Hatena::Groupamimono

★鳳梨模様★

鈎針中心で、ちまちまと編んでいる、鳳梨の編み物記録ノート。

2018-03-31

フラワーモチーフストール完成

| 12:18

フラワーモチーフストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2018年03月号掲載

     使用糸 ★5種類の糸 詳細は以前の投稿記事を参照してください      

     使用針 ★鈎針4/0号,5/0号

     サイズ ★幅12cm×長さ95cm

f:id:suuri:20180331121829j:image:right:w300



アイリッシュクロッシェモチーフをいくつも編んで巻かがりでつないだストールです。モチーフの配置図はありましたが、モチーフのサイズが指定よりも若干違うので、自由に編み繋げました。華やかな春に似合うのストールになったと自画自賛です。

ちなみに、着用モデルは母。編んでいる時は「そんな派手なのどうするの?」と言っていましたが、道行く人に褒められ、途端にお気に入りになったようです。


去年の4月から始めた、すてきにハンドメイド・テキスト企画を黙々と編む。しかも手持ちの糸で!企画ですが、こうして無事12作品編み上げることが出来ました。編みあがったものの半数以上はすでに手元にはなく、家族・友人へのプレゼントとなっています。

f:id:suuri:20180331122217j:image:left:W250

指定糸と違う糸で編んでいるので、テキストに掲載されている写真とはもちろん違うし、風合いも違うと思いますが、それでも編地を遊ぶというこのテキスト企画の趣旨に沿った作品に編みあがったのではないかと思います。

自分が選んで編むものは、どうしても好きな感じ、好きな模様になってしまいますが、自分では選ばないものを編むことで、目から鱗だったこともありました。

三角ショールはすごく久し振りに編みましたが、楽しかったです。ケープは編んでいる間はこれ着用しないなと思っていましたが、実際は結構な回数着用しています。


苦手意識・好き嫌いはどうしてもあるけれど、こうやって冒険してみるのもいいなと思った一年でした。

bbkanabbkana2018/04/01 20:40素敵ですネ。

私もハンドメイド誌をよく利用しています。
違った作品になっていますがとても楽しんでいます。

お母様がとても喜んでおられるとか・・
嬉しいですね。手作り・お互いに楽しみましょう・・ね。
よろしくお願いいたします。

suurisuuri2018/04/01 23:51bbkanaさん コメントありがとうございます。
表情が写った写真を載せられないのが残念なくらい、笑顔で写真に写っている母を見ると、編んでよかったなと思います。

2018-03-27

suuri20180327

2018年春夏購入糸 その2

| 23:04

気になる糸がいくつかあって、そのどれもが一つのお店で見ることが出来たならどんなにいいだろう。しかし、なかなかそうもいかないわけです。


今回お店は4店舗回る計画でした。交通機関の乗り換えがスムーズに出来るように考えて回る順序を決めましたが、予算を決めての買い物だったので、最初に訪れたお店での買い物は自分の中でブレーキがかかっていたような気がします。f:id:suuri:20180327231301j:image:right:w280

次に購入したのは、こちら、Puppyさんの新商品【パロール】と【コットンコナファイン】

前シーズンから話題のカティア社のレインボーシリーズとどちらを購入しようか迷いに迷いました。レインボーシリーズは、大巻の糸でグラデーションになっているきれいな糸です。お店の方にも薦められましたが、私も実はこの糸で編めるのではないかと思われるものをチェックしていました。気持ちを落ち着けるために一旦お店の外に出て、ピックアップしていた資料をスマホをチェック。PCで見ていた色よりも鮮やかなレインボーシリーズ。さすがはレインボー。編んだら楽しいだろうし綺麗だろうな~と思う一方で、着用するだろうか?(私は自分が着用するよりも人に差し上げてしまう方が多いので、着てもらえるだろうか?という問いかけもあります)そう考えると二の足を踏みました。今回購入した糸を編みあげて、時間があったら編もう。そう思い今回はレインボーシリーズの購入は見送りました。両方購入してもいいんじゃないかという気持ちがなかったわけではありませんが、次のお店も控えているし、ここで予算全部使ってはダメだとブレーキをかけました。

