Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2017-08-10

トラノオ だと思う

パイナップル模様のプルオーバー その2

| 23:13

パーツは編みあがりました。

これが袖の部分。編地の裏表を間違えないように、目印を付けておきます。

f:id:suuri:20170619080842j:image:right

鈎針編みの編地は、どちらを表にするかは、その時々、デザインで違ってきます。そして、この編地、ちょっと見にはどちらが表か裏かわかりにくいです。


過去、何回か裏表間違えて、袖付け直しをした苦い経験が、この慎重さに反映されています。

f:id:suuri:20170619080920j:image:left

で、こちらが身頃。中央にばばーんとパイナップル模様の円形テーブルクロスではありませんが、前身ごろ・後ろ見ごろに綺麗なパイナップル模様が浮かびます。この円形に配したパイナップル模様、後ろ見ごろは、丸く編んで行くので、一筆書きのように編み進むかと思いきや、往復編みで円に編みます。、前身ごろは、パイナップル模様を二つ編まない状態で、往復編みで編んで行きます。その編まない部分が襟ぐりになります。

週末に人と会う時に着ていきたいと思っているのですが、間に合うかな?

2017-08-08

毛糸だま No.175 2017年秋号 を手にするまで

| 23:18

私の住んでいるところは、田舎です。

普段は会社勤めで、それなりの都会に出ています。最近では手芸店がどんどんお店をやめてしまい、糸を買ったり、道具を買うのに四苦八苦していますが、全くないわけではないので、見本帳で見たりして、取り寄せ等少々時間はかかりますが購入することは出来ます。

それなりの都会には、書店はいくつもあるので、編み物関係はもとより、手芸全般の本は購入するのに困ることはありません。

今回の毛糸だま、発売が土曜日でして、会社はお休み。

あまり考えないで、自宅から一番近い本屋さんにいくも、棚に並んでいない。発売日だから店頭に出す準備がまだ出来ていないのかな?と思い、別の本屋さんへ。そこにもないので、少々心配になり、店員さんに聞いてみると、毛糸だまの取り扱いはないので取り寄せになるといわれました。で、最初に行った本屋さんに戻って、毛糸だまを買いたい旨を伝えると、そこでも取り扱いはないという返事。

そこで、ちょっと遠いけどまあまあ大きい本屋さんにいくも、そこも取り扱いはないといわれ、系列のさらに大きい本屋には1冊入荷しているといわれ、そこで取り置きをお願いし、もっと遠い本屋さんに向かったのでした。

・・・手芸の本って取り扱いが減っているのだろうか。これって田舎だからなのかな。

次の毛糸だま冬号は11/4(土)発売 Amazon等で予約したら発売当日に届くのかな?それとも最初から都会に出て買おうか・・・。

本まで購入に頭を悩ませなくちゃいけないのかと、少々憂鬱になった8/5(土)でした。

NNiicckkyyyNNiicckkyyy2017/08/09 06:45私も近くの本屋さんに置いてなかったので残念に思ってました。アマゾンはあまり使いたくない(いいウワサを聞かないので。日本に税金を収めてないとか。)けど、やっぱりアマゾンが一番便利ですね。

noahchannoahchan2017/08/09 21:54noahです。
私も今号は買いました。
家はとってもとっても田舎ですが「毛糸だま」は何冊か置いてありますよ。
毎号ではないけど私が買ってるからかしらん。(笑)
取り寄せもして頂けますがそれならネットで買っちゃうかな。
今回も出遅れてしまって店頭に無かったらネットで買うみたいな気持ちでした。
欲しいとなったらすぐ手元に欲しい性質なので。
私の周りにも編み物する人はいるけど「毛糸だま」はハードルが高いみたい。
それと作品の系統が違うってのかな。
編み物難民になる日は近いかも。(既に糸とかなってる部分もありますけど)

suurisuuri2017/08/10 22:50NNiicckkyyy さん noahchan さん コメントありがとうございます。

街の本屋さん(チェーン展開していないふつうのね)はどんどん少なくなっていく・・・これって手芸屋さんと同じですね。
アマゾンさんは、ちょっとしたものを購入しても、すごい梱包でくるから、その梱包を廃棄するのがこれまた大変!田舎はごみの分別集荷には真面目に取り組んでいます。いいことだけどね。

毛糸だまは、読み物としてだったり、流行りのチェックだったりが主です。あとはため息・いつか編めるようになれたらなぁという羨望かな。

2017-08-07

毛糸だま No.175 2017年秋号 感想

| 22:45

2017年-2018年秋冬シーズンで、最初に手にする新刊編物本・・・ではなくて2冊目です。書店販売は8/17ですが、すでに編み物店やメーカーオンラインストアでは販売になっている【ヨーロッパの手あみ2017-2018秋冬】を購入しているからです。

そちらの感想は、書店販売前後に書こうと思います。

40周年記念号とのこと、おめでとうございます^^この号から一年=4号連続で色々なプレゼント企画等があるそうなので、そちらもチェックしていきたいと思います。

巻頭特集:アランセーター

表紙のコーディガンも素敵ですが、ジップアップのアランジャケットあり、フード付ベストあり、小物ではボストンバックに仕立てた提案もありと、一味違うアラン特集でした。

流行のクラッチバックもしっかり押さえてあったりして^^

ネックから編む鈎針編み特集

春夏号で取り上げられることが多い企画だと思いますが、秋冬糸でもいいよね^^ネックから編むカーディガン・ジャケットもあり、鈎針編みが好きな私としては思わず見入ってしまいました。ジャケットは引き上げ編みの交差模様を使ってアラン模様風に表現されています。

