Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-11-05

すてきにハンドメイド  11月号

| 17:55

11月号は編み物三昧号といってもいいんじゃないかなというラインナップでした。テレビ放映されるプログラムはすべて編み物関係。棒針・鈎針・そしてアフガン編みと、バラエティに富んでいます。

テキスト企画も編み物関係が3つも。読んでいて楽しい号です。

そして私が編む広瀬先生のテキスト企画は鈎針で編むショートケープ。

・・・うーん、ケープ、ケープかあ。編んでも着用するだろうか?ケープって巻き物のカテゴリーに入るのかしら?入るのでしょうね。放射状のに広がる模様は楽しそうだけど、どうも腰が重いです。

一方テレビ放映プログラムに広瀬先生が登場!私が予想した(?)アフガン編みのマフラーです。アフガン編み針を購入して、こちらを編みたいという気持ちがむくむく。

しかし、初心貫徹、ショートケープを編むべく糸を物色中です。

2017-10-08

ケロケロの神様参上

この糸を購入したわけ その3 レッチェ×8玉

| 20:35

思い起こせば3年前、ヨーロッパの手あみに掲載された、レッチェ使用のモチーフ編みと模様編みで編むラグランのプルオーバーに一目ぼれで、着分の糸を購入しました。

掲載作品は、紫ベースのマルチカラーでしたが、自分が好きな黄緑色ベースのこの色に。

すごい勢いで編みました。鈎針の作品で、糸も太くないからアウター仕様ではないので、着る時期は限られます。10月上旬編み始め、月内には編みあがる勢い!

が・・・家族の何気ない一言から急ブレーキがかかりました。

曰く「これ何に合わせて着るの?」

f:id:suuri:20171008203450j:image:left:w250

すでに着分8玉の内、6玉目に突入していた私。うーん・・・デニムのロングスカートに合わせようと思っていたけれど、季節的にちょっとずれている?鈎針編みなので、色の出方が棒針よりもきつめに出るので柄物の洋服と合わせるのは難しい。下に着るカットソーの色も悩むよね・・・と迷いが生じると編む手も止まるというものです。結果・・・前後身頃および片一方の袖を編み上げたところで茶箱に大切に仕舞われました。これは前後身頃です。こうやってみると、問題ないように思えますが、実際これにモチーフ編みの袖を付けてみると、強烈な感じでした。


編みかけをほどかなかったわけは、ロービングタイプの糸のため、するっとほどけないから。特にモチーフ編みの部分は、糸を割ったりしていなくても、隣同士の糸がくっついてしまい、強く引っ張ると糸が切れてしまう可能性が高かったためと、まだ未練があったから。

f:id:suuri:20171008203923j:image:right:w250

然し意を決して、今回ほどきます!

理由は、すてきにハンドメイド10月号の課題を編むため。課題に出ていた鈎針編みのフリンジは、以前私がレッチェで編んだ台形ショールのフリンジと同じです。そう気が付くと、どうにもレッチェで編みたくなったというわけです。レッチェは、お気に入りだったアルパカリミスト(販売終了)が無き今、私の一押しの糸なので、他の色も持っていますが、他には編みたいものがあるし、量が足らなかったりするため、この色にスポットライトが当たりました。この色は、新製品だった2013年から定番として残っている糸なので、人気のある色だと思います。私もこの作品が編み終わったら、また新たに購入したいと思っています。

しかし・・・ロービングタイプの糸をケロケロほどくのは大変ですね。皆様は糸をほどく時何か良い知恵をお持ちですか?

普通のストレートタイプや、リリヤーンタイプのものをほどく時は特に変わったことはしていないと思うのですが、ロービングタイプや、ファンシーな引きそろえ糸をほどく時は、待ち針を持ってほどきます。途中引っかかったりしたら、無理に引っ張らないで、待ち針でひっかかったところをほどく、ロービングタイプの場合は、絡まった部分を切っています。

2017-10-06

お月見より団子

試し編みなどなど 

| 09:57

f:id:suuri:20170910222459j:image:left:w250

9月に編み始めた重ね着用のベスト、試し編みの編地はこちら。

デザインは2005年発行の、ヨーロッパの手あみ春夏号よりです。この頃から編物本は定期的に購入するようになって、本棚に今でもしまってあります。指定糸のアラシヤマは手にしたことがないのですが、とりあえず手持ちの糸で着分用意できるもので編み編み。



指定ゲージが出ないので、編むには色々調整が必要です。

2005年ヨーロッパの手あみ春夏号からはいくつか編んでいるので、ところどころに鉛筆でメモ書きが書いてあります。春夏糸でアランセーターを編んだのもこの本からでした。

このころ手芸店の編み物教室に通っていたので、あーでもないこーでもないと引き返し編みという山にトライし、途中下山していたのを思い出します。

で・・・発見したのです。すてきにハンドメイド10月号のすかし編み!どこかで編んだことがあったと思っていたのは間違いではありませんでした。

f:id:suuri:20171003124310j:image:right:w300

試し編みをした編地がこれ!