帰宅後も、まだちょっと未練があったりするレインボーシリーズです。

購入した糸よりも購入しなかった糸へのアツい思いになってしまいましたが、購入した【パロール】は想像したよりも柔らかい糸で、色もかわいい感じが気に入りました。キャミソールを編みたいと思って購入です。

2018-03-26

suuri20180326

2018年春夏購入糸 その1

| 09:15

毛糸屋さんに行くと、テンションが上がります。紙面やネットで見ていた糸が目の前に!!やっぱり実物を見ると見ないとでは全然違いますね。地元の毛糸屋さんが減ってしまっているので、実物を見る機会は貴重です。スマホに編みたいとピックアップした作品の情報を詰め込んでいざ出陣=入店。

編みたいものを整理して、優先順位をつけてとあれほど悩んだのにそんなメモはすべて吹っ飛んだーってくらい舞い上がりました。ずっとお店にいたいと思ったけど、滞在時間は決まっています。4月から8月までに、ウェア2、小物2、編みたいなと思っているのでまずは着分を購入するべく行動に。

小物の一つは毎シーズン1つは編んでいるバック・もしくはポーチ。すごーく前に編んだアンティーブとコットンコナをひきそろえたバッグは今でも使用中。色もそうですが、サイズもある程度自分でカスタマイズできるので使い勝手がいいのです。

f:id:suuri:20180326083108j:image:left:W250

去年は、スマホとハンカチが入る程度の小さいバッグを編んだので、今年はちょっと大きめなものを編みたいなとピックアップしていたのは4種類ほど。で、選んだのは、この2玉を使って編む巾着タイプのバッグです。まずはピマデニムの色を選んで、それに合わせるカテリーナをチョイス。好きな色を選びますね・・・新色のフラミンゴオレンジ色です。辛子色もいいかなと頭をよぎったけれど、編んでいるところを想像して、やっぱりこちらだなと。

鈎針で編むのでモバイルで編もうと思います。

編むその前に・・・久しぶりにエビコードを編むので練習糸で練習せねばです。

2018-03-21

suuri20180321

新年度に向けて色々

| 22:42

春分の日だというのに、真冬かなといった陽気。みぞれが降りました。

私はというと、新年度に向けて色々と準備をし始めています。・・・と書くと、なにやら大それたことをという感じですが、何のことはない、何を編もうかなーと色々とチェックしているだけです。

まずは糸を購入するために色々とスタイルブックだったりネットをチェック。25日に購入予定です。予算を決めているので、お店に伺って実物を見て、必要量を購入するため、編みたいものをいくつかリストアップ、必要量をメモします。リストアップしたものだけでも何年かかって編みあがるんだ!といった感じですが、その中で2~3つ編めたらいいなと思っています。早く編み始めないと、春夏シーズンが終わってしまいます。すでに足を運ぶ予定のお店には欲しい糸が店頭にあるか確認をしました。本当は同じお店ですべてを見られればいいのですが、なかなかそれは難しいです。でも、実物を見ることが重要ですから。

次に手持ちの糸を再度棚卸で、ゲージが近かったり雰囲気が近くて転用が出来ないかどうかも調べました。新商品の方に心が向かうけど、自分が今持っている糸も大切です。

そして、新年度は何をテーマに編もうかな・・・。前期は【すてきにハンドメイド・広瀬先生のテキスト企画を編む】と決めて編みました。そんな感じでなにかテーマがないかなと。気になっているのは【靴下を編む】というテーマです。ラベリーの企画で編みましたが、ファーストソックスは室内で履く靴下になっています。靴下に注目して編んでみようかなと思い立ったら、とある記憶がよみがえりました。「たしか、毛糸だまでプレーンな靴下を編むスペシャル講座みたいなのやっていた。しかもマーカージャラジャラつけた引き返し編みで」そう、引き返し編みの壁がまたしても私の前に立ちふさがります。ラップアンドターンについては自分の中である程度理解できたけど、掛け目の引き返し編みはどうもダメ。マーカージャラジャラ引き返し編みに逃げよう!

