Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-12-03

ケープ 完成

| 22:50

放射状の模様のショートケープ

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年11月号掲載

     使用糸 ★シルクハセガワ ワンジュ col.27 ライトグレー 約140g

     使用針 ★鈎針5/0号

     サイズ ★長さ約32cm

f:id:suuri:20171203224501p:image:left

11月のテキスト企画、ショートケープが無事編みあがりました。

テキストでは厚紙を芯にしてくるみボタンを編み、付けるデザインになっていましたが、指定糸ではなく、柔らかめの糸で編んだのでどうにも心もとなく、あきらめました。

テキストの指定よりも約5㎝ほど長めに編みあがっているのでショートケープと言えないかもしれません。でもこの長さでちょうどよかったかなと思います。

f:id:suuri:20171203225200p:image:right:w300

近くに手芸店がないのでボタンを探すのも四苦八苦。

これはアンティークショップで見つけたレトロなボタンです。ボタンを探すのが面倒でついついボタンのないデザインを編んでしまいますが、やっぱりかわいいボタンは素敵です。

f:id:suuri:20171203225156p:image:left:w350

後ろ姿はこのような感じです。

ケープは実用的なものではないと思っていたのですが、外出先に持っていき室内でちょっと寒い時に羽織ったり、ひざ掛けの代わりにしたりとさっそくの活躍でした。

母から編んでほしいといわれましたが、同じものをもう一着編むのは、ちょっとインターバルが欲しいな・・・別のデザインでいいのがあればと今スタイルブックをチェック中です。

2017-11-14

透かし編みのロングマフラー 完成

| 19:58

透かし編みのロングマフラー

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年10月号掲載

     使用糸 ★Puppy レッチェ col.409 約4玉

     使用針 ★棒針5号

     サイズ ★幅16cm×長さ200cm(フリンジ込)


f:id:suuri:20171105155041j:image:left

11月に入り、なんとなく喉が痛いなと思っていたら、酷い風邪をひいてしまいました。一週間たってもまだ治り切りません。発熱がひどかった最初の2日ほどはおとなしく寝ていたのですが、ちょっと良くなると、ゴロゴロしているのもあれだしと、編み物に手を出してはまた風邪が降り返すといったあんばいです。風邪をひく前に先月のお題、すかし編みのロングマフラーを編み上げていたのですが、ちょっと遅れてご報告します。

掛け目を忘れても慌てずに、次の段で渡り糸をちょちょっと掛けて調整するのがだんだん上手くなってきたなと思う私です。

f:id:suuri:20171105143213j:image:right:w200

鈎針編みで編みつけていくフリンジがお気に入りでこんな風にミニマムに巻いて身に付けて、コートの襟元からちらっとフリンジをのぞかせたりしています。

このフリンジは以前編んだ、【手編みの本。】に掲載されていた同じレッチェを使った鈎針編みの台形ショールでも編みました。クルクルした形状がショートパスタに似ていてかわいいです。

2017-10-28

横編みのプルオーバー

| 20:45

横編みのプルオーバー

     デザイン★パピー事業部 ヨーロッパの手あみ 2005/春夏 掲載

     使用糸 ★Puppy エストレーラ col.206 9.5玉

     使用針 ★鈎針4/0号


f:id:suuri:20171022161658j:image:left


2005年というと、今から12年前のスタイルブックから編みました。

本のコメントには、大人イメージのプルとなっています。

しかし私は、セーターに重ねて着るベストとして着用予定です。

袖と裾はプチフリルのトリミング、私の好きなデザインです。

f:id:suuri:20171022164656j:image:right:w280

外は寒くても室内は暖かなので、薄手のセーターやカットソーに、袖なしのベストやロングジレを着て、外出時はこもこものダウンジャケットという服装が多い私です。

茶系の服が多いので、着回しがいいようにと、茶色系の色にしました。ラメが入っていてところどころに青・赤・黄色のネップがみえるので画像で見るよりも明るい感じになります。

ゲージを出すのに苦労しましたが、模様もセンターから対称に綺麗に入ってよかった^^

身頃中央に透かし模様が入っていますが、それを挟むように編む方向でいうと上下、写真でいうと左右の長編みの部分と、編み始めと編み終わり、脇の部分の長編みパートでゲージ調整をしました。

もともとスリットが入ったデザインでしたが、最近多い前身頃と後身頃の丈に差があるデザインに変更しました。

f:id:suuri:20171022164735j:image:right:w280

当時のヨーロッパの手あみはⅯサイズとⅬサイズ2サイズ展開の作品も多く、これも2サイズ展開だったので、前身頃はⅯサイズの目数で、後身頃はⅬサイズの目数で編みました。もともと着丈が長いデザインだったので、ゲージ調整をしないままで編んで、それぞれテキストの出来上がり寸法よりも3cm短く編みあがりました。こうして写真で見ると、1模様がだいたい3cm幅だから、もう一模様分前後差があってもよかったかなと思いました。

