年月6号掲載

     使用糸 ★ダイアサンタフェ TAF 608 (うす紫系グラデーション) 2.6玉

     使用針 ★鈎針 4/0号

     サイズ ★長さ128㎝×幅12㎝

f:id:suuri:20170611094025j:image:left:w250


編んでいる最中から、絶対に本物の紫陽花の花と一緒に写真を撮ろうと思っていました。

いざ花と一緒に撮影!と思うと意外とストールの重さに紫陽花の茎と葉っぱが負けてしまい、葉っぱの上で安定してくれなくて四苦八苦しました。

編んでいる時よりも、真剣にセッティングしていたかもしれません。

この写真が撮れて満足です。

これは、デザインと糸がぴったり合致したからだと思います。

f:id:suuri:20170613082539j:image:right:w250


オリジナルデザインは花モチーフ5つで幅を作っていましたが、使用糸が違うので、花モチーフ4つとなりました。

白いシャツの首元に、ネクタイのように結んで使ったらなカッコいいかなぁと思います。

f:id:suuri:20170604114347j:image:left:w250

2017-06-20

ガーターレースのスカーフ 番外編:コサージュ 完成

| 10:49

ガーターレースのスカーフ

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年5月号掲載

     使用糸 ★デッラルバ col.104(赤系グラデーション) 少々

     使用針 ★棒針 4号

     サイズ ★直径 約7㎝

     その他 ★茶色のフェルト/2.5㎝のブローチピン/特大ビーズ

f:id:suuri:20170610101637j:image:left:w230



地味な感じになってしまったブローチですが、裏にフェルトを付けて強度を補強したら、しっかりして帽子に付けても安定感が出てきました。

フェルトの縫い付け方はざっくりと・・・茶色い糸がなくて黒色です。

f:id:suuri:20170610101547j:image:right

真ん中のビーズは、ウッドビーズにすると素朴感が出ていいかもしれないと思いましたが、・・・手持ちのモノで作るを信条に進めます。

オリーブ色のニット帽子に合わせてみたら、朱色がいい感じです。ザクロの花に似ているかなぁ。何はともあれ、季節に逆行しているので、秋に着用するのが楽しみです。

2017-06-03

ガーターレースのスカーフ 完成

| 23:02

ガーターレースのスカーフ

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年5月号掲載

     使用糸 ★デッラルバ col.104(赤系グラデーション) 2.8玉

     使用針 ★棒針 5号

     サイズ ★長さ145㎝×幅15㎝

f:id:suuri:20170523114429j:image:left

予定よりもちょっと遅れましたが、無事に編みあがりました。基本的なレース模様です。

私は、掛け目と中上三目一度を組み合わせて編むこの編地を見るたびに思い出す食べ物があります。f:id:suuri:20170602071641j:image:right:w200

それは、アジの干物。・・・魚の開きです。

骨の感じ、身のぷっくりした感じがどことなく似ていませんか?

f:id:suuri:20170603171400j:image:left:w250



スカーフ編みあがり記念として、アジの干物を買って、美味しく頂きました。

編み方はシンプルで、表を編む際に、掛け目と2目一度、3目一度でレース模様を作り、裏はメリヤス編み=表から見ると裏メリヤス編みです。毎段操作をすることがないので今回は一度も間違えることなく完成。


f:id:suuri:20170523122820j:image:left:w280

糸の色が朱色・カーキ・紫系が複雑に絡み合ったグラデーションで、編んでいる途中から、インディゴブルーのデニムに似合いそうだなと思っていました。

なので、デニムジャケットにくるっと巻いて着用写真を・・・と行きたいところですが、季節は初夏、気温は28℃です。ここは青色が似合うモデルさんに頼もうということで、こんな着用写真になりました。

工事用サインコーン:世界遺産富士山バージョンです。無造作に結んだスカーフが青色のボディーに映えると思いませんか?

撮影中、警備の人が怪訝そうな顔でこちらを見ていたのが忘れられません。

ちゃんとした着用写真は忘れていなかったら秋に撮ってアップします。

2017-05-16

ウィングレットショール 完成

| 20:46

ウィングレットショール

     デザイン★ベルンド・ケストラー(Bernd Kestler)