で、毛糸だまのバックナンバーをチェックし始めてしまいました。記憶にあったのは、二色刷りのページだったってことだけ。目次をチェックし始めたら、ついつい本を見てしまって先に進みません。家族は、本を整理して捨てる準備をしているのかと思ったくらい本棚から本を引っ張り出しました。

【毛糸だま2008年春号】に掲載されていました。今から10年前の本。「毛糸だまスペシャルセミナー くつ下をうまく編みたい!特別講座」6pです。この号、他にくつ下が掲載されているわけではなく、どうしてこの特別講座だったのかな。メリヤス編みゲージが記載されていて、基本の編み図が載っています。そして、自分サイズで製図をしましょうとあります。引き返し編みの部分はコマ写真もたくさん!製図はおいておいて、これなら引き返し編みは出来るかも(*^_^*)さっそく手持ちの糸で編めないかチェーック。が・・・ここに落とし穴が。作品使用素材は掲載されているけれど必要量が記載されていなかったのです。早速出版社に質問フォームを使って質問を。お返事はすぐにきました。すでに当時の資料がなくてわからないとのこと。だいたい靴下は80g~100gで編まれているのでそれを参考にしてとの回答を頂きました。どうしたものか、靴下をテーマにするのはちょっと保留。

その一方で、新たなことを考えてしまいました。【10年前に発表された作品を今編んでみたらどうかなぁ?】

f:id:suuri:20180321142338j:image:right:w2802008年はちまちまと編み物をしていた頃ですが、スタイルブックはいくつか購入していて、毛糸だま/ヨーロッパの手あみ/世界の編物 は一応そろっています。(前後の年は購入しなかった年もありました)10年前にいいなと思っていた作品はやっぱり今見ても気になるので、基本的な好みは変わっていないと実感。一方で、2008年当時は鈎針編みメイン(今もそうですが)だったので、棒針編みの作品はあまり印象に残っていなかったんだけど、極太スラブ糸で編むケープは編んでみたいなと思ったことを思い出し、それと同時に、引き返し編みだったのであきらめたこともよみがえりました。今なら、編んでみよう!と思えるだけ成長したかな??でも、すでにその糸、デザインは私の年齢には合わなくなっています。

10年ってそういう年月なんですね。そんなことを思いつつ、日曜日のお買い物に心をはせています。

2018-03-18

suuri20180318

フラワーモチーフ編み編み その3

| 17:49

春が来て、暖かくなったと思ったら、冬に逆戻り。一日の内に、春と冬が同居する、そんなこの時期は着るものに困りますね。そういう時にこそ、この1年、編んできた巻き物が役立つというものです。

今は編み貯めたフラワーモチーフを巻かがりで編み繋げています。ボタンホールステッチで編み繋げるのではないので手間は少ないですが、かがるときの糸のテンションがきつすぎるとつれてしまうし、弱すぎるとそのモチーフの部分がだれてしまいます。なかなかに難しい。

f:id:suuri:20180318091031j:image:left:w230

グランディエールで編んだフラワーモチーフ。編み図通りに編むと指定よりも一回り以上大きくなります。ストールでは、花びらの段数を一段減らし、いうなれば一重の薔薇といった感じです。でもやっぱり、薔薇は八重の方が華やかですね。手持ちの糸で編んだので、色ごとに糸が違います。ブランドも、素材も違います。編んでいてもちっとした感じが気持ちよかったのが、ピュアウール4Ply。確かにこの糸で編んだミトンはプレゼントした友達に大好評でした。プリンセスアニーは一番編みやすかったかな。グランディエールは甘撚りなので、ちょっと鈎針だと引っかかりがありました。

f:id:suuri:20180318091151j:image:w600

備忘録で、モチーフをどう編んだかをまとめました。ベージュ系の花はこの二つだけをみると、そんなにサイズが変わらないように見えますが、実際は直径で1㎝前後は違っています。花びらを増やしたことで、厚みも出ているため、かがると盛り上がってしまいました。糸の太さが違うので、同じようなテンションでかがっていくと、細いベージュの糸の花が埋もれてしまう感じになりました。この中で、編み図通りに編んで、且つほぼゲージにあっているのは、白い花と灰緑色の花、葉っぱです。