家族からは、プチフリルが好きなんだよねといわれて、改めて自分の好きな形に気が付きます。

この2005年春夏ヨーロッパの手あみには、他にもいいなと思う作品があるので、またチャンスがあれば編みます。

2017-09-25

かのこベース模様のミニマフラー

| 23:15

かのこベース模様のミニマフラー

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年9月号掲載

     使用糸 ★Puppy ミュルティコ 等

     使用針 ★棒針5号/鈎針4/0号


f:id:suuri:20170923202946j:image:left:w250



ミュルティコとエヴァーフィール、二種類の糸を繋いで編み上げました。

ちょっと見た目にはつないであるようには見えないと思います。

鈎針で編んだ縁編み部分はエヴァーフィールです。ミュルティコよりも若干太い糸なので、テキストの編みあがりと違い、縁編み部分は少々太めに編みあがりました。

ミニマフラーの両端はわざと景色が違うように編んだので、結んだ時にどちらを上に見せるかで雰囲気が違ってきます。

このマフラーは編みあがり前から、家族から欲しいとの声がかかりました。

f:id:suuri:20170923155914j:image:right:w250

4月から編み始めたこの企画、半分が終わりました。

今更ながら気が付いたのが「編地を遊ぶ」と修飾語が付いていること。確かに、振り返ってみると鈎針/棒針、色々なテクニックを使った編地が提案されています。

かのこ編みは改めてこうして身に着けるものを編むのはすごく久し振りです。ノット編みもすごく久し振り。こうしてみると、まだまだ知らないテクニック、編地がたくさんありますね。



今後どんな編地が提案されるのか、残り6回を私なりに推理をしてみました。

 〇鈎針/棒針残すところ3回づつと予想

  大番狂わせで、アフガン編みが一回はいるかな?広瀬先生、アフガン編みの本を出されているし。私はプレーンアフガン編みならば出来るなぁ。

 〇棒針編みでは

  アラン模様・・・王道中の王道

  編みこみ模様・・・糸を縦に渡していくアーガイル模様を予想

  ブリオシュ編み・・・近年のトレンド?だから

 〇モチーフつなぎ・・これも王道

  玉編みを前面に押し出した何か・・・何かしか言えない><

  アイリッシュロッシェレースを使ったもの

どれだけ当たるかなぁ・・・というわけで、明日テキスト10月号を購入してきます。

2017-09-17

鳳梨模様の大判ストール 完成

| 22:11

鳳梨(パイナップル)模様の大判ストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2017年8月号掲載

     使用糸 ★シルクハセガワ MATSU LILY col:SPA BLUE 約240g=約920m

     使用針 ★鈎針4号


f:id:suuri:20170917215201j:image:left


連続でのパイナップル模様です。

このパイナップル模様は、少しスリムなデザインでした。

使用糸は、これもまた連続で、シルクハセガワ社のマツリリー、シルク&レーヨンで、リリアン状の糸です。

指定糸はPuppy社様の新製品:ルチア、指定糸で編みたいなと思わないでもなかったのですが、そこはぐっとこらえて、手持ちの糸で編みました。

ルチアは実物を手に取って拝見しましたが、シルク100%でサラッとした肌触りで光沢は控えめでした。

私が使用したマツリリーはレーヨンが入っているので光沢ははっきりしていて、しかもリリアン状なのでもっちりしています。なので、パイナップル模様もくっきりボリューム感があります。色は薄い水色で、盛夏よりも初秋にかけて活躍できるかなと思っています。

ラベリーで皆様が編みあがった作品をさり気なく木にかけて撮影しているのをよく目にして、自分もやってみたい!と思ってこんな感じで写真を撮りましたが、なんか失敗。風にそよぐような感じを出したかったのに。きっと選んだ百日紅の木がダメだったのだと思うことにします。百日紅は色々な色がありますが、私はこの色が好きです。

選んだ糸、マツリリーはアウトレット販売で購入したもので、他に紺色と白色を購入してあります。マリンストライプのカーディガンを編みたいと思っての購入で、コントラストがきつかったら、クッションの役目に使おうと、この薄い水色も購入したものを今回活用。マリンストライプのカーディガンも、いつか・・・。

f:id:suuri:20170917221938j:image:right:w300

クシュクシュっと首もとで結ぶとこんな感じです。中央から左右に編み進めていくので、縁編みも模様なりで、最終段はピコット編みでまとめます。

ストールの長さでいつも悩みますが、指定の長さになるように模様を増やしました。着用して、もう少し長さが欲しいなと思ったら、まだ糸は残っているので模様単位で簡単に長さを伸ばせるのはうれしいです。