Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2018-03-31

フラワーモチーフストール完成

| 12:18

フラワーモチーフストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2018年03月号掲載

     使用糸 ★5種類の糸 詳細は以前の投稿記事を参照してください      

     使用針 ★鈎針4/0号,5/0号

     サイズ ★幅12cm×長さ95cm

f:id:suuri:20180331121829j:image:right:w300



アイリッシュクロッシェモチーフをいくつも編んで巻かがりでつないだストールです。モチーフの配置図はありましたが、モチーフのサイズが指定よりも若干違うので、自由に編み繋げました。華やかな春に似合うのストールになったと自画自賛です。

ちなみに、着用モデルは母。編んでいる時は「そんな派手なのどうするの?」と言っていましたが、道行く人に褒められ、途端にお気に入りになったようです。


去年の4月から始めた、すてきにハンドメイド・テキスト企画を黙々と編む。しかも手持ちの糸で!企画ですが、こうして無事12作品編み上げることが出来ました。編みあがったものの半数以上はすでに手元にはなく、家族・友人へのプレゼントとなっています。

f:id:suuri:20180331122217j:image:left:W250

指定糸と違う糸で編んでいるので、テキストに掲載されている写真とはもちろん違うし、風合いも違うと思いますが、それでも編地を遊ぶというこのテキスト企画の趣旨に沿った作品に編みあがったのではないかと思います。

自分が選んで編むものは、どうしても好きな感じ、好きな模様になってしまいますが、自分では選ばないものを編むことで、目から鱗だったこともありました。

三角ショールはすごく久し振りに編みましたが、楽しかったです。ケープは編んでいる間はこれ着用しないなと思っていましたが、実際は結構な回数着用しています。


苦手意識・好き嫌いはどうしてもあるけれど、こうやって冒険してみるのもいいなと思った一年でした。

bbkanabbkana2018/04/01 20:40素敵ですネ。

私もハンドメイド誌をよく利用しています。
違った作品になっていますがとても楽しんでいます。

お母様がとても喜んでおられるとか・・
嬉しいですね。手作り・お互いに楽しみましょう・・ね。
よろしくお願いいたします。

suurisuuri2018/04/01 23:51bbkanaさん コメントありがとうございます。
表情が写った写真を載せられないのが残念なくらい、笑顔で写真に写っている母を見ると、編んでよかったなと思います。

2018-03-27

suuri20180327

2018年春夏購入糸 その2

| 23:04

気になる糸がいくつかあって、そのどれもが一つのお店で見ることが出来たならどんなにいいだろう。しかし、なかなかそうもいかないわけです。


今回お店は4店舗回る計画でした。交通機関の乗り換えがスムーズに出来るように考えて回る順序を決めましたが、予算を決めての買い物だったので、最初に訪れたお店での買い物は自分の中でブレーキがかかっていたような気がします。f:id:suuri:20180327231301j:image:right:w280

次に購入したのは、こちら、Puppyさんの新商品【パロール】と【コットンコナファイン】

前シーズンから話題のカティア社のレインボーシリーズとどちらを購入しようか迷いに迷いました。レインボーシリーズは、大巻の糸でグラデーションになっているきれいな糸です。お店の方にも薦められましたが、私も実はこの糸で編めるのではないかと思われるものをチェックしていました。気持ちを落ち着けるために一旦お店の外に出て、ピックアップしていた資料をスマホをチェック。PCで見ていた色よりも鮮やかなレインボーシリーズ。さすがはレインボー。編んだら楽しいだろうし綺麗だろうな~と思う一方で、着用するだろうか?(私は自分が着用するよりも人に差し上げてしまう方が多いので、着てもらえるだろうか?という問いかけもあります)そう考えると二の足を踏みました。今回購入した糸を編みあげて、時間があったら編もう。そう思い今回はレインボーシリーズの購入は見送りました。両方購入してもいいんじゃないかという気持ちがなかったわけではありませんが、次のお店も控えているし、ここで予算全部使ってはダメだとブレーキをかけました。