この号に掲載されている、「幅広ショールに袖口穴をあけたユニークなショールベスト」

今ならば、色々な方が提案されている形のものですが、当時としては珍しかったように思います。まっすぐ編んで途中穴をあけるだけで、ショールとしても、ベストとしても使えるので、これはイイと、指定糸を購入して編みました。指定糸・・・当時で着分1万円以上したと思います。かなりな出費でしたが、別の糸で編むという知恵もなかったので、頑張って奮発!

掛け目を何度も忘れてケロケロし、渡り糸をとってひねって、掛け目にする方法を教えてもらいました。でも、無理やり掛け目を作るので、やっぱりそこだけつれてしまうので、ついつい弱気で、緩い手で編んでしまい、今度は編地がだれてしまうという本末転倒な感じになった苦い思い出も思い出されました。

2017-09-30

むくげの花

9月から10月へ

| 00:35

季節もようやく秋めいてきたようで、温暖な私の住んでいるところでも、最高気温が20℃以下になる日が近づいてきています。

一か月前には、ちょっと弱音を吐いて、attiさんに素敵なコメントを頂いていました。ネット上でしか交流がないからこそ、お互い相手を思いやるって大切ですね。もしかしたら私も相手が直接見えないことで、思わぬ発言をしてしまっているかもしれない。気軽に思いを発信できるツールを活用することの重大さを思わないといけないなと改めて思いました。

さて本格的な編み物シーズン突入~というわけですが、私の住んでいるところは温暖なので、厚手のセーターやコートといった大物は着る期間が短く、なんだかんだ、コットン糸や春夏糸にカテゴライズされるものを編むことが多いです。自分の好みもありますが、袖が長いセーターをあまり着ないので、毛糸で編むものもベストや袖が短いものが中心となります。(手首にまとわりつく感覚がダメで、腕時計もダメです。手袋などは、カフス部分っていうのかな、はめ口を長めにします。)

で、今編んでいるのは、春夏糸を使ったベスト、長袖のカットソーに重ねて着ようと思っています。

今年こそはアラン模様の服を編みたいと思っています。11月末か12月に旅行に行く予定なのでその時に着たいから、そろそろ準備をしなくては。

そして、広瀬先生の透かし編み模様のロングマフラー。この編み図を見ていてなんとなく、既視感があるのです。どこかで編んだ気がする・・・。そしてそれは何度も間違えてケロケロした記憶が。なんだったのかそれを思い出したいのと、編むための糸を探さなくては、ならないなという感じです。

編物本、Puppy社さんの秋冬のミニブックは、毛糸やさんかネット販売でしか購入できません。10月中旬に上京予定なので、その際に足を運ぶ毛糸やさんで予約済み。ついでに新製品も予約しました。

そんなこんなで、10月も編み物を楽しみたいと思います。

2017-09-27

すてきにハンドメイド 10月号

| 19:01

下のブログで書いたように、購入してきました、すてきにハンドメイド10月号。そして予想をしていた広瀬先生のテキスト企画、さっそく空振りです。

ここまで偶数月は鈎針編み、奇数月は棒針編みで来ていたので、10月は鈎針編みだろうと思い、鈎針編みだったらなんとかなる!との思いこみで、ウェアを編み始めたのですが・・・。

10月は棒針編みで、すかし編みのロングマフラー、糸の長さは800m近い大作でした。

すでに10月中に編み上げる自信もなければ、使えそうな糸(手持ちの糸で編むことを自分の中でのルールにしています)が思い浮かばない。800m近いっていうことは、ちょっとしたセーターの着分に近い量です。週末には、毛糸の入った箱をガサゴソ探すことになりそうです。

それにしてもすかし編みか・・・。5月のガーターレース模様があったから、すかし編みはないと思っていました。レース模様と透かし模様、違いが判らない。奥が深いです。

そのほか、メインテーマとして、「毛糸でラリエット風マフラー」が、テキスト企画で、足袋/帽子が取り上げられていました。

clematis2clematis22017/09/28 11:5310月号、私も買いました♪
表紙のラリエット風マフラーが可愛かったのと
他の記事もきっと後で見直したくなると思える内容だったので。
とくに、段ボール織りのコースターは
下手くそ紡ぎ糸がたくさんあるので、いつかやってみたいです。


それから レース編み 透かし模様の違いについて
ちょっと考えてみました。

レース編みは、レース糸(すごく細い糸)で編むもの。
編地が透かしになっていなくてもレース編みと呼ぶと思います。

そして、すかし編みは 極太糸だろうが、レース糸だろうが
穴がボコボコ開いているような編地のことで
穴が多い→ 透ける→ 透けやすい模様→すかし編みという
くくりではないか?と 私は思うのですが どうでしょう?

suurisuuri2017/10/01 00:19clematis2 さんコメントありがとうです。
私も表紙のラリエットマフラーかわいい!って思いました。
が・・・今年は広瀬先生の企画で毎月巻き物を編んでいるのでぐっと我慢><です。

レース編みと透かし模様、似ているけどデザインした人の感覚で使い分けているのかなぁと思うようになりました。