Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2018-06-20

肩結びキャミソール 完成 2008年発表の作品を編んでみよう企画第1弾

| 22:43

横編みのプルオーバー

     デザイン★パピー事業部 ヨーロッパの手あみ 2008/春夏 掲載

     使用糸 ★Puppy パロール col.301 4玉

              コットンコナファイン col.350  1玉           

     使用針 ★鈎針2/0号 棒針8号/7号/6号/5号

f:id:suuri:20180609193900j:image:left:w300




指定糸は、コットンコナマルチ(現在販売されているコットンコナのマルチカラー版)とコットンコナファインでした。

今年の新商品パロールは柔らかい編地で丈分を一模様増やしてみました。

棒針で編んだ木の葉模様の身頃と、鈎針で編んだヨーク部分のバランスが素敵だと思います。

f:id:suuri:20180326083313j:image:right:w250

使用糸はこちら。キャミソールなので糸量はそれほど多くありません。ほぼ使い切ったに近いです。10年前のスタイルブックから編んでいますが、指定糸の一つ、コットンコナファインがまだまだ活躍しているって、今のご時世的でいうとすごいことだなぁと思います。ちなみにもう一つの指定糸は、コットンコナのカラーバリエーションだったようなので、今期の新製品でいうとアストロの方がオリジナルのイメージに近いかもしれないと編んでいる途中に思いいたりました。


f:id:suuri:20180611142520j:image:right:w300

鈎針で編んだヨーク部分はこんな感じです。

この模様、だいぶ前に私が編んだこのヨーク部分とほぼ一緒だと思われます。なんとなく手がこの模様を覚えていました。

繊細だけど、編むのにちょっとコツが・・・糸をきつめに引いて編まないと目が緩んで綺麗な模様になりません。


f:id:suuri:20180612115949j:image:left:w230



着丈はこれくらいです。お尻が隠れるくらいの長さになりました。

スタイルブックでは、ロマンチックに、夏ニット!という特集で、下にチューブトップに合わせていました。

私は、10年前でも二の腕が厳しいと思っていたくらいですから、フレンチスリーブと合わせて着用。イエロー系なのでブルーデニムに合わせやすいと思います。


f:id:suuri:20180609202449j:image:right:w300



後ろはこんな感じです。

前後同型だとばかり思いこんでいましたが、ヨーク部分の段数が違っていました。うーんもうちょっと肩ひもを短くした着用写真にすればよかったと反省。旅行前々日に編み上げて、仕上げをしてうれしさに夜中に撮った写真です。

【10年前に発表された作品を今編んでみたらどうかなぁ?】企画第一弾!を編み終えました。無事旅行でも着ることが出来て満足です。

10年前のデザインだけど、自分がいいなと思ったものはやっぱり何年たってもいいんだなぁと思えました。そして一部ですが、指定糸を今でも手にすることが出来るってすごいことだと思います。コットンコナやリーフィー、アラビスで編まれてものは今でもそのままに編めます。


当時のファンシー系糸で編まれた作品は、やはり糸自身のデザイン性で完成されている部分が大きいけれど、ストレートヤーンであれば、ゲージ調整さえクリアできれば今でも編めます。手作りってすごいな^^

2018-05-06

夏のキャップ ラトビア伝統模様の帽子より 完成

| 21:42

夏のキャップ ラトビア伝統模様の帽子より

     デザイン★サイチカ 毛糸だま 2017年春号掲載

     使用糸 ★ROWAN社 オールシーズンコットン

           col.167/col.213  

     使用針 ★棒針8号

     サイズ ★高さ23cm×かぶり口52cm

     変更点 ★模様を変更するとともに、ゲージ・模様合わせのため

          目数・段数を変更

f:id:suuri:20180506165643j:image:left:w300

春に糸購入の旅?に出た時に、偶然見つけたコットン&アクリルの並太糸。インスピレーションというわけではないけれど、冬に編んだラトビア伝統模様の帽子を編みたいなと思いました。毛糸の帽子は好きなのですが、額にあたる羊毛のちくちくがどうも苦手なので、これならば長時間かぶっても大丈夫じゃないかと。


好きな色で、好きな模様で編めて楽しかったです。

f:id:suuri:20180506125152j:image:right:w320

自分でかぶっている写真。

南信州に花桃を見に出かけました。今年は春が早かったので、すでに花桃も盛りを過ぎていましたが、普段見慣れない風景はとてもすてきでした。

帽子はカーキ色ベースにうすい藤色で、季節問わず使えるんじゃないかと自画自賛しました。

この帽子のデザインをもとに模様をアレンジして、ただ一つの帽子が出来てちょっと嬉しいです。私はそうなのですが、手作りをする方は多かれ少なかれ、他の人が持っていないもの、自分にぴったりのものっていうところに価値を見出すのではないかなぁと感じます。

2018-04-16

四葉のクローバーショール(連続編みモチーフ) 完成

| 22:25

四葉のクローバーショール

     デザイン★サイチカ 毛糸だま 2018年春号掲載

     使用糸 ★シルクハセガワ社 

           シルクウールアンゴラコードヤーン#5グリーン 190g  

     使用針 ★鈎針5/0号

     サイズ ★幅180cm×長さ95cm


f:id:suuri:20180413085719j:image:left:w320

200gコーンで購入した糸で編みました。途中つなぎ目がなかったので、1本の糸で編みあげてあるショールとなります。

写真のモデルは母で、撮影してくださったのは母の友です。



満開の山桜の前でショールを広げて…の撮影の予定でしたが、すでに花は殆ど散っていたそうです。残念!