2018-03-15

すてきにハンドメイド 3月号

| 21:23

広瀬先生のテキスト企画を、一年間黙々と編んでみようと始めた自分企画もいよいよ最後です。NHKのテキストを一年通して購入したのは、学生の頃の英語のラジオ講座以来です。正直に言えば、このテキスト企画のためだけにテキストを購入したのは勿体なかったなという思いです。多分、一年くらい後には今回の一年の企画にプラスアルファの作品を掲載した単行本が発売されるんだろうなと思うし、スキル的に新たに身に付けられたといえるほどの発見もなかったように思うからです。このように言葉にすると自分の編み物スキルはどれほどのものなんだと自分で突っ込みたくなりますが、それほどにシンプルな技法をシンプルに編んでいく作品の数々でした。それゆえに、基本を改めて再確認出来てよかったなと思います。

広瀬先生のテキスト企画は、テキストの中でも4ページ程度のものです。編み物関係のレシピは、月ごとに違いますが、それほど多くありません。手芸全般が好きな方であれば楽しめるかもしれませんが、洋裁など他の手芸をする習慣がない私には活用のしようがありませんでした。短編小説やアンソロジー小説のように、目的の作品ではなくても、一応読んで楽しめるというものではないですからね、こうしたノウハウ本は。

同じNHKのEテレで放映している趣味どき!っていうのかな、2~3か月ごとにテーマが変わる番組で、秋くらいに【アナタにも編める、アナタ好みのセーター】なんていって、一着のセーターをじっくり2~3か月かけて編むっていう番組があったらいいのにな~。で、そこにテキスト企画で、同じ糸を使った帽子靴下のレシピを掲載とかね。

さて、すてきにハンドメイド3月号の広瀬先生テキストの企画は、すでに編み始めをブログで書いていますが、鈎針編みで編むフラワーモチーフのストールでした。最後はモチーフつなぎに違いないと予想を立てていましたが、予想通り。

他に編み物関係だと、鈎針編みを使って極太糸を編んで作る座布団と、レース糸を使って作る春色アクセサリーでした。

そして気になる4月からのすてきにハンドメイドですが、編み物系テキスト企画は【風工房先生のこの色の糸で編むなら】というタイトルのようです。初回はインディゴブルーのマーガレットとのこと。ウェアを編むということなのかな。来年度は毎月テキスト企画を編むというのではなく、手持ちの糸が使えて、自分が着用したいと思うものだったら編んで行くというスタンスで行こうと思います。

2018-03-11

suuri20180311

糸の在庫と新しい糸

| 23:35

今年に入って購入した新しい糸は追加で2玉購入したブリティッシュエロイカのみです。去年の4月から、在庫となっている糸を棚卸する&ちゃんと活用することを目的に、NHKすてきにハンドメイドで一年間掲載される広瀬先生のテキスト企画を編んできました。編むものは巻物だったので、思うほど糸を消費することは出来ませんでしたが、自分が持っている糸の傾向とか、そもそも、この糸持っていたのか!?という驚きもあり、やってよかったなと思いました。

多く持っていたのは、大好きなPuppy社様の糸。特にロベルタブランドを持っていたことを思い出しました。ゴージャスな糸で、編めるだけのスキルを持っていなかったけれどいつか編みたいと思って購入(特にロベルタブランドはすぐに販売終了になってしまうイメージがあったから)していました。あとは閉店してしまった毛糸やさんの閉店セールで爆買いしていたプリンセスアニー・クイーンアニー・コットンコナファイン。着分とか考えないで、あったものを購入したので、これどう使うんだろう・・・なぞ。ニューピシネットバヤディールは、シンプルに細編みのショールを編もうと思います。