                内藤商事株式会社販売キットより

     使用糸 ★ナイフメーラ col.631

          (グリーン・グレー・イエロー・オレンジのマルチ) 2.3玉

     使用針 ★輪針80cm 5号

     サイズ ★長さ約115㎝×幅約33㎝

f:id:suuri:20170412082213j:image

途中、間違いに気が付いてケロケロ~したショールが無事編みあがりました。

f:id:suuri:20170514172435j:image:right

着用写真のモデルは、竹千代君です。彼は人気者で、法被を着ていることも多いため、今回モデルを引き受けてもらえないだろうと思い、別のモデル(像)を想定していたのですが、念のためにと彼に逢いに行ったところ、プレーン(何も着用していない)な姿で立たれていたので、これはチャンス!と、ショールを身に纏っていただきました。

f:id:suuri:20170514172405j:image:left




このショール、どうやって纏うのか、四苦八苦。

時間が出来たら、余ったナイフメーラを使って、ブローチを作ってみてはどうだろうかと思っています。



背後からの画像を見てもらうとイメージがわくと思いますが、本当にちょっと肩を覆うだけのサイズなので、防寒というよりもアクセサリー的な感じでしょうか。

f:id:suuri:20170514200656j:image:w250:left

このキットで気になっていた、タッセルのアップ画像がこちらです。

中央に穴がいくつも開いた細長いひも状の編地をつくり、二つ折りにして、穴に交互にひもを通していきます。タッセルというと、豪奢なイメージですが、太い縄状です。

気になってwikiで調べたら、【布の終りの部分に取り付けられる装飾】と書かれていました。確かに!これもショールの先端につけた装飾です。

このタッセルをどう生かして着用するか、ハードルが高いです。


実は、最後にショールとタッセルを巻かがる時、タッセルのどちら側をショールに巻かがればいいのか悩んで付替えたのは内緒です。

最初、私は画像で先端になっている部分でショールの本体を挟み込んで巻かがりました。

キットに掲載されている作品写真でも良くわからなくて><

挟み込んで巻かがるという面倒な方法をするのであれば、指示があるだろうということで、二つ折りにした側を巻かがりました。

苦手というか、全然できなかった引き返し編みがこれでちょっとだけ自分のモノに出来たかな?忘れないようにまた編み物をしなくてはです。

2017-04-25

方眼編みのストール 編みあがりました

| 22:48

タッセル付方眼編みのストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年4月号掲載

     使用糸 ★ヘイズ col.41(サーモンピンク系) 3.6玉

     使用針 ★鈎針 3/0号

     サイズ ★長さ157㎝×幅12.5㎝

f:id:suuri:20170424171553j:image:left:w435

溜まってしまった糸をなんとか活用しようと今月から始めた、すてきにハンドメイド・テキスト企画を編む!活動、まずは4月分編みあがりです。

このストールで、デザインのポイントになっているのは、先端につけるタッセルです。

通常思うタッセルを作ろうと思うと、思った以上に糸を使うし、房の部分を綺麗に切りそろえるのも難しい。でもタッセルってかわいい!タッセルを作るのに何度も失敗している私です。

今回、提案されているタッセルは、房の部分を鎖編みで作るというものでした。

f:id:suuri:20170418181248j:image:left:w200

指で作る輪に引き抜き編みで鎖を編みつけていきます。

鎖編みを何本編みつけるかで、タッセルのボリュームが、

鎖編みの長さで、タッセルの房の長さが決まります。




f:id:suuri:20170417083013j:image:right:w200

今年の広瀬先生のすてきにハンドメイド・テキスト企画は、巻物&巻物のデザインから一部分を取り上げて小物を提案となっていて、この4月号では、このタッセルをサイズを変えて編み、イヤリングに展開しています。

方眼編みを綺麗に編み上げるには細編みと長編み、編み目をきちんとそろえることと、先生がおっしゃっています。このタッセルも鎖編みの長さをきちんとそろえることが綺麗に出来上がるポイントでした。



f:id:suuri:20170421070819j:image:right:w250

このタッセルの作り方、私にとっては、普通に作るよりも楽しく作れたので、他の何かに展開で来たらいいなと密かに思いました。例えば・・・ミトンに付けてみるとか、鞄のチャームとか。

仕上げは、コルクボードにピンで先端部分の階段状に減らし目をした部分を綺麗に整え、その上から、水で濡らし固く絞ったタオルを重ね、タオルが乾くまでそのままにしておきました。

編んでいる途中では、リネンのごわつきが気になりましたが、上記方法で整えた後は、柔らかさが出てきたように思います。

使用糸ヘイズは、残りが約0.5玉くらいあります。それは大切にとっておいて、またラッピング材として活用したいと思います。

NNiicckkyyyNNiicckkyyy2017/04/27 13:45着画写真、とっても素敵ですね~
春らしくていいです。

clematis2clematis22017/04/28 13:05素敵にハンドメイドはテレビ放送で見ていますが
テキストは買ってません。
タッセルの作り方、目から鱗ですね!
これなら、私でも綺麗に作れるかも?と
思ったりしました。いつか、トライしてみたいです!
ミトンに付けたり、チャームにしたらいいですね♪
余った糸で作っておくとプレゼントにもいいかも。

suurisuuri2017/04/29 08:27NNiicckkyyy 様
 着用写真を褒められて照れてます。
 今年はまだまだ朝晩肌寒くて、リネンストールの活躍は
 もう少し先になりそうです。


clematis2 様
 そうなんです!タッセルを自分で作ろうとすると
 房の長さがいびつになって、どんどん短くなっていく罠
 余り糸の活用方法にもなりますね^^