Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-09-18

世界の編物2017-2018秋冬号  感想

| 00:25

年1回の発売になって久しいですが、やっぱり外せないのが【世界の編物】です。今回も発売日のお昼休み時間に本屋さんに駆け込みましたが・・・。少々拍子抜けというか、本の薄さに衝撃を受けました。【毛糸だま】よりも厚みがあって、実用的=読み物部分が少なく、編み物の提案が多いという印象を持っていたので、本を開く前からちょっとがっかり感を覚えました。

特集は「シェットランドレース」模様を展開したウェアとショールの提案でした。難易度が高くない提案で、私も編みたいなぁ、編めそう?と思える切り口でしたが、微妙と思えるものもありました。 

伝統ニットですので、取り上げる古典柄が重なるのは仕方がないのかもしれないけれど、2名のデザイナーさんが同じ古典柄のショールを取り上げているのはごにょごにょ。事前に調整できなかったのかなと思ってしまいました。

あと、「憧れの模様を編みやすい太さの糸で編みました」というコピーが付いていますが、極太で、もこもこの意匠糸でシェットランドレースをというのは、いくらビックシルエットとはいえ、シェットランドレースの必要があったのか・・・うーん良くわからない。何をもってシェットランドレース模様とするのかという話になっていくのかもしれない。

唐突に始まる基礎プロセス付はじめてさんのアフガン編みも、何を訴えたいのかわからない特集。昨年の世界の編物とヴォーグ学園の1day講習のコラボレーションのような告知があるのかと、記事を探したけれどそれはないみたい。うーん・・・オトナの事情なのかしら?ダブルフックアフガンとか、フラワークロッシェなど、アフガン編み針を使ったものが再びブームになりつつあるのか、またブームにしたいのか。ブームにしたいならばもっと工夫が必要な気がします。基礎プロセスとあるからには、次回=一年後にはワンアップした何かが提案されるのでしょうか??

パピー事業部さんはいつも、自分のところでデザインをしたものを提案していたのに、今回は、自前のデザインはなしで、人気デザイナー3名がそれぞれの個性を生かした作品の提案をされていました。ほとんどがプレーンなストレート糸での提案でした。

掲載作品等は、手づくりタウンに特集ページが出ていましたので、是非チェックを^^ノ

2017-03-26

Vortex Shawl (渦巻きショール) ラップアンドターン 出来ているかな?

| 20:56

渦巻きショール ラップアンドターン

     デザイン★ベルンド・ケストラー

          世界の編物2016-2017秋冬号

     使用糸 ★ハンブルグ col.951 6.9玉

     使用針 ★輪針 6号×80cm

     サイズ ★フリー

     注意  ★編み図に誤りがあります。訂正が出ていますので

          ヴォーグ社のHPから確認をしてください。         

f:id:suuri:20161103122337j:image:left:w200

引き返し編みが苦手・・・というよりも、避けて通っていた私が、このショールを編みたいと思ってチャレンジしました。

なぜに引き返し編みが苦手なのか・・・

学生のころ、手芸屋さんで開いていた棒針の編み物教室に通っていたことがあります。そこのお店で買った毛糸で編むというスタイルで、テキストに沿って一年通えば長袖セーターが編みあがるというものだったと思います。難点は・・・通う曜日とかは決まっているのに、先生が都度違うという点。二週間に一回通っていて、最初のころは一回通うと小物が一つ編みあがるところまで教えてもらえ、自宅で完成させるペースだったのです。ステップアップしていき、ベストを編むところまで来ると、一回で飲みこめなくて、次の回でも同じところを確認し、間違っていたら編み直しというペースに入った時、私の躓きは「肩の引き返し編み」でした。掛け目をして編地をひっくり返して~云々。そこがよくわからない。で、次の回でもう一度教えてもらうと、今度は編み目マーカーをいれてひっくり返し、シンカーループをひっかけて~云々(だったと思う)。つまり違う先生に教えてもらうことになり、最終的な形になる時は同じなのだろうけれど、そこまでの道のりが微妙に違う・・・。で、こんがらがってしまったのですね。良くわからぬまま、ベストをなんとか編み上げ、最後のセーターの時も同じ躓きが発生し、最後は、先生が「こうしてこうやればいいのよ」とうにゅうにゅ針を動かして何かが起こり、引き返し編みが出来上がる=自分でやっていない。そして一年が終わったのでした。ちゃんちゃん。

f:id:suuri:20170312212702j:image:right:w250


以後、なんちゃって引き返し編み、もしくは引き返し編みがないものを編むという、裏街道を歩むがごとく避けてきましたが、今回はガーター編みの編地を引き返していくというので、編み直しも簡単かなと頑張ってみました。



f:id:suuri:20170312123111j:image:left:w250


これで正しいのか・・・不安なのですが、一応渦巻き模様が出てきています。

母に着用してもらいました。小柄な母にはちょっと大きめのようですが、とても暖かいと好評です。

どう纏ったら、渦巻きが綺麗に見えるのか、四苦八苦しました。

毛糸は1玉余分に購入してあるので、頃合いを見て、ポンポンを作って先っぽに付けようと思っています。

f:id:suuri:20170312123133j:image:right

lunachan335lunachan3352017/04/02 10:21引き返し編みのこと、同感です。若い頃、本を読みながら覚えましたが、引き返し編みについては、裏返す派とそうでない派の説明が混在していて、ちんぷんかんぷんで、避けていました。この十年ネットでwrap&turnを知るまでは。

suurisuuri2017/04/07 20:09コメントありがとうございます。
お教室に通っても、なんていうか・・・くらいついていけない性格っていうのか、ちょっと引っ込み思案な性格から、何度も何度も聞けない感じがダメなんですよね><

