Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-04-21

方眼編みのストール その3

| 21:53

今週中に編み上がる勢いだった週の初め。しかし、外ランチに出かけた日もあったりして、もう少しで本体が編みあがるというところで、今週は時間切れとなりました。

f:id:suuri:20170417083103j:image:right

先端はこのように階段状に目数を減らしていきます。そして、先端部分にタッセルを付けることになります。

糸の色の再現について、写真写りが不安定(写している場所によって照明器具が違うため)ですが、その2が一番実物の色に近いです。

来週中には編み上げて、ゴールデンウィークに使いたいという野望を持っています。

さて、自宅では練習していたものをいよいよ本番の糸で、まずはスワッチを編みます。

2017-04-18

方眼編みのストール その2

| 23:21

職場のお昼休み時間に編んでいる方眼編みのストールは順調に編み進んでいます。方眼で描き出す模様の位置さえ覚えてしまえば、編み図を確認することなく編めるのがストレスフリー。

編み間違えてもすぐにほどいて修正できるのもストレスフリー。

f:id:suuri:20170414192524j:image:left

すてきにハンドメイドのテキスト企画のいいところ(というか、すてきにハンドメイドのテキスト全般かな?)は、実物大の編地の写真が掲載されているところ。テキストで指定されているサイズと自分の編地がどれだけ違うのかが視覚で一目瞭然。一般的な編物本だと、10㎝×10㎝四方の目数と段数のゲージで表現されていることが多いけれど、なかなかその通りに編めないものです。テキストの指定糸を使って作品を編むならば、大いに役に立つこと間違いなしですね。




・・・私は手持ちの糸で編むのであまり意味はないかもしれないけれど、近いサイズで編み進めています。

2017-04-13

方眼編みのストール その1

| 21:10

怪我でなかなか編めなかった間も、編物本の購入と、糸の購入は休むことなく着々と続けておりました。本も糸も、一期一会感が毎年高まっている気がします。つまり・・・買い逃したら二度とお目にかかれない><

そして・・・気が付けば、どうするんだ!?という状況になっていました。

編む気はあるのに、時間がない。

老後の楽しみにするにはまだ早いし、それまで保管しておくのも大変!編み上げても着られない可能性も大。

で、なんとか今ある糸を毎月編めないかとしばし考えて・・・こういうルールを思いつきました。

【すてきにハンドメイドのテキスト企画を着々と一年編む】

今年の年間通じての編物テキスト企画は、広瀬先生が担当されます。巻物を毎月1点、そしてその中のデザインを応用した小物を1点、提案されるとのこと。

巻物だったら、指定の糸ではなくても大丈夫ではないかと思うのです。あくまでも今ある糸を使うのが目的です。

さっそくテキストを購入。今回は方眼編みのストール。指定糸はウールも入っている梅春物用のようですが、気にせずにこれ!リッチモアのヘイズです。

f:id:suuri:20170412082325j:image:left:w250

4玉とちょっと残っています。

これは、風工房先生の本に載っていた、ローゲージのセーターの指定糸で指定量購入、ゲージを取るところまでした糸です。麻がメインの糸で、ハリが強く、何度も何度も掛け目を落とし編み上げることが出来ずそのままに・・・。編みかけをほどいた部分は、バレンタインチョコのラッピングに使用しました。この糸、なんとなく荷造り紐にも似ているし、ピンク色が入っているので、鈎針で花のモチーフを編んで、チョコレートをいれた紙袋をひもでしばって、モチーフを飾りました。それはそれでかわいくできたのですが、やはり身にまとうものを作りたいなと。

糸量もストールを編み上げられそうです。