帰宅後も、まだちょっと未練があったりするレインボーシリーズです。

購入した糸よりも購入しなかった糸へのアツい思いになってしまいましたが、購入した【パロール】は想像したよりも柔らかい糸で、色もかわいい感じが気に入りました。キャミソールを編みたいと思って購入です。

2018-03-26

suuri20180326

2018年春夏購入糸 その1

| 09:15

毛糸屋さんに行くと、テンションが上がります。紙面やネットで見ていた糸が目の前に!!やっぱり実物を見ると見ないとでは全然違いますね。地元の毛糸屋さんが減ってしまっているので、実物を見る機会は貴重です。スマホに編みたいとピックアップした作品の情報を詰め込んでいざ出陣=入店。

編みたいものを整理して、優先順位をつけてとあれほど悩んだのにそんなメモはすべて吹っ飛んだーってくらい舞い上がりました。ずっとお店にいたいと思ったけど、滞在時間は決まっています。4月から8月までに、ウェア2、小物2、編みたいなと思っているのでまずは着分を購入するべく行動に。

小物の一つは毎シーズン1つは編んでいるバック・もしくはポーチ。すごーく前に編んだアンティーブとコットンコナをひきそろえたバッグは今でも使用中。色もそうですが、サイズもある程度自分でカスタマイズできるので使い勝手がいいのです。

f:id:suuri:20180326083108j:image:left:W250

去年は、スマホとハンカチが入る程度の小さいバッグを編んだので、今年はちょっと大きめなものを編みたいなとピックアップしていたのは4種類ほど。で、選んだのは、この2玉を使って編む巾着タイプのバッグです。まずはピマデニムの色を選んで、それに合わせるカテリーナをチョイス。好きな色を選びますね・・・新色のフラミンゴオレンジ色です。辛子色もいいかなと頭をよぎったけれど、編んでいるところを想像して、やっぱりこちらだなと。

鈎針で編むのでモバイルで編もうと思います。

編むその前に・・・久しぶりにエビコードを編むので練習糸で練習せねばです。

2018-03-21

suuri20180321

新年度に向けて色々

| 22:42

春分の日だというのに、真冬かなといった陽気。みぞれが降りました。

私はというと、新年度に向けて色々と準備をし始めています。・・・と書くと、なにやら大それたことをという感じですが、何のことはない、何を編もうかなーと色々とチェックしているだけです。

まずは糸を購入するために色々とスタイルブックだったりネットをチェック。25日に購入予定です。予算を決めているので、お店に伺って実物を見て、必要量を購入するため、編みたいものをいくつかリストアップ、必要量をメモします。リストアップしたものだけでも何年かかって編みあがるんだ!といった感じですが、その中で2~3つ編めたらいいなと思っています。早く編み始めないと、春夏シーズンが終わってしまいます。すでに足を運ぶ予定のお店には欲しい糸が店頭にあるか確認をしました。本当は同じお店ですべてを見られればいいのですが、なかなかそれは難しいです。でも、実物を見ることが重要ですから。

次に手持ちの糸を再度棚卸で、ゲージが近かったり雰囲気が近くて転用が出来ないかどうかも調べました。新商品の方に心が向かうけど、自分が今持っている糸も大切です。

そして、新年度は何をテーマに編もうかな・・・。前期は【すてきにハンドメイド・広瀬先生のテキスト企画を編む】と決めて編みました。そんな感じでなにかテーマがないかなと。気になっているのは【靴下を編む】というテーマです。ラベリーの企画で編みましたが、ファーストソックスは室内で履く靴下になっています。靴下に注目して編んでみようかなと思い立ったら、とある記憶がよみがえりました。「たしか、毛糸だまでプレーンな靴下を編むスペシャル講座みたいなのやっていた。しかもマーカージャラジャラつけた引き返し編みで」そう、引き返し編みの壁がまたしても私の前に立ちふさがります。ラップアンドターンについては自分の中である程度理解できたけど、掛け目の引き返し編みはどうもダメ。マーカージャラジャラ引き返し編みに逃げよう!