編物教室にまた通いたいと思います。
やっぱりきちんと習っていいな!って思った作品を編めるようになりたいです。

2016-11-06

世界の編物2016-2017秋冬号  感想

| 21:17

創刊42周年記念とのことです。私は本当にここ数年手にするようになった雑誌ですが、過去の表紙がすべて掲載されていて、ちょっと圧巻です

このところずっと巻頭を飾っていた野口光さんのレポートが無くなっていて、すこし残念。

作品は44点と少な目ですが、サイズ展開がM/Lの2サイズもしくはフリーサイズだったり、テクニック的に難しめなもの、ポイントとなるものは、詳しく説明されている作品があったりと、親切です。

Puppyさんが素材提供をしている作品には、別の色で編んだ場合のイメージがわくように、カラーサンプルがいくつかついています。そんなところもうれしい^^

純粋に編物を編むという点では、毛糸だま よりも、世界の編物 の方が編みたいと思う作品がありました。

2013-03-15

世界の編み物2013春夏号を手にしての感想

| 15:27

世界の編物 2013春夏号 (Let's knit series)

【世界の編物2013春夏号】を手にしました。これで、後は何事も無ければ、5月発売の【毛糸だま夏号】を購入して、2013年春夏シーズンの編み物本購入は終了となります。

2年ほど前に、リニューアル(したのかな?)してからの【世界の編物】、私は好きです。同じ出版社から出ている【毛糸だま】との差別化がはっきり出ていいんじゃないかと思うのですがどうなのでしょうか?

アヴリル様の糸など、地方在住者にはなかなか手にすることが難しい素材もありますが、それでも編んでみたい!って思う作品が提示されています。

流行(トレンド)を意識している部分も感じられますが、むしろベーシックな作品が多いと思います。今回特集されている<レース編み>は、素材を変えて、形を変え、編み物をするときの何かのヒントだと考えると、うん、購入してよかった~って思いました。

あと、春夏号といいつつも、どちらかというと夏・盛夏向けのものが多かった今までと違い、モヘアや、2plyといった細い糸を使った羽織ものやショールがテーマとして取り上げられているのも注目ではないかなと思いました。【毛糸だま2013春号】でもモヘアが特集されていましたが、編み物界(っていうのかな?)全体で、<春>シーズンに力を入れているのかなと。

春なので、白・生成・淡いパステルトーンで提案されていますが、色をベージュや、グレージュ、鈍い色で編めば、秋シーズンに使えるなぁ なんて、まだ春本番を前にしてそんなことを想像してしまいました。

編みたいなぁと思ったもの

巻頭 :野口光先生デザインの幾何学模様トップ&バッグ

   編みこみ模様にステッチを刺して、リング編みのトッピング凝った編地です><

   絶対に私には編めないけど、バッグくらいなら・・・

34P:コットンリネンラメのプチスリーブセーター、こういうデザインが好きです。

37P:コットンコナファイン+イリオスの半そでプルオーバー

42P:コットンコナのパッチワーク風セーター

57P:広瀬光治先生デザインのアヴリルのシルクモヘア利用、パープサルレースのショール

この中で、42Pのパッチワーク風セーターは、編み上がりを実は拝見しています。棒針編みが得意ではなくてもなんとなく編めそうで、しかも可愛いです。スカートにもパンツにも合わせられそうです。

さて、今週から来週にかけて、春夏糸を購入します。

来週は東京に足を伸ばす予定もあるので、実物を見ながらじっくりと吟味する、今から考えただけでわくわくします。

2011-09-09

世界の編物 2011-2012秋冬号 感想

| 13:17

夏からこちら、早朝の比較的涼しい時間に編み物をしていました。編んだものはいくつかありますが、それをまとめる作業までなかなか手が進まず、こちらもご無沙汰しておりました。9月は祝日もありますので、その頃、いろいろとご報告出来たら・・・と思っています。

さて、本日発売の【世界の編物 2011-2012秋冬号】、早速書店で購入してまいりました。

今回の【世界の編物】、手に取られた方は驚かれたのではないでしょうか?私は、驚きました。編集担当の方が新しくなられた(?)からなのか、紙面からはテーマ(メッセージ)性を強く感じました。

特別企画のエストニア編込模様は、ウェア+小物がセットで提案されていて、ウェアはちょっと・・・と思う私でも、小物ならば編めるかもと思わせてくれる内容でした。

個人的には、岡まり子さんが提案されている編込の色使いが、とても気になりました。

取り上げられているメーカーさんはパピーさん、内藤商事さん、リッチモアさんでしたが、リッチモアさんについては、特別企画で1セット取り上げられているだけで、例年の作品数の多さを考えると激減という印象です。他の雑誌等との関連でしょうか?

パピーさんについては、新商品【デッラルバ】をかぎ針編で編んだ作品がいくつも提案されていて、力が入っているなと感じました。どれかは編みたいなと思いました。実は、糸も先ほど購入済みです。編みあがったら、こちらでご報告したいです。

野口光さんが巻頭で提案されているミュルティコ×プリンセスアニーのロングカーディガンがとってもステキ!

でも・・・ドライブ編+すべり目で編むのが難しそう。

nokorinnokorin2011/09/10 10:51nokorinです。
表紙だけネットで見て気になってます。今日、本屋さんに行こうと思ってます。あるといいな~。

suurisuuri2011/09/11 10:19nokorinさん、こんにちは。
【世界の編物】、手にとられましたか?例年に比べて、紹介されている作品数は少ないけれども、
実用性のある展開かなと私は思います。
今日も暑いけれど、秋冬本を眺めつつ、手元にある毛糸の確認をしています。