新連載がいくつかスタートしています。

注目はマリアンネ・イサガーさんの デンマークの風邪を感じて ISAGERの世界です。今回はシンプルだけど素敵なセーターの提案でした。

私は、ここ何年かの毛糸だまの中では、印象に薄い号に感じたのですが、本を手に取られた方の感想をお聞きしたいなと思います。

なんでだろう・・・アランセーター特集はとても目を引いたけど、他の小特集や連載がそれほど興味をひかなかったからかも。近頃始まった連載は・・・全般的にあまり興味を持てないというのが正直なところ。

今回から始まった暮らしを彩るイベントニットの連載も子供向けデザインの提案のみで、大人向けのものがないのはなぜだろう?たまたまなのかな?ハロウィンの仮装って家族でやったりするのになぁとなんとなく自分の中で思わず突っ込んでしまいました。

40周年記念企画第一弾:永遠の定番 やっぱり、アラン と銘打つからには、何年か前、ほぼ100%に近いくらい掲載作品が鈎針編みだった号のように、アラン模様だけに特化しても良かったのではないかと思ったり。

次号は編みこみ模様の特集だそうです。

あと、新刊の案内コーナーで 年一回発行になった【世界の編物】についてのコメントがありました。シェットランドレースにアフガン編みの基礎などが掲載されるそうです。今から楽しみ。

2017-08-02

思い出のモザイク画

パイナップル模様のプルオーバー その1

| 22:41

輪針についてのコメント、ありがとうございます。

私は、道具にこだわりを持たない方だと思います。編み物についてのブログをここでノロノロ始めるまでは、鈎針も、クロバー製の金色に光る金属のものを使っていました。ネットで色々な方のお話を聞いて、道具によって疲れ方や編地の感じが違うらしいと知り、クロバー製で当時新しく発売になったアミュレを購入。今ではアミュレが手放せません。それまでは指に出来ていたペンだこのようなものも、アミュレを使うようになって綺麗に消えました。

輪針も色々と悩みつつ購入しようと思います。

f:id:suuri:20170803201504j:image:left

さて、モバイルで三角ストールを編みつつ、自宅では、パイナップル模様のプルオーバーを編み始めました。友達と出かける時に着たいなと思った次第です。

このプルオーバー、ラベリー上では人気のデザインのようです。私は偶然掲載されている本を持っていましたが、外国の方はどうやって手に入れているのか謎。

amuamu110amuamu1102017/08/03 10:14初めまして、こんにちは。
道具選びはハマりますね。
私も、輪針セットをあれこれ迷って保留中です。
「匠」が安く出ているのですが、買うならチューリップ製に
しようかなと。
本社に連絡してカタログ取り寄せたのですが、
対応良かったですよ。
いま、かぎ針二号でモチーフ編みしていますが、
こちらもホビーラから出ているチューリップ製です。
軽くて良いです。ペンEよりスキ。
セットで買うと値がはりますし、簡単に買い直すわけには
いかないので慎重になります。
道具は実際使ってみないと分からないのですけれども。

2017-07-30

かえるのるーくん 和菓子

三角ショール その1

| 22:43

f:id:suuri:20170730222104j:image:left

下の投稿で泣き言を言っています三角ストール、輪針を買い求め、いよいよ本格的にスタートです。

両サイドで1目づつ、中央で2目、2段で4目づつ増えていくストールです。

ケロケロの要因は、両サイドの増し目=掛け目を忘れる、もしくは戻る段で必要のない掛け目をしてしまう、ですね・・・。

糸はシルクハセガワさんで購入したハッピーボックス(福袋)に入っていた糸です。お買い得なボックスなので、中にはラベル(糸の名前等)がついていない糸も入っていました。これもその一つ。プロパーで購入した糸が手元にあるので間違いはないと思うのですが、商品名:SUZU(スズ)。色は不明です。

この糸は、ギンガとコットンギマテープのコンビネーションです。ギンガは色味はパフかな、ちょっとクリームがかった色です。コットンギマテープは薄い桃色です。すごく優しい色です。

針は3号針で編んでいます。

ちょこっと皆様のお知恵を拝借

私は、いままで棒針で編むことも少なく、まして輪針を使う機会はあまりなかったので、その都度購入をしていたのですが、近くに手芸店が少なくなり、あっても手芸材料・道具を在庫していることが少ない為、思った時にすぐ道具が購入できない状況を考え、ひと通り購入しようかと思いいたりました。

輪針には、一般的なものと、付け替え出来るタイプとありますが、皆様はどちらを使われていますか?私はクロバー社様の匠を使っています。

fumiko1955fumiko19552017/07/31 13:03始めまして、かな?
輪針は、付け替え用でしたら、ちゅーりっぷさんの、キャリーCのロング、が良いと思います。匠の付け替え用は針が短いので編みにくいです。接合部分のねじが緩むときがあります、
付け替え用でない輪針なら、匠の輪針が良いと思います。
ただ、値段が高いのでちょっと難点です。
匠の付け替え用、キャリーCの付け替え用、3種持っています、
輪針は編み物歴が長いので、ほとんどの号数の40センチ、と60センチは持っています、
今はキャリーCのロングをよく使います、ただ針の大きさが日本の規格と違うので、注意する必要があります。
針が金属でもプラでも竹でもあまりこだわりはありません。

suurisuuri2017/07/31 22:19こんばんは^^コメントありがとうございます。
そうか!針の素材もポイントなのですね。
私は何も考えず、針=竹素材と考えていました。
輪針は長さがいくつもあって、何をどこから揃えていけばいいのやらです。長さは、編みたいものよりもどれくらいの長さがあればいいのかの加減もわからないです。
ただ、輪針の方が棒針で編むよりも、編む途中のものを片付けるのが簡単だし、キャップが必要なくて楽ちんだなと感じています。
匠の輪針は糸のすべりがよくてストレスなく編めます。