指定糸はコットン糸でしたが、私が編んだ糸はウールとアンゴラが入っているので、見た目よりも暖かです。そして指定よりも2/3の重さで軽く編みあがっています。糸を購入したのは多分5年以上前、去年の糸棚卸大作戦で再発見したものです。購入したときの記憶をたどりますと、コードヤーンとなっていたので、撚りがかかった糸をイメージしていました。200gで約720mあることで、プルオーバーを編みたいと思っていました。しかし、届いた糸は柔らかめで思ったよりも太かったのでそのまま茶箱に保管されていたものです。

3月に編んだアイリッシュクロッシェモチーフのストールで葉っぱを編もうかなと思って取り出しました。しかし、他の糸の色との兼ね合いからその時は使用を見送りましたが、このショールにはぴったりでした。気を抜くとこの写真のように、葉っぱの数が増えています。不思議と葉っぱが少ないことはありませんでした。

f:id:suuri:20180412202526j:image:right:w250

このショールを新幹線の中で編んでいたところ、隣に座られた方から、クローバーがいっぱいで素敵ですねといわれました。掲載雑誌には花のモチーフとなっていたけれど、私も四葉のクローバーっぽいと思っていたから、作品の名前も四葉のクローバーに。

寒暖差がある春先には丁度いいショールだと思います。

2018-03-31

フラワーモチーフストール完成

| 12:18

フラワーモチーフストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2018年03月号掲載

     使用糸 ★5種類の糸 詳細は以前の投稿記事を参照してください      

     使用針 ★鈎針4/0号,5/0号

     サイズ ★幅12cm×長さ95cm

f:id:suuri:20180331121829j:image:right:w300



アイリッシュクロッシェモチーフをいくつも編んで巻かがりでつないだストールです。モチーフの配置図はありましたが、モチーフのサイズが指定よりも若干違うので、自由に編み繋げました。華やかな春に似合うのストールになったと自画自賛です。

ちなみに、着用モデルは母。編んでいる時は「そんな派手なのどうするの?」と言っていましたが、道行く人に褒められ、途端にお気に入りになったようです。


去年の4月から始めた、すてきにハンドメイド・テキスト企画を黙々と編む。しかも手持ちの糸で!企画ですが、こうして無事12作品編み上げることが出来ました。編みあがったものの半数以上はすでに手元にはなく、家族・友人へのプレゼントとなっています。

f:id:suuri:20180331122217j:image:left:W250

指定糸と違う糸で編んでいるので、テキストに掲載されている写真とはもちろん違うし、風合いも違うと思いますが、それでも編地を遊ぶというこのテキスト企画の趣旨に沿った作品に編みあがったのではないかと思います。

自分が選んで編むものは、どうしても好きな感じ、好きな模様になってしまいますが、自分では選ばないものを編むことで、目から鱗だったこともありました。

三角ショールはすごく久し振りに編みましたが、楽しかったです。ケープは編んでいる間はこれ着用しないなと思っていましたが、実際は結構な回数着用しています。


苦手意識・好き嫌いはどうしてもあるけれど、こうやって冒険してみるのもいいなと思った一年でした。

bbkanabbkana2018/04/01 20:40素敵ですネ。

私もハンドメイド誌をよく利用しています。
違った作品になっていますがとても楽しんでいます。

お母様がとても喜んでおられるとか・・
嬉しいですね。手作り・お互いに楽しみましょう・・ね。
よろしくお願いいたします。

suurisuuri2018/04/01 23:51bbkanaさん コメントありがとうございます。
表情が写った写真を載せられないのが残念なくらい、笑顔で写真に写っている母を見ると、編んでよかったなと思います。

2018-03-07

リーフ模様のモヘアストール 完成

| 23:12

リーフ模様のモヘアストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2018年01月号掲載

     使用糸 ★シルクハセガワ 

            イテア col.9 チャイナブルー 4玉・200g 編切

     使用針 ★鈎針6号

     サイズ ★幅48cm×長さ200cm

f:id:suuri:20180212192343j:image:left


1月のテキスト企画でした。指定糸よりも太いので、ゲージを合わせるのではなく、風合いよく編めるゲージで、4玉編切で作ることを目標にしました。

指定ゲージよりも透かし模様が大きくなり、レーシーになりました。

4段1模様で出来ている地模様で、中央から左右に編み進めていき、縁編みを編みます。片側2玉でギリギリまで編めるよう頑張ったら、地模様が指定よりも2段ずれていて、縁編み部分とのつながりがテキストと違っています。

編みあがりは2/11でした。約1か月前です。

映像で見るよりもシルバーラメは目立ちます。指定サイズよりも一回り大きいので、編地はレーシーですが、暖かいです。このテキスト企画の中で一番大きいサイズになりました。