シルクハセガワ社様も持っていました。実物を見て購入できないというのは、編み物スキルがない私には危険だということがしみじみわかりました。

その他ロピーヤーンを着分持っていたことも思い出し(購入したのが秋冬在庫セールの時で、半年後に編もうと思ってすっかり忘れていました)この次の秋には編もうと心に刻みました。(ちょっと大げさ)

こうしてチェックして、家族に「一生編めるだけの糸を持っているだろう」と言われるのもわかるなと反省しきり。

でもね!新製品は毎年発売されるわけです。新しい糸を買いたい病発病中。新しい編物本も購入したし、ネットショップをチェックしたり、メーカーさんのHPをチェックしたり、うずうずしています。

それでも、手持ちの糸を上手く活用できないかゲージをチェックしたりしています。そして、ネットショップでの購入はぐっと我慢して、まずは実物を拝見してからと思っています。3月中にいくつかのお店に足を運んで実物を見て購入予定。もちろん予算の条件を設けます。

2018-03-09

suuri20180309

フラワーモチーフ編み編み その2

| 00:31

アイリッシュクロッシェモチーフと下の記事で書きましたが、実際のすてきにハンドメイドでは、フラワーモチーフとなっていましたので、タイトルも、フラワーモチーフに変更。でも気分はアイリッシュクロッシェモチーフです。コードを編み込んでいるわけではないけれど、レース糸ではなくてウール素材の毛糸で編む立体的な花のモチーフはそれだけで迫力があります。

今回使った糸は5種類、どれも太さが違います。

私の編むテンションでは、指定糸に近いゲージが出たのはピュアウール4plyでした。

糸自体が太くて、指定のモチーフだとサイズがあまりにも違ってしまうのがグランディエール、逆に糸が細くて指定のサイズにならないのがニュー4ply。

グランディエールで編むピンクの花は、指定よりも花びらの段数を減らしてゲージサイズにほぼ合う大きさになりました。

f:id:suuri:20180308220412j:image:left:w320

ニュー4plyのベージュは、2本どりにして編んでみたりと試行錯誤しましたが、指定よりも花びらの段数を増やしてどうにか指定サイズに近くなりました。立体モチーフなので、花びらの段数を減らしてしまうと平坦になり華やかさが欠けます。逆に花びらの段数を多くするとそこだけ盛り上がってしまいバランスが悪くなります。f:id:suuri:20180310000623j:image:right:w280

ベージュの花は指定の枚数の半分を花びらの段数を増やしたもので、残りの半分はサイズは小さくなりますが指定の編み方で編みました。

タオルを台布にして、巻かがりでモチーフを繋いでいます。貧乏性なので、巻かがりで必要だとわかっていても、ついつい編み始めと編み終わりの糸を短く切ってしまいます。

何年か前に海外旅行に行く!リゾートだ~と勢い込んで、風工房先生の本にあったアイリッシュクロッシェモチーフつなぎのカーディガンを編んだ時も巻かがりの糸が足らなくて苦労したのを思い出します。

あの時はさらし布を台布に、出来上がり図を書き、テキスト通りにモチーフを並べて仕付け糸をかけ、巻かがりをしました。

2018-03-07

リーフ模様のモヘアストール 完成

| 23:12

リーフ模様のモヘアストール

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2018年01月号掲載

     使用糸 ★シルクハセガワ 

            イテア col.9 チャイナブルー 4玉・200g 編切

     使用針 ★鈎針6号

     サイズ ★幅48cm×長さ200cm

f:id:suuri:20180212192343j:image:left


1月のテキスト企画でした。指定糸よりも太いので、ゲージを合わせるのではなく、風合いよく編めるゲージで、4玉編切で作ることを目標にしました。

指定ゲージよりも透かし模様が大きくなり、レーシーになりました。

4段1模様で出来ている地模様で、中央から左右に編み進めていき、縁編みを編みます。片側2玉でギリギリまで編めるよう頑張ったら、地模様が指定よりも2段ずれていて、縁編み部分とのつながりがテキストと違っています。

