Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2018-03-15

すてきにハンドメイド 3月号

| 21:23

広瀬先生のテキスト企画を、一年間黙々と編んでみようと始めた自分企画もいよいよ最後です。NHKのテキストを一年通して購入したのは、学生の頃の英語のラジオ講座以来です。正直に言えば、このテキスト企画のためだけにテキストを購入したのは勿体なかったなという思いです。多分、一年くらい後には今回の一年の企画にプラスアルファの作品を掲載した単行本が発売されるんだろうなと思うし、スキル的に新たに身に付けられたといえるほどの発見もなかったように思うからです。このように言葉にすると自分の編み物スキルはどれほどのものなんだと自分で突っ込みたくなりますが、それほどにシンプルな技法をシンプルに編んでいく作品の数々でした。それゆえに、基本を改めて再確認出来てよかったなと思います。

広瀬先生のテキスト企画は、テキストの中でも4ページ程度のものです。編み物関係のレシピは、月ごとに違いますが、それほど多くありません。手芸全般が好きな方であれば楽しめるかもしれませんが、洋裁など他の手芸をする習慣がない私には活用のしようがありませんでした。短編小説やアンソロジー小説のように、目的の作品ではなくても、一応読んで楽しめるというものではないですからね、こうしたノウハウ本は。

同じNHKのEテレで放映している趣味どき!っていうのかな、2~3か月ごとにテーマが変わる番組で、秋くらいに【アナタにも編める、アナタ好みのセーター】なんていって、一着のセーターをじっくり2~3か月かけて編むっていう番組があったらいいのにな~。で、そこにテキスト企画で、同じ糸を使った帽子靴下のレシピを掲載とかね。

さて、すてきにハンドメイド3月号の広瀬先生テキストの企画は、すでに編み始めをブログで書いていますが、鈎針編みで編むフラワーモチーフのストールでした。最後はモチーフつなぎに違いないと予想を立てていましたが、予想通り。

他に編み物関係だと、鈎針編みを使って極太糸を編んで作る座布団と、レース糸を使って作る春色アクセサリーでした。

そして気になる4月からのすてきにハンドメイドですが、編み物系テキスト企画は【風工房先生のこの色の糸で編むなら】というタイトルのようです。初回はインディゴブルーのマーガレットとのこと。ウェアを編むということなのかな。来年度は毎月テキスト企画を編むというのではなく、手持ちの糸が使えて、自分が着用したいと思うものだったら編んで行くというスタンスで行こうと思います。