で、毛糸だまのバックナンバーをチェックし始めてしまいました。記憶にあったのは、二色刷りのページだったってことだけ。目次をチェックし始めたら、ついつい本を見てしまって先に進みません。家族は、本を整理して捨てる準備をしているのかと思ったくらい本棚から本を引っ張り出しました。

【毛糸だま2008年春号】に掲載されていました。今から10年前の本。「毛糸だまスペシャルセミナー くつ下をうまく編みたい!特別講座」6pです。この号、他にくつ下が掲載されているわけではなく、どうしてこの特別講座だったのかな。メリヤス編みゲージが記載されていて、基本の編み図が載っています。そして、自分サイズで製図をしましょうとあります。引き返し編みの部分はコマ写真もたくさん!製図はおいておいて、これなら引き返し編みは出来るかも(*^_^*)さっそく手持ちの糸で編めないかチェーック。が・・・ここに落とし穴が。作品使用素材は掲載されているけれど必要量が記載されていなかったのです。早速出版社に質問フォームを使って質問を。お返事はすぐにきました。すでに当時の資料がなくてわからないとのこと。だいたい靴下は80g~100gで編まれているのでそれを参考にしてとの回答を頂きました。どうしたものか、靴下をテーマにするのはちょっと保留。

その一方で、新たなことを考えてしまいました。【10年前に発表された作品を今編んでみたらどうかなぁ?】

f:id:suuri:20180321142338j:image:right:w2802008年はちまちまと編み物をしていた頃ですが、スタイルブックはいくつか購入していて、毛糸だま/ヨーロッパの手あみ/世界の編物 は一応そろっています。(前後の年は購入しなかった年もありました)10年前にいいなと思っていた作品はやっぱり今見ても気になるので、基本的な好みは変わっていないと実感。一方で、2008年当時は鈎針編みメイン(今もそうですが)だったので、棒針編みの作品はあまり印象に残っていなかったんだけど、極太スラブ糸で編むケープは編んでみたいなと思ったことを思い出し、それと同時に、引き返し編みだったのであきらめたこともよみがえりました。今なら、編んでみよう!と思えるだけ成長したかな??でも、すでにその糸、デザインは私の年齢には合わなくなっています。

10年ってそういう年月なんですね。そんなことを思いつつ、日曜日のお買い物に心をはせています。

2018-03-18

suuri20180318

フラワーモチーフ編み編み その3

| 17:49

春が来て、暖かくなったと思ったら、冬に逆戻り。一日の内に、春と冬が同居する、そんなこの時期は着るものに困りますね。そういう時にこそ、この1年、編んできた巻き物が役立つというものです。

今は編み貯めたフラワーモチーフを巻かがりで編み繋げています。ボタンホールステッチで編み繋げるのではないので手間は少ないですが、かがるときの糸のテンションがきつすぎるとつれてしまうし、弱すぎるとそのモチーフの部分がだれてしまいます。なかなかに難しい。

f:id:suuri:20180318091031j:image:left:w230

グランディエールで編んだフラワーモチーフ。編み図通りに編むと指定よりも一回り以上大きくなります。ストールでは、花びらの段数を一段減らし、いうなれば一重の薔薇といった感じです。でもやっぱり、薔薇は八重の方が華やかですね。手持ちの糸で編んだので、色ごとに糸が違います。ブランドも、素材も違います。編んでいてもちっとした感じが気持ちよかったのが、ピュアウール4Ply。確かにこの糸で編んだミトンはプレゼントした友達に大好評でした。プリンセスアニーは一番編みやすかったかな。グランディエールは甘撚りなので、ちょっと鈎針だと引っかかりがありました。

f:id:suuri:20180318091151j:image:w600

備忘録で、モチーフをどう編んだかをまとめました。ベージュ系の花はこの二つだけをみると、そんなにサイズが変わらないように見えますが、実際は直径で1㎝前後は違っています。花びらを増やしたことで、厚みも出ているため、かがると盛り上がってしまいました。糸の太さが違うので、同じようなテンションでかがっていくと、細いベージュの糸の花が埋もれてしまう感じになりました。この中で、編み図通りに編んで、且つほぼゲージにあっているのは、白い花と灰緑色の花、葉っぱです。