編みあがりは2/11でした。約1か月前です。

映像で見るよりもシルバーラメは目立ちます。指定サイズよりも一回り大きいので、編地はレーシーですが、暖かいです。このテキスト企画の中で一番大きいサイズになりました。

2018-03-05

suuri20180305

アイリッシュクロッシェモチーフ編み編み その1

| 21:25

この記事を書こうとして、1月のすてきにハンドメイド作品の完成写真をアップしていないことに気が付きました。

が・・・準備が出来ていないので、3月の作品について編み途中を発表。

f:id:suuri:20180305183027j:image:left:w300

ラベリーに参加していて、そこでラベリンピックというイベントがあり、私も参加していました。そこで編み上げた作品も追々こちらにアップしたいと思っていますが、開催期間が短いのに、無謀にも2種目(2作品)エントリーしたので、2月中旬から後半は、編み物編み物編み物~って感じでした。

特に、初棒針編みソックスは苦難の連続。結局引き返し編みはW&Tに逃げてしまい、やっぱり編地に引き返しの部分が目立ってしまったと反省。ゴム編み止めも試行錯誤、綴じ針を使う方法ではなく、attiさんがご紹介されていた棒針を使う方法に。編み物は奥が深いとしみじみ思いました。


ラベリンピック終了とともに、次に何を編もう?となって、すてきにハンドメイド3月号、最後のテキスト企画に向き合いました。予想通りモチーフつなぎのストールでした。しかもアイリッシュクロッシェモチーフ!!色も5色使い。在庫糸から編むという自分に課した縛りがあります。悩みに悩んで探し出した5種類の糸

〇ローワン ピュアウール4ply 451(エクリュ)

〇パピー ニュー4ply 452 (ベージュ)

〇パピー プリンセスアニー 536 (若草色)

〇ZAKKAストアー すむーすシルクウール 9 (灰緑色)

〇ZAKKAストアー グランディエール 7 (桜色)

すべて何かを編んだ残り糸です。

2018-03-04

ファータイプのセミロングスヌード 完成

| 23:42

ファータイプのセミロングスヌード

     デザイン★広瀬 光治 すてきにハンドメイド 2018年02月号掲載

     使用糸 ★Puppy SPRITZ col.104 モノトーン系 2玉・100g 編切

     使用針 ★棒針7mm

     サイズ ★長さ約120cmの輪

f:id:suuri:20180210134039j:image:left


2月のテキスト企画です。

2/10には編みあがっていたので、約一か月前ですね。1月のテキスト企画よりも早く編みあがっていました。超極太の毛糸をザクザクとゴム編みに編んで編み始めと編み終わりを巻かがりでつなげてスヌードにしてあります。

ファータイプの糸は編んで行く途中、目を落としやすいと広瀬先生はおっしゃっていましたが、多分指定の糸と形状が違うので、そういった心配もなく一日で編み上げることが出来ました。

一年通じてのテキスト企画で一番早く編みあがったものになりました。


この糸はPuppy社様のお新春福袋に入っていた糸です。過去にPuppy社様の毛糸福袋を何回か購入していますが、偶然なのか、もれなくファータイプのヤーンが入っていました。アスティファーと、マルモッタ、そして今回のSPRITZです。セミロングスヌードとして自分が使える色かどうかでこの糸で編みました。ファータイプとはちょっと違う糸だと思うけれど、2月中旬から下旬の寒波の時に大活躍しました。

しかし・・・編地を楽しむというコンセプトでファーヤーンかぁ・・・。

ん~ちょっとなんともかんとも・・・です。